FC2ブログ

オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『異世界チート魔術師』06.「アズパイア防衛戦」

 現実の科学知識を用いてチート級の魔法を駆使する凜。
更に強力な大魔術師、エルフとトリオで戦い、圧倒的な強さ。
 それでも楽勝とはいかない敵の物量、そして最後に控える強敵。
 「チート」とタイトルからお気楽に謳っている割、戦場の構成を真面目に考えてあり、見応えがある。

 残念なのは、やっぱりアニメーション的表現に力不足を感じるところ。
 凜が繰り出す科学思考魔法の理屈づけとか、事前に説明があるし理解不能ではないけれど、誰か解説役に付けて「ま、まさか地下水と反応させたっていうの?こんな戦い方は有り得ない!」とか何とか、セリフで状況に即して説明させた方が親切。
 演出、二話前、太一が謎の存在(エアリアル)からパワーを受け取る大事なシーンで、何故か太一股間がアップになって笑う。
パワーは局部をアンテナ代わりにして受け取った?
 前話でも、「小石を投げて衛兵の注意をそらす」場面、小石がホントに小さく描かれ、しかも画面下を素早く横切るため、一瞬何が起きたか分からない。
カットを割りアップを使う、投石のモーションを見せるなど、もうちょっとフォローがあっても。

 双子の少女魔導師。
ゴブリンを大量に発生させ攻撃を仕掛けるが、太一が危惧の言葉を放つやいなや、双子まで襲われ恐怖の叫びを上げる展開の早さが可笑しい。
葛藤もなく彼女らを助ける太一、当然のように彼とチームを組んでゴブリンに敵対する双子……ちょっと先を急ぎすぎ、単なる段取りになっている。
 これなら、急に現れて「今日から私たち双子はあなたの仲間になるわ」と宣言し、パーティーに加わる、ぐらいの扱いでも良かったような。
スポンサーサイト



アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『鬼滅の刃』19.「ヒノカミ」

 ここまで、作画は高いクオリティを維持したまま落ちず、それも「顔のアップだけ整えて描いてある」というものではなく、相当な枚数を費やすだろう動きで表されているのが凄い。
 以前の鬼で、掌の目に映し出される矢印の方向に相手を吹き飛ばす能力の者が居て、原作でもユニークな敵ではあったが、アニメーションによる表現を得、初めて真のパワーと恐ろしい厄介さを実感できた思い。
「高所から落とされたら痛い」まで体感させる演出と絵に、唸る。

 頑張った画面に慣れていた自分でも、今回のクライマックス、ヒノカミ神楽発現の衝撃と戦闘効果の美しさ、予想する先までキャラを動かすスピード感、タイ ムリミットの近さを伝えるギリギリの緊張、そして追いついた鬼の首に刃を当て一気に振り抜くシーンの圧倒的カタルシス……それらが劇場版かと思わせる執念 の作画で表現され、ちょっと震えてしまう。
 ここでこんなに盛り上げてしまって、この後、更に出現する強敵との激闘や、超絶の能力を持つ柱の演出は大丈夫なのか?などと余計な心配、大きな期待。
 愛されてるなあ原作。
 この制作会社、このスタッフでアニメ化してもらえ、ファンとして幸せ。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『まちカドまぞく』05.「町内は罠だらけ?? 崖っぷちまぞくの新たなる能力」

 作画レベルは少々落ちてしまったけれど、ネタとしては快調。
 3話、シャミ子が魔力特訓した際、攻撃発動のキーワードが「みんなが仲良くなりますように!」、放出された極小の魔力はパワーが小さすぎてシャミ子の体 内に戻ろうとする、それが命中した時の痛みは筋肉注射ぐらいという予測、走って逃げるシャミ子だが意外に攻撃魔力は速く(シャミ子が遅すぎる?)追いつか れ、命中・体内吸収で感じた痛みはやはり「筋肉注射ぐらい」。
脱力のギャグに、独自の感性によるネタが多数詰め込まれており、ちょっと笑いつつ感心。

 対する魔法少女・桃。
 廃工場を自身の財力で買い取っていたり、シャミ子が売っていたウィンナーを大量買いしたり、結構なお金持ち?
両親は既に居ない(同居していない、という意味?)らしいので、その遺産があるのか、あるいは生活苦にあえぐ魔族末裔と違い魔法少女職への給料が過分に振り込まれているのか。
 他にも魔法少女は存在し、それは桃のように穏やかな性格をしていない、という発言も。
 基本的には面倒見の良いお人好し少女だけど、チョイチョイ謎、というか不明点があるなあ彼女。

 シャミ子の御先祖様・リリス。
 子孫の精神世界?に住み込んでおり、テレビゲームしながらダラダラする様子は、単なるニート。
精神世界で、シャミ子が実際に所有するゲームが遊べる、と言っているところから、子孫がプレイしたゲームイメージをなぞる(追体験する)形で遊んでいる、ということなのかな。
 ダメダメな子孫と、魔力・精神力共にほぼ同等で、肉体を乗っ取っても桃にボロ負け……いや勝負以前の問題。
 キャラクター全てに悪意がなく(魔族はそれでいいのか?)、女性陣はみんな可愛い、癒やし系アニメ。
覚醒すると恐ろしそうなのは、知能が高いシャミ子妹ちゃんっぽい。
リリスも、肩入れして育てるなら彼女の方が良いと思うな。
アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |

映画『哭声/コクソン』

 衛星で、韓国映画『哭声/コクソン』を見る。
 サスペンス?ホラー?騙し合い疑い合う人間心理物?宗教テーマ?全てを内包していると思うべきなのか、ちょっとジャンル分けに困る映画。
 自主的に考察して筋を繋げようとし、監督の意図をも読み取ろうとする人には面白い!内容だろうけど、エンターテインメントとして映画を見たい向きには「意味が分からん」「最後投げっぱなし」としか思えまい。
自分も、どちらかというと後者。
 それでも最後まで集中して見られたのは、画面の緊張感や、特に主人公娘の『エクソシスト』より鬼気迫る演技故。

 よく知らない相手に不信感を持つ、誰かの無責任な示唆により自分に起きた不幸はその相手のせいだと思い込む、そうなるとその相手は「敵」であって、向こ うが大事にしている物を踏みにじろうと、直接的・致命的な傷害を与えようと、それは「相手が悪いから」であり「正義の怒り」であって、通常なら非道と認識 できるはずの行為に躊躇いなど覚えない。
……分からなくもないなあ、自分に思い当たるところがあるのは恐ろしいことだけど。
 邪悪を成す真犯人は、「アイツだよ」「ゴメン間違えたソイツだ」「実はコイツ」と、主人公のみならず観客も次々示される情報に揺さぶられ、真実を見失う。
 ホラーとしての恐怖より、そういう人間的・社会的恐ろしさを描く映画だったのかな。

 謎の日本人として國村隼が出演しており、真意を伺わせない不気味な外国人扱いなんだろうけど、同じ日本人としては何だか応援したい対象にもなってしまう。
彼の犬に暴行を加える主人公らに怒る……彼自身を酷く扱うのはまだしも(オイ)。
 褌一丁で目を赤く光らせてみたりとか、もう結構な重鎮役者だろうに、頑張るなあ。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『トライナイツ』01.「月と太陽」

 ずいぶん中途半端な時期にスタートした、GONZOによるオリジナルアニメ。
 冒頭、小学生時代に行われたラグビー試合の模様だけで、先行きに暗雲が立ちこめる。
パワー勝負のラグビーを描こうというのに、作画的なパワーがまるっきり無い。
「美形がキラキラしながら戦う大相撲アニメ」だって有り得る訳で、汗臭い画面にする必要はないが、そういう問題ではなく、端的に言うと絵がヘタ。
 ボールを蹴る時に顔と足とボールの一部しか描いておらず力が入らない、得点する際に汗もかかず軽ジョギングぐらいの勢いで走り込むなど、ラグビーを全然知らない自分が見ても「これは……」と思ってしまうレベル。

 少年期はまあ子供の試合だし、と思ったが、成長後のラグビーシーンも酷い。
誰が・ドコで・何をしているのか非常に分かり辛く、走る・蹴るといった基本の動きもダメ。
「まるっきりアクションが描けずラグビー自体に興味もない少女漫画家がムリして描いてみた」という感じ。
 スポーツ自体は付け足し、美少年同士による女性向けキャッキャウフフが主題なのかな。
「お前は絶対、俺に必要な男だ」「お前に首輪を付けてやる」こういうのが好きな人なら。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『異世界チート魔術師』03.「駆け出し冒険者」

 危惧したほど悪くない。
異世界召喚から、その世界でのルールに合わせた修行をし、小さな依頼をこなしてポイントを稼ぎ、大きめの仕事でレベルアップを目指す……実に地道。
 「王国騎士団を全滅寸前まで追い込んだ魔王軍を、主人公がいとも簡単に撃退」といった、まさしく「チート」な戦いをしないのは、意外。
それでも、秘めた能力に周囲は感嘆し、強敵だろうモンスターをサッサと片付けるけれど。

 絵に力が無いのは、とにかく惜しい。
だから、キャラの顔立ちやポーズ、戦闘など、まるで画面としての説得力が無く。
 演出力にも難を感じなくはないけど、ただ、「絵のパワーに頼れない」ことはしっかり自覚しており、凝らず分かり易い構図や動線を設け、出来る限りセリフでの説明を付けてある。
イメージすることで魔法効果を上げる、というのはなかなか難しい場面だったと思うが、絵が無くても分かるぐらいに言葉で語らせ、クリア。
原作ライトノベルそのまま?しかし映像化に際してつい変えてしまったりするものだけど。

 全体に物語としての抑揚に欠け、淡々と異世界での生活や戦い方に慣れ、恐れず何となく敵を倒しているため、次回への不穏なのだろう引きを見せられても、特に盛り上がらない。
多少の苦戦があるかないかで、また淡々と勝つんだろうな、という予感しかしないから。
 心に波風を立てず見られる、という所を、欠点と取るか美点と取るか。
 召喚カップルの関係が盤石であり、主人公男子を中心とした異世界ハーレムも(まだ?)作られないため、そういう方面でも不安などなく……それも良いのか悪いのか。
アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |

『BEM』01.「WATER」

 番組表でタイトルを見て、宇宙人を表すSF用語「bug-eyed monster」のことと思い、えらく古い言い回しを使うなあと思ってしまった。
 オリジナルは50年前!最近のリメイクでも13年前になる、『妖怪人間ベム』三度の開幕(ミニシリーズや実写除き)。
余りにも今風の、特にベラのキャラクターデザインに発表当時驚いていたのに、もう忘れてた。

 第一話は、妖怪人間達の設定紹介を省き、女性刑事の視点から怪奇事件を追い、ベムに出会う物語として構成。
 彼女からすると、命を救ってくれた恩人でありながらも、ベムは人間を次々殺した怪異と変わらない「バケモノ」。
お礼を言うどころか、容赦なく銃弾を叩き込み殺そうとする、理解の断絶が切ない。
 ベムが人間形態のまま戦っていれば、とか、もう少し格好良さ・可愛さのある実体であれば、女刑事の対応も違ったのだろうか。
その辺が「早く人間になりたい」と言わせてしまう要因。
 現代風には、デッドプールなどアメコミヒーローのように体全体を覆う(イケてる)スーツを作成したなら、誤魔化しが効きそう。

 頑張っているところはありつつ、イマイチも多い作画。
オリジナルは、作画も含め「気持ち悪い」雰囲気が、独特の作品世界を作り上げていたのだが。
 シリーズ開幕として、無難なストーリー。
 父・母・息子を思わせるオリジナルの家族構成から、子供二人連れのシングルファーザー状態へ。
誕生時期はほぼ同じのはずであり、成長速度・大きさが違うだけと考えれば、精神的差異は無いのかな。
 警官達をスパッとキレイに切り裂く魔物の、『CUBE』『映画バイオハザード』類似シーンは、ちょっと気持ち良かった。
 面白くなるのかどうか、様子見。
アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII』01.「神の宴」

 原作ライトノベルは変わらず未読。
 前期から四年を経て始まる第二期。
外伝が二年前に放送されているからか(未見だけど劇場版もあった)、そんなに期間が空いたよう思えないな。
 強烈で、印象に残るキャラクターのせいもあり。

 監督他、スタッフの変更が多少あるようだけど、前作と変わらず見られる。
 かなり強くなったと思うのに、一話目からボコボコにやられるベル。
上には上が居る、というか、世界全体から見ればベルはまだまだ発展途上なのか。
 整った作画、二期を貫くのだろうイベントの開幕が告げられ、視聴意欲を喚起される。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT