FC2ブログ

オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

映画『どろろ』

 WOWOWで放送された映画『どろろ』を見る。
 手塚治虫先生の名作を、実写映画化したもの。

 うう~ん、可もなく不可もなく。
 良くない点としては…
 どろろが子供でなく、割といい歳の見た目ハッキリ女性だと分かるキャラ(柴咲コウ)に変更されているのは、まあ構わないとしても、それをシナリオとして消化し切れていない。
「捨てられた子供の気持ち」を代弁して啖呵を切る所など、胸にズシリと来るシーンになるはずだったのだろうが、もう「捨てられる」より「捨てる」ぐらいの年齢になって何言ってんだよ、という気持ちにしかならず。

 ラスト近くのテンションの下がり方が、凄い。
 エンターテイメントなら、悪役を悪役のまま死なせてやった方が良かったかと。
誰もが悲しみを背負っている…とかいう方向の物語にするにも、積み重ねが薄く、「最後まで来て無理矢理良い話にしようとした」としか思えず。
 途中、イメージ・ダイジェストのように「様々な妖怪と戦ってきました」を見せるシーンが、気分的に一番盛り上がったぐらい。
 浪花節も嫌いじゃないけど、それならそういう方向でもっと突き抜けて、韓流ドラマぐらいに力業の泣かせを入れなければ弱い。

 特に破綻した部分はなく、最後まで真面目に撮ってあるとは思う。
そのため、「原作を破壊された怒り」を感じさせられる事はないが、「笑うほど酷いので一度見てみろ」と友人に勧めさせる動機も与えてくれない。
 テレビで放送されたら何となく見ても良いかな、という、それ以上でも以下でもない映画。
スポンサーサイト



映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『ULTRASEVEN X』最終12話.「NEW WORLD」

 全ての謎が解かれる最終回。
 「いかにも作り物っぽい都市や人々の様子から、最初から宇宙人により、セブンの能力を計測し、盗むため仕組まれた罠なのでは」とか「既に存在しないセブンを、地球人が電脳空間に擬似的存在として生まれ変わらせたモノ」だとか陳腐な想像をしていたが、実際は、更に どうでも良い内容。
 謎解きを投げ出さずケリを付けたのを褒めるべきなんだろうけど…こんな真相なら、別段明かしてくれなくても構わなかったな。

 地球人自身を地球侵略のため金で雇って働かせる宇宙人のシニカル話や、弱々しくて他惑星と戦うようなパワーを持たない宇宙人が…という話など、各話完結のバラエティー性にこそ、見るべきモノがあるシリーズだった。
 オールドファンとしては最終話のゲストを否定できないが、この作品単体では、余計な要素だと思える。
 別段、オリジナル『セブン』の世界と繋げる必要はなく、今作の魅力だった独自のダークさを最後まで貫いてくれる方が嬉しかったなあ、マーキンド星人の雇い主に迫るとか。

 よく考えると、『X』地球への他星人からの侵略が終わった訳でなく、セブンの力を失った後、どうやって戦っていくつもりなのか…
正史のシリーズによく見られた、「地球は我々人類の手で守り抜くべきなのだ」という決意も弱いため、余計その後が不安になってしまう。
 まあ、普段から閉塞感に満ちた世界だったようだし、宇宙人の支配を受けたからって何が変わる訳でもないのかな。

 大きな期待を持って見始めたシリーズではないので、印象に残るストーリーやシーンが いくらかあっただけでも、拾いモノとして喜べる。
特撮 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『もやしもん』最終11話.「輝く菌未来」

 えっ、これで終わり?
まだ主人公らが過ごす日常の、それも取っ掛かりしか描いていないと思うのに。
 菌に関与できる能力を用い、バトル展開にも出来たかなあ。
「沢木、貴様が使役する菌は…ふん、1200程度か、ゴミめ。私の菌力は5万、相手にならんな。なっ何い!奴の菌力が跳ね上がっていく!10万…15万…奴は菌に愛されているとでもいうのか!」とかなんとか、まあ「ジャンプ」的パターンに。
そんなのが面白いかどうかは知らないけど。

 主人公の親友が、女装美少女に変身したのはともかく、主人公にキスまでしてしまう動機について、あんな簡単な説明では理解しきれない。
…のだけれど、同様に考えてか騒ぐ及川の口を、長谷川が唇でふさいで事も無げにしている所からして、この作品中ではキスに大した意味はないのか。
 「同性愛だ」とか言い出すと、ヤヤコシイ話になるし。
 まあ、酔っぱらい同士がよく ぶちゅ~っとやっていたりする、アレと同じぐらいの意味合い?

 「ファンシーキャラクター化した菌を可愛く見せる」という、なかなか思い付かないし、思い付いても実行に移す勇気が持てない極端なアイディアを、的確に、効果的に描き出し、楽しませてくれた。
 人間も菌も、登場キャラクターそれぞれが個性的で魅力あるため、彼らが生み出すドタバタをもっと眺めていたい気持ちが強く、こんなに短く終わってしまうのが寂しい。
 続きは原作で読む、あるいはアニメの第2部を待てば良いのかな。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |