オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『TO BE HEROINE』01.「異世界の住人」

 中国・ハオライナーズアニメ。
 センスが古くて垢抜けないイメージばかりあった中国アニメで、初めてと言って良いぐらいマトモに笑わせてくれた『TO BE HERO』の、「二期(Wikipedia)」らしい。
一話を見る限り、キャラクターや設定の継続性がなく、バトル要件含む雰囲気まで前作とは違っており、別物としか。
 スタッフはほぼ同じ、作画にも同様のアクが感じられるので、二期ということにしたのか……あるいは今後、前作との繋がりが示される?

 異世界と現実で語られる物語。
異世界では日本語吹き替えだが、現実シーンのみ字幕を付けた中国人声優さんによる原語。
外国語や異世界語を字幕で日本語化する演出は実写作品で珍しくなく、アニメでも見かけるけれど、この先もずっとこのまま?だとすると、なかなか例の無い試み。
 嬉しいことなのか、というと、視聴への負担が増えてしまうため個人的には微妙。
 いくらか中国語の勉強になるならまだしも……いや、ヘタに教育的要素を入れると見るに耐えなくなりそうか。

 作品の仕掛けである「服を脱ぐことで強くなる」設定から、GAINAXのPCゲーム『バトルスキンパニック(脱ぐほど強くなる、しかし羞恥心の上昇で戦闘不能にもなりかねない)』を連想したが、脱いだ衣服が人間化・武器化して勝手に戦ってくれる、全然違うシステム。
 アクションは枚数が掛かっており、面白い。
物理的な正確さや説得力など考えられてない、見た目の楽しさ最優先の動きで、好き嫌いはありそうだけど。
 バカバカしい内容、なのに中途半端な真面目さがあり、下らなさのみで勝負した『TO BE HERO』に比べて引き込む力が弱い。
 スタッフの悪ノリに期待して、もうしばらく視聴継続。
スポンサーサイト
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『フルメタル・パニック! Invisible Victory』04.「オン・マイ・オウン」

 原作未読、テレビアニメーションシリーズとしては四作目。
 制作は、京都アニメーションから変わってXEBECに……何だかずっと京アニだったような印象があったけど、一作目はGONZO。
これまでのものを踏襲したキャラクターデザインで、違和感なし。
CGの多用が今期の特徴、というより今風かな。
 CGカーチェイスの、特に背景処理には物足りなさがあり、不安を感じたりもしたが、超巨大ロボットが攻撃を受け、頭部から順に崩れていく様子など(関節部の電磁コーティングが効かなくなり過負荷で損壊するようなイメージ?)手描きでは難しい演出効果にハッとさせられたりして、見所にもなっている。

 ストーリーとしては、一応「平穏・日常」の舞台だった学園生活にまで敵の手が伸び、守り切れずクラスメートが負傷し、隠してきた(あんまり隠せてない)宗介の正体まで知られてしまう、長期にわたったアニメシリーズもこれで完結か、と思わせる内容。
 物量的にも圧倒的な敵の襲来により、宗介・かなめと、ミスリル拠点が危機に見舞われる様子、ハラハラの連続で引き込まれる。
大切なモノを失ってしまった彼らの反撃が、これから描かれていくのかな。
 ……と思われた五話放送予定の所に総集編を突っ込む辺り、制作事情は相当厳しいんだろう。
今期、ほとんどのアニメで大変さが画面からにじみ出ており、辛いと思うんだけど、頑張って頂きたい。
アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |

『6HP/シックスハートプリンセス』02.

 本来は第三話を放送する予定が、間に合わず?二話の再放送をする、といった、昨今のアニメ界では珍しくない上、この作品についてはこれが通常営業だと思える放送形態。
 見ると、この二話について記憶が無く、どうやら見逃していたようなので、個人的には丁度良かった。

 作画クオリティーの大幅な低下が残念。
ここだけは頑張っていたのが、第一話の評価点だったのに。
 ストーリーや演出からも、相変わらず「こういうテーマを、こういう手法で描いていきたい」という熱意のようなものが伝わらず、ヒネくれた『プリキュア』を、しかも「『プリキュア』『まどか』見てれば、段取り飛ばして話を進めたって分かるでしょ?」という甘えが感じられるばかり。
 少女達を乗せたトラックを襲う男達、のシーン。
『マッドマックス』『北斗の拳』パクリの襲撃者デザインはともかく、「変な動物着ぐるみ着てる」ような男について「異様な姿」と感じさせる演出・作画力に欠けており、でも「笑うほど間抜け」にも(意図しては)出来ていないため、見てくれがただ脱力。
着ぐるみ男に襲撃者が放り投げられ、「ピュー」というようなお笑い音を立てて飛んで行くところ、これで音響オッケーなの?
 神社が変形するモンスターのギミックなんかはそれなりに面白い。
これとのバトルを中心に、現実と地続きにしない(説明が面倒になる)異世界設定を捨て、感情移入を拒む不親切さ・自己満足を排すれば、ずっと見やすくなったろうに。

 「本編」である後半30分のメイキング。
 とても間に合わないスケジュールでも何とかしようとあがくスタッフの苦闘とか、胃が痛くなるぐらい分かるので、こう見てしまうと文句言うのは憚られるんだけど……
 全15話、ということはあと13本作るの?この調子で?
 頑張るなら、一度全部捨て、注力に値する企画を最初から考え直した方が良いような。
 いや、「村上隆が満足してくれるアニメ」にするのが最終目標で、視聴者の感想なんかどうでも良い、というなら余計なお世話か。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『奴隷区 The Animation』01.「選択 -sentaku-」

 原作小説未読。
 アニメとしての出来が、ということではなく、個人の感覚的なもので肌に合わないとしか言い様がなく、半分ぐらい見て終了。
アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |

『ヲタクに恋は難しい』02.「恋人?始めました」

 原作漫画未読。
 オタクだというキャラクター達が、所謂「らしい」姿と縁遠く、スラリとした美男美女ばかりで少々違和感。
じゃあ見苦しくて気持ち悪い男女が主役なら楽しいかと言われれば、そうでもなく。
 その辺は、男性向けでも、「オタクだが巨乳美少女で極度に内気、主人公にだけ心を開く」的な都合良い・気持ち良いキャラ造形がよくあり、女性視聴者からは「そんな訳あるかぁ!妄想ふくらませすぎ!」みたいに受け取られているかも知れず、お互い様かな。
 オタク生活をエンジョイしつつ、社会的にも不適応能力者ではない、こういうのが現代的オタクか。
 ノイタミナ枠でアニメになる作品なのだから、女性視聴者に受けることが求められるだろうし。

 男性の容姿について無神経に(聞かれてないと思って)下げ気味で語る成海は、オタク男子にとって苦手なタイプじゃなかろうか。
こんな女子、男性向け願望充足作品にはまず出てこないもんね。
出てくるとしたら、「嫌われるバカ女」ポジションか、「そのエピソード中には反省して主人公の真の価値を認める」流れの中。
 そう言われても平気な男は、「自分に自信があって少々のことでは堪えない」「そもそも容姿のことなど全く気にしていない」あるいは「彼女の愛情を信じているので戯れ言として受け流せる」辺り。
どれでもないように思えるけど。
 これまた、結構ヒドイ目に遭わされてもすぐ男を許し、ずっと好きでいてくれる男性視聴者向けヒロインキャラの、裏返しなのか。

 店で販売されている書籍などの表紙、パロディーとか一文字違いではなく、タイトルから絵までそのまま使われていて驚き。
こういうの、大丈夫になったんだ……まあ、悪いイメージでは扱っておらず、CMになる可能性すらある訳で、対象書籍としては拒む理由もなかろうが、今までは余り例が無いような。
 ヒロインの行動様式や言葉遣いなど、旧世代としては馴染みが薄い「現代オタク」生体の勉強として、見続けたい。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『鹿楓堂よついろ日和』02.「お茶屋の秘密」

 原作漫画未読。
 美形青年四人が働く和風喫茶店を舞台とする、人情話。
 カッコいいお兄さん達がズラリ出てきた段階でもう、女性向けであり自分が見る作品じゃないなあと思ったけれど、一話終わってみれば、店の運営・接客状態や居座る女性の精神変遷をゆるやかに、しかしキッチリ描く、嫌味の無い内容。
個性ある男性キャラ陣に萌える女性も居て当然だろうが、それは関係なく普遍的な、万人が見られる作り。

 作画がしっかりしており、お兄さん達のみならず、お茶や飲み物が美味しそうに演出され描かれているのはポイント高い。
 一話に登場した女性、てっきりスイにでも好意を抱き、レギュラーになるものと。
恋愛的な要素は排しつつ進めるのかな、そこいらは『けいおん!』なんかにも似た、癒やし優先?
 登場キャラ四人を、個性そのまま美人か美少女に変えれば、男性向けアニメとして人気が取れそう。
それだと『ご注文はうさぎですか?』になりかねないのか。
 二話の、茶葉を巡るほのぼのドラマも感じよく、美味しく淹れたお茶が飲みたくなる、気持ちいいアニメ。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『ひそねとまそたん』01.「正気の沙汰ではないんです」

 樋口真嗣・岡田麿里が原案・総監督・シリーズ構成を務める、オリジナル企画。
 タイトルからは内容がサッパリ分からないけど、ファンタジー・ミリタリー・コメディー?
 とにかく作画が美しく、単純化された独特なキャラクター達を元気に動かしており、それだけでもう嬉しくなってしまう。
 可愛いキャラであるヒロインの中に毒舌、トボけたデザインのドラゴンは戦闘機に変形(偽装?)。
ちょっと見ると子供向けアニメか、と思わせる画面に、本来似合わないテイストを入れることで意外性を獲得、大人の鑑賞に耐えてしまう、作りが上手いなあ。

 水中から現れる異形の巨体、機械的外装を纏っているが中身は生物、選ばれて液体まみれの体内に入るパイロット、主人公への反感を隠さない「小学生ヤンキー」ライバル……『エヴァ』的なエレメントが各所に(『エヴァ』コンプレックスを持つのは自分)。
『エヴァ』が大きく当たった要因でもある「綾波」成分が無いけれど、それは無表情で何考えてるか分からない、まそたんが担う?いや、まだ女性パイロットは複数出てくるのか。
 冒頭にあった「日常の自衛隊事務仕事を行っているヒロイン」のイメージも割合良くて、このままドラゴン要素を除き「訓練に明け暮れたり戦ったりする姿ではない、『イラク日報』に記されたような人間としての自衛官」を見せる手もあったかなあ。
『パトレイバー』みたいになりそう。
 クライマックス、戦闘機へと変わるドラゴン、作画的感動が凄くてトリハダ。
 スタッフ・絵的クオリティー・内容への期待……どれをとっても、見続けないという選択肢は無い。
アニメ | コメント:3 | トラックバック:0 |

『Butlers〜千年百年物語〜』01.「運命の時」

 「中国のSummerACGが展開しているメディアミックス企画『Intouchable Butlers』」が原作らしい。
 そこそこの作画で、美少年がズラッと登場してくる女性視聴者向けアニメ。
 最初、学校廊下を横並びで歩く生徒会執行部四人衆が、「ふぅ、これだから生徒会は苦手だったんです、ま、退屈はしなさそうですけどね」とか「ボクはみんなの足を引っ張らないように、頑張らないとぉー」といったお約束というか今時?なセリフを吐きつつ次々顔を見せ、下にテロップで名前が出て紹介とするシーン、もうこれだけでお腹一杯。
 とはいっても、美少女キャラの「ご主人様に一生お仕え致します」「ハア?馬鹿じゃないの?あ、あんたなんか、す、好きなわけないでしょ!」なんてセリフに、男性視聴者は喜んだりするのだから、ヒトのこと言えないか。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。