オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『エル・カザド』10.「天使と暮らす男」

 ゲストキャラとして出て来た男は、血にまみれた世界に生きてきた腕利きのガンマン。
 彼が出会い、その人生を変えてくれた女は、天使のように無垢な(と、彼には感じられる)存在だった。
 見てスグに分かる、ナディとエリスの関係をそのまま引き写したカップル。
手を握ることにより、男とナディが互いの「銃を握り続けてきた」クセに気付くところとか、連れ合いに隠した秘密を持つところ。
無邪気にタコスの歌を歌い合う女とエリスなど、二組それぞれの人間的類似を感じさせる演出が随所に成されており、上手いなあと思っていたが…

 今回の仕掛けを全部、セリフとして視聴者に説明する分かり易さに、驚く。
 うーん、まあテレビシリーズは、さほど真剣に画面を見ていない視聴者にさえ問題なく理解できる平易さが必要だと思うので、悪いことではないが。
 そこを除いても、「マラカスがお気に入りのエリス」を逆転のアイディアとして使う小ネタの冴えや、愛(偏愛)故に相手を殺そうとまで考える元彼の身勝手さが、シリーズの先行きを占う物になっている?など、面白い部分が多く、楽しめたし。

 天使と共にあって救われているのは、幼女連れのヒゲ男も同じか。
 女に真摯な愛情を寄せる男に対し、男を好きになった理由が「昔飼っていた犬に似ていたから」という酷いものだった女。
「天使のように」無垢なのはどちらなのか、という皮肉な持って行きようが楽しい。
 エリスは、ナディのどこに好意を持って・信頼しているのか、聞きたいようなコワいような(笑)。
スポンサーサイト
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

コミケ

 ありがたい事に、コミケ、受かりました。

 日曜日 東地区 O-32b 白昼書房
です。

 今回は…マトモな本を出したいと…毎度言っているので説得力も何も無いですけど。
 『クイーンズブレイド』のカトレアなんか、いいなあ、と思っております。
仕事・告知 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。