オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『アホガール』最終12話.「出会い…そして!アホガール」

 明とよしこの出会いと因縁のスタートを描く、最終話に相応しい内容。
 幼い頃のよしこは可愛らしく、多少の常識外れ行動ぐらいは年齢からも許せそうな雰囲気がありつつ、しかし下品さと迷惑っぷりで許容範囲を遙かに逸脱。
 明を寝ずに看病したり、逆襲を受けて涙を見せるなど、ちょっと意外な姿もあって、「実は心の奥底に、幼少期で培われた明からよしこへの好意がある?」という希望(?)を一瞬抱かせ、粉々に打ち砕くギャグへの落とし方が凄い。
ここまで良い所ナシの女の子を描けるとは……自分だったら絶対に迷いが生じてしまうだろう。
徹底ぶりに、ただ感心。

 好きだったのは、よしこ母・よしえ。
娘と同程度のアホではないかと思わせながら、計算高さ・娘の(自分の?)人生にとって障害となる相手を容赦なく排除しようとする邪悪さも感じさせ、面白い。
ダンナさんとの出会いから結婚までを描く、エピソード・ゼロが見てみたい。
 母親だって立派に?家庭生活を維持できているんだから、よしこも可能じゃないのかな。
よしこ父の影が非常に薄く、どういう人物か分からないけど、明が諦観して父親のようになりさえすれば。
デリケートすぎて心を病んでしまったり、恨みを溜めて熟年離婚に到る心配は、よしこにはないのだろうと思え、彼女を生涯のパートナーに選んだとしてそれが最悪の選択だとは限らない……かも、いや他人事だから言えること。
 ストレスなくヘラヘラと見ていられるアホアニメ(褒め言葉)だった。
すぐ第二期が始まりそう。
スポンサーサイト
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『異世界食堂』最終12話.「とん汁/コロッケ」

 普通の洋食屋に異世界へ通じるドアが開き、異界の住人達が客として訪れる基本設定について、これ以上説明する気はないんだろう……と思っていたけれど、最終話まで来て僅かに匂わせた。
 なるほど、店主は異世界人の血を引いていたのか。
それも伝説クラスの力を持つ女魔導師の孫、ということなら、不思議ドアの存在や異形客にサッパリ動じない店主の態度にも、納得。

 物語も、主題であろう料理についても、とにかく淡々と描くアニメだった。
薄味で量も食い足りない……その代わり、ウンザリさせる脂っこさやドカ盛りの食べ飽きとは無縁の作品。
ツカミが弱いため、放送開始当初で視聴をやめるケースと、そこを乗り越え「つい最後まで見てしまった」自分のような視聴者に別れるのでは。
 店内・店外での人間(とは限らない)関係が少しずつ繋がったりしており、その辺も面白くなりそうな……やっぱり濃いめの味付けにはならないのだろうけど……所での最終回は、残念。
 熱狂的に支持されるアニメかは分からないが(Wikipediaを見ると「2017年7月期のトルネ番付においてアニメ部門1位を獲得した。またNTT ドコモのdアニメストアが実施した「2017夏アニメ人気投票」でも1位を獲得している」そう)、第二期があるなら、「相変わらず味付け薄い」とか言いつ つ見続けたいな。
アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |

『異世界はスマートフォンとともに。』09.「オエド、そして不死の宝玉。」

 今回は、中世風ファンタジー世界からの出張パターンとして、割とお馴染みの「サムライが居る日本風エリア」登場。
 まだ状況もサッパリ分からないうちに、取りあえず八重が属する陣営に味方し、ケガ人を全回復させ、問答無用で敵兵を倒す。
うーん、八重側が悪辣な侵攻を仕掛けていた、そうでなくとも、非は双方にあるってこと普通だろうに、短絡的だなあ。
幸いにも敵側に圧倒的な邪悪さがあった訳だけど、後で判断の間違いに気付いたら、どうするつもりだったのか。
 「八重所属陣営がワルモノだったなら、今度はそちらに相応のペナルティーを科す」「悪の支配者を遙か彼方へ放り出し、善政を敷ける人間を代わってトップ に据え、和平を促す」ぐらいのことはフツーにこなすスーパー主人公だろうから、「致命的な判断の間違い」なんてことは起こり得ないが。
 牢屋から助け出した武田家四天王的な人々、特に活躍もしないし不要だったのでは?
まあ、「なんとぉー」「そんなぁー」といった驚きリアクションを示してくれるモブは必要か。

 毎度のコトながら、困難な(はずと思われる)状況の提示が弱く、危機感も薄いところで「冬夜スゲー」パワーで事態がスイスイ解決していくため、危機感・爽快感が弱い。
その代わり、焦燥・不安・恐怖といったストレスもほぼ無く、ぼ~んやり~と見ていられるのがこの作品の強みか。
文句言いながら、自分もまだ見続けているし。
 「数十万の配下を引き連れて世界を滅ぼそうとする魔王が現れた」「宇宙から絶対的侵略者、迫る」なんてのも、放送時間10分ぐらいでは片付けるんじゃなかろうか。
 苦戦するとしたら、神のうっかりミス再びで、冬夜と同等の力を与えられたチートキャラが敵に回る時、ぐらい?
しかし、原作者が冬夜に苦労をさせたくない・徹底して甘やかしたいと考えている様子なため、その場合、敵は「生前同じクラスに居た高慢美少女」ぐらいに設定され、すぐデレて冬夜パーティーの一員になるだろう。
 いっそ、全てのパワーを与えてくれた神が「この世界を一度消滅させる!」とばかり敵に……それでも何だかんだ、気楽に勝ってしまいそうなのがコワイ。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『徒然チルドレン』08.「傷だらけの天使 / もっと欲しくなる / シュート / おっぱい」

 恋愛コメディー、快調。
 男女関係の楽しい所、ドキドキする瞬間、笑えるおバカさん部分だけ集めて描いており、とても気持ち良く見られる。
 群像劇にしたのが上手いのかな、深部暗部に触れる前に他キャラへとカメラを移せて。
いや、結構シリアスな局面も描いているが、そう感じさせないコミカルな雰囲気作りに長けているのか。
 キャラクター達が基本ポジティブであり、ジメッと悩まないのも良い。

 古屋と、その妹まで振り回す、皆川 由紀が好きだなあ。
悪い女のようだけど、LINE?で彼から送られてきたヒドイ言葉を瞬時に「妹ちゃんが代わってコッソリ書いたモノね!」と即見破る洞察力とか、古屋への信頼感は凄く可愛らしい。
不必要なまでに妹ちゃんを追い詰める執拗さはどうなのかというと、まあ、まあまあ。
 付き合い始めたら人生を完全にコントロールされそうで怖い、しかし優柔不断男子にとっては「上手に自分を使いこなしてくれる」有り難い存在かも。
 逆に、こちらから積極恋愛攻勢に出てみたら、意外と不慣れそうな感じもあるがどうか。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『デッドストック~未知への挑戦~』05.

 テレビ東京、深夜に放送している、ホラードラマ。
 劇中設定でも、架空局ではなく「テレビ東京の」ボツ?フィルム素材を確認する部署が舞台となっている。
 心霊的な内容が記録されているフィルムについて、出自を確かめたり、更に取材して番組に仕上げようとするのが基本。
まあ、テレビ局版「Xファイル」。

 今週の落ち武者呪い話なんかは、怖いイメージがありつつもイマイチだったけれど、全体的にきちんと出来たホラー。
驚かす演出に、照れや躊躇いがないのは嬉しい。
 『リング』『呪怨』なんかの監督達は、ホラーに関わりすぎたのか、「何度もやった恐怖描写をまた繰り返すのはイヤだ」「新しいホラーの在り方を追い求めたい」といった気持ちになってるんじゃないかなあ。
その多くは、「他の人がやってない」のではなく「検討したけれど効果がないと見越してやめた」作り方。
いや、清水 崇監督の『7500』なんか、ありふれたストーリーを気合いの抜けた演出で撮ってあり単に最悪の……まあいいや。

 2話、人形怨念の話が、なかなか。
哀しさから来る恐怖、日本的に湿った怪談の有り様で。
ヒロインに抱きつく瞬間、姿を変える人形と、ラストの可哀想で恐ろしい執念なんか、とても良い。
 4話コックリさんは、ちょっと泣かせ話方面に振りすぎかなあ……でも少女の「許し」でちょっと泣きそうに。
 監督・脚本とか、『クロユリ団地~序章~』『劇場霊からの招待状』など映画公開に合わせたテレビシリーズに関わってた人達。
本編映画より、これらテレビの方がずっと面白かった。
 低予算、凝った画面は作れない中、頑張っていて、毎週楽しみ。
ドラマ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『NEW GAME!!』06.「あぁ……すごいなあ……」

 今期、第一期より「お仕事」方面の比重が増した感じ。
 可愛い女の子だらけ(社会人年齢設定だけど)で、社内が『けいおん!』部活のような雰囲気でありながら。
 描かれる仕事の辛さ。
まだ新入社員でありチームの一員だった前期から、青葉の責任が大きく拡大。
プロジェクトを巡っては、敬愛する先輩・八神とポジションを争うことになり、心理負担も増した。
 反面、その八神に認めてもらう喜びもある。
青葉にとって彼女は、単なる憧れの対象から、遠い目標を経て、競う相手に変化。

 同じ事を繰り返している「日常系」アニメではなく、苦難を経た成長が見て取れる。
 キービジュアル担当から外されようとしても、ただ落ち込んだり拗ねたり、または「私なんかより、八神さんの方が適任だと、私も思います」といった自己卑小化に陥らず。
ハッキリ「コンペは出来レース」と宣言されながらも、自らの仕事への情熱とプライドを掛け、「仕事を後輩から奪った・勝利を譲られた」形にしないことで八神への敬愛も表しつつ、勝負に臨む青葉の成長ぶり。
 「負けた!」と、他者による判定を待たず認めてしまえる絵を八神が描いていた事への、悔しさと、まだ敵わない憧れの人の位置に八神が居てくれる嬉しさ。
 実に複雑な心の動きだけれど、「分かる!」であり、ちょっとホロリ。
 自分も頑張らなきゃなあ、と思わせてくれる、良い話だった。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『ナイツ&マジック』07.「New & Old」

 快調に面白い。
 銀鳳騎士団とラボラトリーとの模擬戦は、当然のように騎士団の圧勝に終わ……らず、意外。
シルエットナイトの性能ではエル特製の方が優れているのだろうが、ベテランパイロット達は実戦経験の豊富さでカバー。
 これまで世界に存在しなかった進化シルエットナイトを使いこなす操縦法や、集団での戦術がまだ確立されておらず、苦戦の理由になってしまった部分も。
コースや運転技量の差によっては、レースで軽自動車がポルシェに勝つことも普通にあるだろうし。
乗り慣れており機動力のある練習機に、主人公がコダワリ続けた『アルドノア・ゼロ』を、ちょっと思い出してしまったり。
 他国騎士団による襲撃・盗難事件に際しては、シルエットナイトの弱点を知り尽くしたエルならではの戦法で容易に制圧したが、彼の技術・戦闘力があればどんな戦いでも楽勝、「という訳ではない」のが、逆に嬉しい。

 以前の話で、エルを呼び出した公爵。
 大きすぎる才能への不安を抱き、もしもエルが、その力に見合う危険なほどの上昇志向を持っていたなら、先に誅する気持ちもあったのか。
 実際は、外見に比例して子供っぽい(オタクっぽい)ロボットへの憧れしか持っておらず、拍子抜けして、過度に恐れる必要は無いと判断。
 しかしそれは正しかったのか?
今回、ラボのジジイといきなり意気投合してしまったように、「同じ熱いロボット好き」に対しては警戒心を持たず、仮に相手が敵国エンジニアであっても情報開示をためらわない可能性が。
 まあ、それも程度問題で、長く技術革新のなかった世界において、エルは余りにも急激な進化をロボットに与えており、生じる戦力差に恐れを抱いた他国が機先を制するべく攻め込んでくる……なんていうコトも考えられ。
そのリスクを軽減するため、肝心な部分はキープしつつ完全独占を避け、情報を少しずつ出していくのは有効。
 シルエットナイトは対魔獣用の兵器でもある(主目的?)訳で、それを容易にし、戦死者を減らす技術を供与してくれるなら、王国は敬意と感謝を受けられそう。
王国と平和条約を締結した国にのみ技術を提供する、って手も。

 エルは、地位・金・女、どれにも興味を持たない。
せっかく可愛い女の子が寄ってきているのに、あんまり迫られると迷惑なんだよね、という反応すら示さない無頓着の徹底ぶり。
 これは、名家の一人息子として生まれ、可愛い顔立ちにも恵まれ、理解ある両親と良い友人に恵まれて育ったことも原因か。
極貧家庭に生を受け、肉体労働を強要されて学校へ行くこともままならず、蔑まれるほどブサイクで、全くチャンスの無い生活をしていたなら、「シルエットナイトに触りたい」というだけでも強烈な上昇志向を持たなければならなかったろう。
 この辺は、『異世界はスマートフォンとともに。』ほど極端ではないものの、本来の運命でなく死んでしまった主人公の転生に際し、神様がサービスしてくれた感じ?
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『ウルトラマンジード』06.「僕が僕であること」

 ウルトラマンゼロ……令人と入れ替わってしまうリク。
異星人テクノロジーで作られている基地なのだし、「魂を移動させた」でも構わない気がするけど、シャプレー星人の仮装技術を応用したブローチで行う抑制とくすぐりが楽しい。
人間に化ける宇宙人はシリーズ中、多数存在したが、固有の超能力に寄らず科学技術で実現しているとハッキリ描いた例は、珍しいのかな。
 限度を超える会社員業務の忙しさに、「体力の限界が来てもカラータイマーは鳴らない」と嘆くリク。
笑いつつ、これは初めての提言じゃないかなあ。
「自分の変身リミットが近づいていますと、わざわざ敵に教えるウルトラマンの不合理さ」が指摘されることはあったけど、そうか、心を病むほど・過労死するほど働いて限界をとっくに過ぎているのに「カラータイマーを鳴らして危機を内外に訴えない」人間は、ずっと不合理なのか。
 地球(派遣惑星)防衛をウルトラ族のお仕事だとするなら、カラータイマーはチェックの厳しいタイムカードか、放射線測定ステッカーみたいなもの?
業務の完遂よりも命を重視してくれるシステムで、人道的と言える……まあ、鳴り出すのはギリギリの時点だし、職務中の死亡事故も多発していることから、ホワイト企業と言えるかどうかは分からないが。

 顔立ちがベリアルに似ており、純粋ヒーローというより邪悪寄りなジードの外見設定にきっちり決着をつける、しっかりした物語。
 家族を守るため会社員として敢然と激務に立ち向かう令人が、ゼロの力に頼らずとも格好良く見えて、嬉しい。
 リクにだって、ライハ、モア、駄菓子屋店長、その姪のエリなど、守るべき対象は沢山居ると思うんだけどな。
 前回「あいかた」では、『タロウ』のグダグダ回に近い馬鹿話を見せて驚くやら笑うやら、だったが、全体としてとても出来の良いシリーズ。
特撮 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT