FC2ブログ

オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『しゅごキャラ!』01.「しゅごキャラ誕生!」

 原作未読。
 「なかよし」連載という事で、それなり程度にしか期待を持たずに見始めたが…
いや、割合と面白い。
 ちょっとヒネったヒロインのキャラクターを、まずガツーンと立てる、実に正しい第一話。
それがあるから、彼女の内面を引きずり出してくれる しゅごキャラの存在も生きる。
 原作は誰が描いているのかと見れば、『ローゼンメイデン』のPEACH-PIT先生なのね。
何だか、納得。

 陽気で元気一杯な演出と作画が気持ち良く、出てくるキャラクターは女の子も男の子も しゅごキャラも、みんな可愛く描けている。
 派手なバトルがあった訳ではないが、跳んだり撥ねたり落っこちたりのアクションは、良く動いていて楽しい。

 ここからは…『セーラームーン』、いや『東京ミュウミュウ』?みたいになるのかな。
この流れなら、『少女革命ウテナ』にも出来ようし、バトルに重きを置かない学園コメディーで通すことも可能。
どうするのかなあ。
 当分、視聴継続。
スポンサーサイト



アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『獣神演武 -HERO TALES-』01.「破軍吼ゆる刻」

 原作は、単行本で既読。
 いや、「原作」じゃないのかな?
『パトレイバー』の漫画版に近い位置?

 まずバトルから始めたい、という意図はよく分かるんだけど、突然の襲撃で失われた「日常」が見え辛いため(後のフォローにより感じ取れはするが)、「咎められながら夜遊びに出掛けて行く主人公」辺りから始めた方が良かったような。
 無理にストーリーを進めず、第一話は、慶狼により敗戦する所で次回に続いても良かったろうし。

 漫画版とはかなり違っているが、それはそれなりに まとまった内容。
 ただ…特に不足はないけれど、引き付けられるような独自の魅力も感じ取れず、無難な、よくある第一話、という印象に留まる。
作画やアクションも、頑張ってはいるが、「凄い!」と思わせられる程でなく。
 漫画でもあったことだが、「天に七星在り。其は……」というような、長い上 分かりづらくもあって聞く気になれない伝承のナレーションを、工夫もなくダラダラ見せるのに、失望。
長々としたナレーションで何かを説明しようとする、というのは、「第一話で絶対にやってはいけない事」ベスト3に入る事項だと思うが。

 取りあえず もう少し見てみるけど、この作品については、漫画版を読み続ければ十分かも。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |