オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『魔法少女リリカルなのはStrikerS』12.「ナンバーズ」

 とにかく強力な戦闘力を備えたキャラクターが多すぎる、というのが、物語を描いていく都合上、はやて部隊の弱味。
新入隊員達も、役割を全うできるようになってきたし。
 登場キャラ自体からして多数のため、戦闘で全員を活かすのは、とても難しい。
 「隊長格だけ居れば、事足りるのでは」と思われると、宜しくないだろう。
…新人らに期待されている役割が、現在の所、かなりの部分そういうものとして描かれていても。

 全キャラを活かすには、激戦に次ぐ激戦を描き、どれだけ戦力があっても足りない状況を設ける…いっそ「戦争」にしてしまう事かなあ、と極端なことを考えていたが、今回は敵も部隊として展開し、襲ってきたため、かなりハードなイメージに。
 ただ…これから彫り込まれていくんだろうけど、敵キャラに、主人公側のキャラとイメージが被る部分があり、見分けさえ怪しくなってしまうのはキツい。
これでも、回を重ねることにより、敵少女達にまで十分な魅力を感じさせてくれれば凄い!…んだけど、もの凄い難しさだろうな。

 ヒロイン側のキャラだけでも多いのだから、敵側は個性を消した優秀な戦闘員部隊(『スター・ウォーズ』クローン・トルーパーのような)に設定する手もあったかと思う。
 しかし、今期これまでの「無味乾燥な機械敵」相手の戦いには、「ゲーム的」とか「画面として訓練風景と余り変わらない」などと文句を言っていた部分もあり、いや実に難しいところ。
スポンサーサイト
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『ながされて藍蘭島』12.「おいしくて、花嫁修業」

 毎回、楽しく、可愛らしく、高い作画の水準をキープしつつ進んでいくシリーズなので、逆に感想が書き辛い。
 「問題作」というような狙った話も作らず、視聴者へのサービスを第一に考えられている、という所がまた、ヒネたオタクが どうこう言える…付け込める隙がない要因。

 どの少女キャラも個性的で、魅力がある。
 主人公である少年に、「絶対無理」というようなキーワードに過剰反応してしまう弱点を設け(『バック・トゥー・ザ・フューチャー』の「チキン」みたい)、それを耳にする事で、逆に発奮して通常の能力値を遙かに超える活躍を見せる、とする設定が面白い。
それを駆使する事で、大抵は主人公よりも優れた能力を有している少女達から、好感を持たれる展開に(僅かなりと)説得力を持たせている。
 前回、すずのために見せた命懸けの献身は なかなかに心打たれるモノで、尽くされるばかりでなく、寄せられた気持ちに好意を持って返そうとする頑張りを描き、「好かれるに足る価値」を演出するバランス感覚が素晴らしい。

 巫女姉妹が、いいねえ。
 「藁人形で妹にリアルタイムで苦痛を与える姉」という設定を転がし、「苦痛のモールス信号でメッセージを伝える」アイディアには大笑いして、感心。
 キレイに「良い話」で まとめる事を許さない姉の強烈な個性…迷惑さ加減が、魅力的。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:1 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。