オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『創聖のアクエリオン』17.「食べたくて合体」

 ダイエットを始めた女性陣が、基地に危機を呼び込んでしまう。
 強すぎるアクエリオンを相手にするのに、兵糧攻めは、有効な戦法だろう。
…最初から、食べ物よりかパイロットの体その物を襲わせた方が効率的だったような気はするけど。

 逆転方法は、アクエリオンを食べた敵を食物連鎖に取り込んで植物の中に吸収させ、それに実を結ばせる事で…ええと、連鎖を四次元的に( ^_^ )飛ばして機体やパイロット達のスーツに戻していった、という事?
アクエリオンが循環システムの頂点に立った、とか。
 分かったような分からんような。
 物語としてはブン投げた終わり方だったけど、見る者を無理矢理 引き摺るようなパワーは感じられたので、良し。

 ただ、こういう「越えてしまった」話は、ココを限度にしてくれると嬉しいなあ。
行き過ぎると、見ている者が乗れない、思想やら宗教じみた所まで到達してしまいそうで。
 河森監督は、『アルジュナ』で、強い電波を発するエコロジー説教やり過ぎアニメを作ってしまった「前科」があるから、不安。
 『アクエリオン』では、適度に薄められた「狂気」を、常識を打ち破って突き進むための「独特な形状をした衝角」に見せていたので、面白く感じる事が出来ていたのだが…さて……
スポンサーサイト
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |