FC2ブログ

オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『ウルトラマンタイガ』19.「雷撃を跳ね返せ!」

 シリーズとしての折り返し点をとうに過ぎて。
 やはりというか、思った以上に、作品の根幹を成す「一人の地球人の体に、三人のウルトラマンが同居する」という設定が使えていない。
出身惑星さえ違うウルトラマン達による衝突、また彼らと地球人との立場の違い、敵への対応・作戦の違いから起こる危機、それらを乗り越えて発揮される本当の(それ以上、何倍にもなる)力、といった、当然予想される物語への組み込みがほとんど無く、「そういう設定だから一緒に居る」だけに留まる。
トライスクワッドによるネット配信ボイスドラマでフォローが成されている、って話も聞くけど未聴。
 主人公の先輩が宇宙人だという設定、こうなるとウルトラマン人間体なことを隠蔽する主人公、それから先輩が正体を隠している(そもそも隠せていないが)所に意味が薄くなってしまい、うーん。
 超能力アイドルや魔法の話を前後編で展開する余裕があるなら、こういった基本を固めるのこそ優先じゃないかなあ。

 ただイヤな悪役というだけで魅力に欠ける敵・霧崎が惜しい。
前作『R/B』の愛染どころか、後半でボス敵になった美剣サキにも全然負けている。
 彼との最終決戦に向かうのだろうシリーズの流れには、あんまり期待が持てなくて残念。

 それではこの作品に見所がないのかというと、いや、全編目が離せない。
もう驚くぐらい、ミニチュア特撮に力が入っているから。
 執念を感じさせる作り込んだセットを手前に置き、ウルトラマンや怪獣の巨大さを感じさせるのは、まあ恒例として。
 今回の内容では、高速道路上で怪獣から逃げる車を、模型車のラジコン走行(?)により表現し、高架の道路が次々落ちる中、走り続ける一台の車をカメラが追って、「崩落する道路に巻き込まれるサスペンス」と「このセットどこまで作ってるんだ?」二つのドキドキを感じさせてくれた。
 前回冒頭、少し映りの悪いテレビなら実景と間違えるぐらい細かい街中の線路を電車が走る、これだけでも凄かったが、「その模型電車内にカメラを置き、窓越しにミニチュア街の風景を移動しつつ捉える」このショットには「おおお!」とか声が出てしまった。
長い特撮の歴史でも、こんなことやったのは、初めてじゃなかろうか。
 他にも、「地下から出現する怪獣」というお約束のシーンについて、ミニチュアの駐車場セットを本当に深く掘り抜き(高くセットを作ったのかな)、穴の底に頭部を覗かせる怪獣の、これまた見たことない絵があったり。
 ビルセット破壊の際、割れる窓ガラスをCGで?細かく入れて巨大感を出そうとしていたり。
 とにかく熱い!
予算は決して潤沢じゃなかろうに、特撮班の度を超した情熱で、数百倍の予算規模で撮られるハリウッドCGにも負けない、驚愕の画面を見せてくれる。
特撮スタッフは家に帰れているのか、無駄な心配をしてしまうぐらい。

 興味深いエピソードもある、例えば18話「新しき世界のために」。
 ボロアパートに暮らす宇宙人、という意味では『ウルトラセブン』メトロン星人のちゃぶ台シーンを思い出す。
しかし、メトロン星人は「驚異的な科学力や侵略意図の偽装のため」ボロアパートだったのに対し、こちらは「普通に働いても生活が苦しくてそこに住んでいる」。
 以前は、同等以上の力を持つ敵対者・侵入者として宇宙人が描かれたけれど(「怪獣使いと少年」のように難民然とした宇宙人も居たか)、今は、平穏に暮らそうと地球にやってきたが、差別のある生活に疲れ不穏な思想を吹き込まれたことでテロリストになってしまう「不法入国者」。
 『仮面ライダーゼロワン』のヒューマギアもまた、人口減少に苦しみ、海外からの労働者や移民に頼るしかない状況で、日本人とは「異質な」考えを持つ人々への偏見・不公平な処遇は続き、そこに火を付けられた時の恐ろしさについて描いていると思える(勿論、それでも通じ合える喜びも)。
 日本人だけでは社会を維持できない未来、いや現在、すぐに考えるべき問題。

 今回の、相撲取り(雷様?)みたいな怪獣と戦いつつ、ヘソのカプセルに捕まっている社長を助け出そうとする、『ウルトラマンタロウ』みたいな馬鹿話も、単体として楽しかった。
シリアスな連続エピソード中で扱って良いネタかどうかはともかく。
 このまま、特撮スタッフ入魂の画面に応えるシリーズクライマックスに、なると良いなあ。
スポンサーサイト



特撮 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『ウルトラマンタイガ』01.「バディゴー!」

 令和一作目となるウルトラシリーズ作品。
 「三タイプではなく三人のウルトラマンが登場、しかも全て一人の人間が変身する」という設定、どうにもピンと来ない。
三人の人間がそれぞれウルトラマンになり、チームを組んで敵と戦う、というならまだしも。
 「ウルトラマンタロウの息子・タイガが地球を守る」だけで十分だったんじゃないかなあ。
それも、既にセブンの息子・ゼロがシリーズには登場している訳で、よりドラマ性を強化するには、(珍しく)父や母が居る円満家庭出身のタロウより、家族どころか故郷の星まで失ったレオが(M78星雲女性との間に?)子供を設け、獅子座L77星再建への一歩を踏み出した、とする方が良かったような。
それなら、異種族婚により特殊な能力を持つ子供が産まれた設定に出来るし、宇宙をさすらう叔父・アストラの参戦も有り得る。
 まあ、『ウルトラマンR/B』初回では、兄弟で変身するウルトラマンなんて面白く出来るのか?と思っていたけれど、終わってみればかなり好きな「ウルトラ」作品となっており、今作も、現時点では予想できない輝きを放ってくれる……そうなる仕掛けはしてあるのだと思うが。

 第一話。
シリーズを通しての敵と、タイガらが地球に向かった理由、人間主人公のキャラクター紹介に、怪獣出現・ウルトラマン変身の理由付けと、テンポも手際も良く処理してあり、悪くない。
 まだ、ならではの魅力は感じられないものの、それは前述の通り、これから。
 特撮には気合いが入っており、見応えあり。
 最後まで見続けたい。
特撮 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『ウルトラマンR/B』最終25話.「朝日のあたる家」

 うーん、最後はちょっと詰め込みすぎ。
せっかく登場した湊家母がストーリー進行を邪魔する形になっており、それがあっても負けてしまうラスボス怪獣は余り強く見えず、その間に慌てて明かされるアサヒの正体には「??」。
 特にアサヒ、まあまあそんな感じの設定なんだろうとは思っていたけれど、「時間がないからこれで納得しといて」と言わんばかりの駆け足説明をするぐらいなら、ヒネリなく普通の妹にしておいた方が良かったのでは。
「本来、母から生まれているべき可能性の娘」という彼女の有り様はもっと上手く描けたはずだし、(美剣のせいで)誕生できなかったアサヒが美剣の魂を救済する流れも、感動的にできたはず。
 都合良く彼女が帰ってくるラスト、家族を中心に据えたシリーズの締めくくりとして妥当ながら、やっぱり、うーん。

 自分にとって『R/B』は、愛染マコトという強烈なキャラクターに尽きる。
巨大企業の社長で、社員一人一人に気を遣いカリスマ性を持ちつつ、社員を道具として扱う非情さもある。
憎んでいるのか愛しているのか「ウルトラマン」という存在に強烈な思い入れがあり、主人公兄弟の変身後に厳しいダメ出しを連発し、「ウルトラ」には珍しくメタな発言(「二週間もクズグズ悩みやがって」)までする自由さ。
 自身がウルトラマンオーブダークノワールブラックシュバルツに変身しても、正義か悪か容易に分からせない複雑さ(幼児性?)があって、好きだったなあ。
決して主人公らの味方ではないが、状況と機嫌によっては「邪魔な敵」相手の共闘は成り立つ関係。
 発想元は、スーパーマンと同等の身体能力を手に入れたレックス・ルーサーだろうか。
人間として求めた圧倒的な金も権力も些細なことにしてしまう、「無敵で永遠のスーパー自分」へとルーサーが変わってしまったなら、自企業の利益とか陰謀・武装を用い他者を潰すことなんかに興味が持てなくなって、つい正義側に付いたりもしちゃうんじゃないかなあ。
 とにかくこの愛染が面白かっただけに、途中での退場は残念だった。
彼の行動理由が「宇宙人の憑依によるもの」で、しかもその宇宙人が呆気なく取り除かれてしまうのも、残念。
 せめて最終回周辺での再登場を期待したけど、果たされず。

 カメラアングルや演出に強いコダワリがあり、ミニチュア特撮の意地を感じさせてくれる巨大バトルが、毎週見られるのは嬉しかった。
 ムダに美人で陽気な湊母、良かったな……眞鍋かをりにはビックリ。
 防衛軍が出てこないのも珍しくない最近のウルトラシリーズだが、「ホームドラマ」を主軸とすることで、余り気にさせないよう作れていたと思う。
 戦いを経て、ウルトラの力を含め何も失われていない、どころか家族が増えさえしているという、ハッピーすぎるエンディング。
 シリーズ後半での息切れや構成不備が残念ではあるものの、楽しくて元気な、十分見る価値のある作品だった。
特撮 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『神ノ牙-JINGA-』01.「神牙/JINGA」

 『牙狼』に連なる、魔戒騎士サーガ最新作。
といっても、時代的には、シリーズ最終到達点より少し前になる模様。
 テレビシリーズ、映画など、多岐に渡って展開され、総数どれぐらいになるのか把握も出来ていないこの作品群。
ちゃんと見た、と言えるのは数本に限られ、だからジンガ自体、初見。
以前の作品中に、敵として登場してたのね。
 『ディケイド』でお馴染み、井上正大が演じている。
二本の全く異なる特撮シリーズに主演するケース、最近では珍しいような。

 内容は、まさに魔戒騎士作品。
不足のないストーリー、力が入った特撮、爽快感のみならず複雑な後味を残す終わり方まで、ファンも満足できる内容だろう。
 前述したように「一話も見逃せない!」というほど思い入れているシリーズではないが、見られる限り見て、損のない出来。
特撮 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『ウルトラマンR/B』01.「ウルトラマンはじめました」

 前作『ジード』は、軽重の要素が丁度良いバランスで存在する、良作だった。
 『R/B』……コメディーが基調なのかな。
兄弟が暮らすセレクトショップでの会話とか、楽しくやろうとしすぎて、正直ちょっと空回り気味。
 二人で同時変身、というのは今作最大の特徴。
現時点で納得感が薄く、変身アイテム販売の都合ばかり感じてしまう。
アイテムがゴチャゴチャ~として分かりにくいのは、近年ウルトラマンの宿命といえようか。

 前作同様、特撮には気合いが入っている。
 舞台となる市に伝わる伝承、行方不明になった兄弟の母親、今後への伏線がチラチラと。
 今回は変身クリスタルを交換したが、これから、二人が一緒に変身する特殊なシチュエイションを活用できるかどうか、注目。
 面白くなっていくことを期待して、視聴継続。
特撮 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』02.「国際警察、追跡せよ」

 戦隊シリーズ42作目。
 ちょっと前から、二戦隊の並立シリーズになる、という噂はあったんだけど、ホントに出来るかどうかは疑っていたところ。
前作『キュウレンジャー』で、9人どころか12人ものレギュラーキャラを登場させ、個性豊かに描き分け、それぞれ絡みのドラマを構成できた自信から、ダブル戦隊というかなりの冒険企画にゴーが出たモノか。

 ルパンレンジャー・パトレンジャーに明確なカラーの違いが設けてあり、ゴチャゴチャしないのは有り難い。
 ルパン側は、行動が奔放でありルールに縛られない。
目的のためには手段を選ばず、時として仲間でさえも見捨てる。
例え死んでも復活させる約束があるのかな?そう簡単にやられはしないという信頼の証かも知れないが。
 パト側。
生真面目で熱血。
特にレッドは、犯罪を完全解決できなければ自分を許せないようなカタブツ。
チームワーク・一致団結……三人が文字通り一体となり「トリプルファイター」形態へと二段変身するのには驚いた。
 二話まで、ルパンレンジャーをメインに描いている。
「悪」とも捉えられかねない怪盗という設定に、個性付けや行動動機の説明でフォローを入れたモノか。
 そのため、パトレンジャー側の彫り込みは足らず、今後に期待……とはいっても、ちょっと昔の戦隊シリーズなら正義側の描き方なんて、一年掛けてもこんなモノだったけど。
 ルパンレッドが、パトレン1号の気持ちに配慮する様子を見せる辺り、好感度高い。

 シリーズスタートだけあって、画面作りに気合いが入っている。
 敵味方が入り交じりつつ360度(上下も)視点を回転させる、疑似『マトリックス』バレットタイム映像。
予算も機材も不足していることからアナログな情熱でカバーしたモノだろうか、しかし、カメラとスタントの高度な技術頼みで実現しており、難度としてはこちらが高いような。
 街中で行われる、巨大メカ戦闘やカーチェイスの迫力。
ミニチュアとCG・実景のつなぎが分からないぐらい、上手い。
バンクで使い回すのかも知れないけど、劇場映画並みのクオリティー。

 いずれ来るだろう追加メンバーは、ルパン・パトの増員という形になるのかな。
 せっかく異色の戦隊なのだし、第三勢力として、もう一つ戦隊を出す。
 スパイによる秘密諜報戦隊とかどうだろ。
正義にも悪にも基づかない行動を取っており、ルパン・パト両方に協力したり、平気で裏切ったりする。
「ボンドレンジャー」「ゼロゼロレンジャー」「スパイレンジャー」って感じか。
『ルパン三世』で言うと、ルパン・銭形のどちらにも完全には属さない峰不二子ポジション。
 あるいは、怪盗と言えば名探偵!という訳で、「探偵戦隊ホームズレンジャー」「ポアロレンジャー」、和風では「明智・金田一ジャー」。
テレ朝繋がりでは「杉下右京レンジャー」かな。
子供たちに馴染みが良いのは「コナンジャー」だろうけど、日テレのアニメだからなあ。
 『ゴーカイジャー』『デカレンジャー』『宇宙刑事』とのコラボは、間違いなくやりそう。
特撮 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『ウルトラマンジード』06.「僕が僕であること」

 ウルトラマンゼロ……令人と入れ替わってしまうリク。
異星人テクノロジーで作られている基地なのだし、「魂を移動させた」でも構わない気がするけど、シャプレー星人の仮装技術を応用したブローチで行う抑制とくすぐりが楽しい。
人間に化ける宇宙人はシリーズ中、多数存在したが、固有の超能力に寄らず科学技術で実現しているとハッキリ描いた例は、珍しいのかな。
 限度を超える会社員業務の忙しさに、「体力の限界が来てもカラータイマーは鳴らない」と嘆くリク。
笑いつつ、これは初めての提言じゃないかなあ。
「自分の変身リミットが近づいていますと、わざわざ敵に教えるウルトラマンの不合理さ」が指摘されることはあったけど、そうか、心を病むほど・過労死するほど働いて限界をとっくに過ぎているのに「カラータイマーを鳴らして危機を内外に訴えない」人間は、ずっと不合理なのか。
 地球(派遣惑星)防衛をウルトラ族のお仕事だとするなら、カラータイマーはチェックの厳しいタイムカードか、放射線測定ステッカーみたいなもの?
業務の完遂よりも命を重視してくれるシステムで、人道的と言える……まあ、鳴り出すのはギリギリの時点だし、職務中の死亡事故も多発していることから、ホワイト企業と言えるかどうかは分からないが。

 顔立ちがベリアルに似ており、純粋ヒーローというより邪悪寄りなジードの外見設定にきっちり決着をつける、しっかりした物語。
 家族を守るため会社員として敢然と激務に立ち向かう令人が、ゼロの力に頼らずとも格好良く見えて、嬉しい。
 リクにだって、ライハ、モア、駄菓子屋店長、その姪のエリなど、守るべき対象は沢山居ると思うんだけどな。
 前回「あいかた」では、『タロウ』のグダグダ回に近い馬鹿話を見せて驚くやら笑うやら、だったが、全体としてとても出来の良いシリーズ。
特撮 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『ウルトラマンジード』04.「星人を追う仕事」

 防衛軍的な存在、この作品ではメン・イン・ブラック風なのね。
強力な軍事力は(恐らく)持たず、宇宙人による犯罪行為の摘発、犯人確保を目的とし、最終処分は地球外への強制退去。
そういえば、これまでのシリーズで防衛隊は、宇宙人に対し、その存在が地球への脅威と即断して戦い殺す、逃亡を図る宇宙船団も壊滅させる、というのが多かったような。
それは、既出の宇宙人達が恐ろしく邪悪・好戦的で、話し合いの余地など無かったことも原因としているが。
 極悪、とまで言えない個人的な犯罪を今回は描いており、だから組織・AIBも、平和的解決が図れたのか。
大規模な侵略・破壊のため襲来した宇宙人には、地球外退去のみの処分で済ませられないような。
 AIBが人類規模に留まらず、多くの惑星が加盟する宇宙的な捜査機関だとするなら、単体で手に負えない事件には宇宙警察・軍のような戦闘力を持つ別組織が出てくる?いや経済制裁で対応か。

 ウルトラマンジードの出現について、宇宙全域から地球AIBに問い合わせが来ている、っての面白かったなあ。
ウルトラ族を知っている宇宙人に取ってさえ、ジードは未知の個体だろうから、そりゃ興味を引くはず。
これまでのシリーズで描かれた「地球を訪れたばかりの宇宙人が、その時のウルトラマンを知っている」のは、こうした宇宙ネットワークでの情報共有があったからなのかも。
 防衛隊(じゃないけど)に属する人間としては、例がないほど間が抜けており失敗ばかりのモア。
ラストでは、ドジをプラスに換える意外な機転を見せた、しかし、彼女の本当の価値は、「地球に好意を持ったため仲間の侵略を邪魔し、自分をエレキングの犠牲にしようとした」とするピット星人の言葉を、一瞬も疑わず信じ、抱きしめられるその優しさにある……のかも知れない。
この甘さは危険を招き、そして多くの絆を生み出す、のだと良いなあ。

 幼生体のエレキングを可愛がり、単に生物兵器相手ではない愛情を感じさせるピット星人。
そうそう、せっかく女性的な形態を持つピット星人なんだから、見たかったエピソード。
AIBに就職したようだし、再登場もアリ?
 ウルトラマンキングと融合した宇宙。
そうすると、リトルスターはキングから分離した力、あるいはキングそのものだという可能性も。
 ジード額から放ったビームがエレキングの体表面を焼いていくシーン。
これまでありそうで無かった画面を一話に一回は入れようとしているみたいで、制作者の情熱が感じられ、嬉しい。
特撮 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT