FC2ブログ

オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『ストライクウィッチーズ』最終12話.「ストライクウィッチーズ」

 かなり詰め込んだ最終話。
せめて後一話ぐらいあれば…

 攻め込む戦いを目論む軍上層部や、ネウロイにより大事なものを奪われ・喪わされ、その行動の基本に「怒り」や「敵意」がある他のウィッチーズと違い、元々戦いを忌避する気持ちが強い芳佳の特殊さ。
物語の進展と共に、彼女を戦士として成長させる事で、その性格付けは薄れていくモノと思っていたが、最後までそこからブレず、「大事な物を守る戦い」としてクライマックスを構成する巧さに、感心。

 再度集結する仲間達、悪い上官に対し糾弾・失脚への見通しを立て、全員が出撃しての戦いへ。
戦艦を取り込んで浮上するウォーロックを敵にして、これまで関係性を描いてきたキャラクター達が、その成果として、納得できる連携戦法を見せる…ラストバトルに相応しい盛り上がり。
 「これでお仕舞い」を具体的に映像化する、芳佳・ストライカーユニット・ミサイル攻撃(?)。
ちょっと『Vガンダム』を思い出してしまったり。

 ネウロイの撤退?が よく分からないけれど…
 ウォーロックのコアは、軍により回収されたネウロイのはず。
ネウロイ本隊の目的が、『ナウシカ』王蟲のように「危機に瀕した仲間を連れ戻す」事にあったとすると、既に正常な思考能力を失わされたウォーロック・ネウロイが迎えた死により、人類世界での作戦行動が終了したから…とか。
 最後の最後で示される「芳佳父からの手紙」など、第二期の制作を前提としているのか、謎を残す終わり方。

 全体として。
 「美少女が編隊を組み、必要以上にパンツを見せながら生身で、デカい機銃を抱えて謎の敵と空中戦を繰り広げる」という、どうやっても商売先行・狙いすぎアニメにしかならないような題材でも、真面目に、頑張って作れば、侮れない作品が出来るのだ、という事を知らしめてくれたアニメ。
 オープニングを見て、多すぎる!と思ったレギュラーキャラクター達だけれど、それぞれ分割して一話ずつ丁寧に描かれるウチ、きちんと個性を持った女の子として把握できるようになっていった。
こういう作品の鑑と言って良い構成だろう。

 最後まで全く崩れず、高水準を維持した作画もポイント高い。
 最終話でも、田中宏紀による素晴らしい作画が見られ、眼福。
髪の毛のはためき方、細かく個性を持たせた動きの演技の付け方など、レベルが高いこのアニメの作画中であってさえ、「ここは、そうでしょ」と分かる突出した巧さ。
 今後の更なる活躍を楽しみに、お名前は覚えておいた方が良いんだろうな。

 作品への不満を言うなら、やっぱり「まだ足りない!」という事になる。
キャラへの彫り込みの丁寧さから、てっきり2クールのアニメだと思っていたぐらい。
 せっかく立てたヒロイン達のキャラクターなのに、コレで終わりじゃ勿体なさ過ぎる。
 同じスタッフ・同じ制作体勢で、是非、「この先」を見せて欲しい。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『コードギアス 反逆のルルーシュR2』24.「ダモクレス の 空」

 掲示板では ご指摘を頂いていたけれども、その通り、ルルーシュは闇雲に世界の支配権を手に入れようとしていたのではなく、その先に何かを(ゼロ・レクイエムというモノか)見据えて行動している訳ね。
 彼の行動が正しかったのか間違っていたのか、それは膨大な人的・物質的損害を出しても成し遂げなければならなかった事なのか、まだ真の目的が分からない今の時点では評価出来ず。
 ルルーシュが、咲世子に、自分を殊更に「悪の元凶」のごとく言うよう指令してあった…のだろうから、やはり世界の憎しみを一身に受ける、『ガンダム00』ソレスタルビーイング的な計画か。

 前回の感想で、ルルーシュが最も多くの物を持っていたのはアッシュフォード学園で失意の日々を送っていた間だろう、と書いたけど、今回、C.C.に感謝の言葉を述べる彼の様子からは…
何もせず与えられた環境に甘んじるのではなく、どれだけ大事な物を失おうとも、自ら行動し、何かを…例えそれが幻であろうとも…自分の力で掴み取ろうとする、その意志と過程にこそ意義と意味を見出している、という事が感じ取れる。
 若いなあ、そして強いなあ。

 対して、シュナイゼルの内に潜むものは、野心でも悪意でもなく、「虚無」に近いモノなのだろうか。
全てを拘り無く捨てていく、自らの命にさえ拘泥しない、彼に通常の方法で勝つ事は不可能。
ギアスによる支配も、「勝った」事になるのかどうかは分からないが…
 そこに到る、以前も一度使った録画データを使ってのトリックが、見事。
見直してみると、シュナイゼル搭乗機のスクリーンにルルーシュが映る前に、録画データを読み込んでいるような表示がちゃんと出ているのね。
 ほとんど並ぶぐらいの知性を持つ相手の思考をどれだけ先読みしてるんだ、とか、どのぐらい時間があればこんな長い録画が出来るのか、といった疑問もあるけど、キレイに騙された上「その手があったかぁ!」と叫んでしまったので、こちらの負け。

 コーネリアが生きていたのはまだしも、ギルフォードの生還にはビックリ。
どういう理由で?
 こうなると、他の「死んだように見せていた」キャラクターも、生存している可能性があるなあ。
それを、残りの本編でちゃんと描くかどうかはともかく。

 残るは、ルルーシュとナナリーの決着か。
 ナナリーの両目が開かれたけど、ギアスの光を宿しているはず、とばかり思い込んでいたので、普通の目なのが意外。
彼女の超絶便利ギアス能力…例えば「死んだ人間を生き返らせる」とか「時間を巻き戻す」により、ドガチャカな終わり方をしたりすると、非難ゴウゴウだったろうな。

 大きく注目を浴び続けてきた今作も、残り一話。
 どういう終わり方をして見せてくれるのか、放送を楽しみに待ちたい。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『炎神戦隊ゴーオンジャー』31.「歌姫(アイドル)デビュー」

 パターンからはみ出すエピソードの多いこの作品中でも、今回はホントの異色話で、えらく笑わされてしまった。
 新たな、恐ろしい脅威を前に、敵味方が手を組む、というシチュエイションは珍しくないけど、ここまで悪ノリされると気持ちが良いばかり。

 格好つけて歌ったのに、めっきりダメ出しをされてしまい、凹みまくるゴールドが可笑しい。
 急造アイドルユニット・G3プリンセスのアホな特訓方法に笑い、らしく見せる歌唱シーンの楽しさには感心。
コスプレの多さから、「七変化」と呼ばれるヒロイン当番回のバリエーションか。
 他二人は まだしも、及川奈央のセーラー姿に余り違和感がないのは、さすがだなあ。

 前にもケガレシアがゴーオンジャー側に折れかかるエピソードがあったけど、今回も、もうちょっとで和解し合えそうな終わり方だった。
何か気持ちを読み取らせそうなサインを一切浮かべない、去り際に見せるケガレシアの表情が、なかなか。
 最終的には仲良くなれるのか…スッパリ「悪」と割り切って片付けてしまうのか。
ユニットを現実にも売り出そうという意図がありそうなので、単純に殺して終わり、という事は無いのかな。
特撮 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『マクロスFRONTIER』24.「ラスト・フロンティア」

 ここしばらく作画の不安定な回が続いたような印象だったけど、それはこのクライマックスに全力を投入するためだったか、と思わせる、渾身のバトルを展開してくれた。
 人類(フロンティア船団)の生き残りを賭けた総力戦だが、その狙いはバジュラの壊滅のみならず、その母星への侵攻・侵略計画まで含む。
バジュラからすると、人類側こそ「邪悪な侵略者」。

 バジュラ母星宙域で展開される、種族の命運がかかった戦いに、流されるランカの歌を「愛・おぼえていますか」とする、余りにも皮肉なチョイスが妖しい高揚感を呼ぶ。
 シェリルの歌も決して悪くないのだけれど、『マクロス』劇場版主題歌には敵わなくて当然。
特に、その「歌」のパワーを劇場で体感した世代の人間には、そう思える。
 対抗するには、シェリルも負けずに同じ歌を歌うか…歌詞の破壊力に賭けて「私の彼はパイロット」でも行ってみるべきか。
いや、バジュラへの影響力は歌い手の体内因子により決定づけられる訳で、歌の選択に凝っても仕方なかろうが。

 敗色の濃い戦闘中に、アルト死亡?
まさか本当に死んだとは思えないけど…絶対に死ぬと見えたオズマが生き残り、予想もしなかったミハエルの退場があるアニメなので、確信は持てない。
 アルトの死を受けて放つシェリルの絶叫が、心をコントロールされて機械的に歌うランカを凌駕し、戦況に変化をもたらす、とか。
安定しない心理状態で歌っても、バジュラを制御する事は出来ないんだっけ。

 次回予告を、オリジナルシリーズのエンディングに似せて作ってあったのが、ちょっと懐かしくて嬉しい。
 まだまだ取りこぼしている部分は多いと思え、キレイにまとめるには相当の時間が必要だろうけど、もう終わりなのか。
どういうエンディングを見せてくれるのかな。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『我が家のお稲荷さま。』最終24話.「お稲荷さま。初詣に行く」

 異形の者達との、緊張しているようで ゆる~い生活を描くアニメ、最終話。
 24話、というのは、最近のアニメとしては なかなか長くやったと取れる。
強敵を倒すとか、努力して皆で何事かを成し遂げる、といった大きな物語がある作品ではないので、半分で終わっても差し障りはなかった…と思うけど、この緩さと、独特の空気が醸し出す「非日常的日常」の面白さ、といったモノを感じてもらうには、最低でもこのぐらいの話数は必要だったのか、とも思う。

 最終話からして、高上兄弟に危機が迫り、彼らを救うべく天狐は一人離れていく事を決意する…という、もっとドラマティックになりそうな事件が起こされたのに、天狐は余りにも素直に元いた田舎に帰っているし、岩戸隠れをする彼女(彼)を引っ張り出す方策は、一緒に暮らしてきた期間に培われた「愛」とか「家族意識」とかいう感動的なものではなく、「美味しそうな おしるこの匂い」。
 普通には、物足りない筋立てかと思うけど、すぐ行方を推測する高上兄弟・彼らにとって唯一心当たりであろう分かりやすい所に行っている天狐(家か封印場所でしか生きられない、という訳ではないよね?)、言葉での説得は既に終わっており、後は出て来やすいように食べ物で釣ってやる兄弟・その気持ちに応えて出てくる天狐…といった見せ方で、もう彼らは強い結びつきを持つ「家族」になっていると示す、この作品らしいクライマックスの設け方だったと思う。

 いくらかは苦労するかと思われた玉耀への説得についても、影から見ている事で自ら天狐と一家の結びつきを理解してくれ、また天狐が「家族」というキーワードを用いる事により、難なく取り込みに成功。
 天狐はともかく、自分達に害をなした玉耀をスッと受け入れる高上一家は、凄い。
 この作品で設定された最強のパワーは、天狐らが使う超常的妖力などではなく、どんな相手でも事態でも取り込み、「家族」「日常」の一部と化してしまう高上一家の許容力・懐の広さ深さ・悲観的にならない心の強さ、そういったモノだったのかも知れないな。

 シリーズ開始当初は、丁度終了した『狼と香辛料』の後を継ぐ作品と勝手に思い込んでしまい、それにしては「萌え」が無いとか文句を言っていたような気がするけど、すぐに、天狐はそういう対象ではなく「家族(困った姉、ぐらいか)」なのだと理解できた。
そもそも「男」でもあるし、性別の概念からさえ離れているキャラなんだけど。
 感情の起伏が弱く低血圧気味のコウについても、やはり恋愛対象としては描かれず、困った妹、ぐらいの見せ方。
もっと人気を取れる提示の仕方はいくらも考えられたと思うが、悪く言えば「淡泊」、良く言えば「あざといドラマ運びや演出によりキャラを売り込もうとする嫌らしさが無い」作品姿勢のため、突出して売れるようには細工されていない。
いや、十分可愛いけれども。
 作品中で、恋愛感情を意識して行動しているのは、佐倉美咲だけ?

 とにかく地味な作りだから、絶賛するとか そういう事ではないと思うが、制作者の狙い通り(だろう)「地味な面白さ」が良く出ている、楽しい作品だった。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『セキレイ』最終12話.「縁ノ鶺鴒」

 あ、もう終わりなんだ。
 まだ、ようやくキャラクターが出揃った…いや、出揃ってさえいない?段階であり、シリーズのクライマックスとして「ゲストキャラクターを閉鎖領域外へと逃がす」ストーリーでは弱く感じるんだけど。
 最終回に来て新たな謎が示されるし、伏線の回収には遠く、バトルロイヤルの終わりはまだ遙か彼方で、見えない。
 原作連載は現在も継続中なのだろうから、仕方ないが。
人気があった場合、当然のように続編を作る予定なのだろうし。

 とにかく女性キャラクターが可愛く、個性豊かであり、見ていて楽しい作品だった。
武道家風硬派ツンデレ・月海と、本気のバトルは見せないのに影でずっと「最強」を感じさせ続ける大家さんが、特に好み。
ダメダメな主人(そうとも思えないけど)に、古女房のような ひたむきな愛情を注ぎ、自身らの行動は割とロクデナシっぽいのに好感度をググッと上げてくれた響と光の二人組も、良いキャラ。
 各種女の子を取り揃えてズラリと並べ、「これだけ居ればどの子か好きなタイプが居るでしょう?」とする萌えハーレムギャルゲー構造をバトル物に持ち込んで、成功した例ではなかろうか。

 キャラの魅力を支える作画が、最後まで崩れず、高い水準を保ち続けたのはポイント高い。
 バトルの見せ方も工夫されていて、緊張感があり、女の子達の強さと脆さと柔らかさを感じさせるに十分だった。

 このスタッフで、このレベルをキープしたままでの続編を、希望。
 しかし、続編があったとしても、また12話ぐらいでは物語の最後まで行けないんだろうな。
こういう作品では、「ヒロイン達の魅力」をこそ楽しむべきと思うので、物語完結までの過程は長ければ長いほど良いが。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『コードギアス 反逆のルルーシュ R2』23.「シュナイゼル の 仮面」

 ルルーシュとシュナイゼルの、知略を尽くした総力戦。

 黒の騎士団は、現在シュナイゼル側に付いているけど、日本の独立・安全さえ約束してくれれば、ルルーシュに付いても構わないはず。
彼らを裏切っていたゼロ・ルルーシュを信用できない、という事かも知れないが、妹を殺し母国の首都も平然と消滅させるシュナイゼルだって、信用度は変わらないか、もっと低い。
 ディートハルトがルルーシュ側に居れば、上手く情報をリークし、シュナイゼルと黒の騎士団の関係を悪化させられたかも。

 ブリタニア首都を消滅させてしまったシュナイゼルは、もう今更 躊躇う(本性を偽る)必要を感じないのか、コーネリアもアッサリと始末する。
 彼は、いかにも内側に怖いモノを呑んでいそうなキャラだから、その行動もさして意外ではないが、「避難誘導が出来ていた」と嘘をつかれたとはいえ、それでもなお被害皆無とはいかないだろうフレイヤの使用を認め、戦場で敵兵士を殺すスイッチを入れてしまうナナリーの堕ちようが、恐ろしい。

 総力戦は、「全てを失っていく戦い」。
 日本を特別な存在たらしめていたサクラダイトの鉱脈を爆破し(再採掘は可能?)、大勢の兵士をギアスにより進んで死地に赴かせ、切り捨てるルルーシュ。
 コーネリアを殺し、ナナリーを騙し…それは彼にとって損失ではないのか…そもそも「失ってはならないもの」を持っていたのかどうか分からないシュナイゼル。
 壮絶な喪失戦の中で、ルルーシュが失った最も大きなものは、「ナナリーを敵にしてしまった事」ではなく、彼女が手を血で汚さざるをえない状態に追い込む事で「守るべき純粋で無垢な価値を無くさせてしまった事(純粋無垢さのダークサイドが顕現している、とも言えるが)」、かも知れない。
 また、彼は妹のため世界を作り直そうとしていたはずなのに、世界を変えるためには妹も特別扱いできない、という、手段と目的の転換が行われてしまったのも、悲しい。

 ルルーシュとシュナイゼル…彼らが理想とする世界は、あまり変わらないんじゃなかろうか。
どちらが作り上げる世界も、優しくも住みやすくもない、ただ至高の存在として頂く人間の顔が違うだけ。
 だったら、どちらでも相手に全てを譲り、自身の安全を確約させた上で穏やかな生活を送った方が、幸せでは。
…それは、権力欲というのが どうも理解できない、覇気のない自分だから思う事かな。
 二人が理想の世界を築き上げる過程で、最も大きな障害となり、先々を考えても生かしておけないのが互いの存在だろうから、「戦いから降りる」というのは「自らの死」に直結する選択だけど。

 ルルーシュにとって、一番幸せであり、多くの物を持ち得ていたのは、自らは不遇な時代と考えているだろう、ギアスを手に入れる前のアッシュフォード学園生活だったと思える。
 もしも戦いに勝利し、世界を自分の思うがままに変えられたとして、それで彼の心が満たされる瞬間は訪れるのだろうか。

 ナナリーのため、彼女の事など何とも思っておらず、自らの覇道のため戦ってきたと嘯くルルーシュだけど、それは本心に近かったのかも知れないなあ。
 妹や、多くの愛する者達に囲まれていたとしても、平穏な生活に飽いていく事は彼に耐えられず、それよりは、強敵を前にギリギリの状況で策略を巡らし、勝利を掴む…あるいは「無残に敗北して死を迎える」事の方を、選ぶのだろう。
 手段を選ばず野望や理想に焦がれる者は、やがて愛する者のみならず、自らをも その炎で焼き尽くす。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『我が家のお稲荷さま。』23.「お稲荷さま。だいえっとする」

 三人娘(こう括って良いものかどうか)のダイエット話。
 普通の女の子である美咲や、始終食べ過ぎている天狐はともかく、食べる事にあまり興味が無さそうなコウまで体重増加なのが意外。
実際は、護り女道具の持ちすぎ、といった理由だったけど。

 女の子の、体型維持に賭ける必死さをまるで意に介さない…そもそも美咲は別段太ってないのだろうが…昇。
 チーズケーキの店に彼女を誘うのは、いくらか「女の子」として意識し始めているからなのか、本当に「ちょっと食べてみたいけど一人じゃ入り辛い」からか。
まあ、女の子を伴って行きたいだけなら、天狐でもコウでも構わないはずだけど。

 超常存在同士の大抗争が勃発しそうになりながら、いつも致命的な大事に至らず、割と ほのぼの終わってしまうのが持ち味の作品。
どちらかというと、最初からこういう ゆる~い雰囲気で展開してくれる話の方が、好きだなあ。
美咲による、ほとんど空回りの一途さ懸命さが好きだから、という部分もあり。
 天狐もコウも、昇を挟んで三角関係を形成するようなキャラではないので「誰を選ぶか迷う」必要など無く、美咲の気持ちが大きく報われる終わり方だと、いいなあ。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『ひだまりスケッチ×365』11.「パンツの怪」

 気を失って倒れていたヒロについて、その原因を沙英が推測する。
ああ、いつも体重を気にしているヒロなので、ダイエットのし過ぎを理由と考えて間違いないだろうな、と思っていれば、「天井が低い場所」という、「ゆのは背が低い」事を表す会話で ほぼ消化し終わったと思っていた場面設定が もう一度意味を持ち、意外な真相へと繋がってくるのに感心。
 ちょっと、推理モノっぽいぐらい。

 ヒロのダイエットはアパートの謎部屋内部に関わり、天井の低い場所は吉野屋先生の おバカさんギャグ(笑ってしまった)に発展する、実に上手いネタの広げ方。
 もっと ほわほわーっと、取り留めがない終わり方をして構わない作品なのに、かなり考えた構成だなあ。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『魔法遣いに大切なこと 夏のソラ』10.「いのち」

 ほとんどの人が予想できていたんじゃないかと思うけど、指導教官がソラの胸に顔を埋めているように見えたのは誤解。
病気の発作に襲われた彼女を介抱していた、というのが真相、らしい。
あんな怪しげなやり方で行う介抱って?とは思うけど、動悸を確かめていたとか、そういうコトなんだろうか。

 驚いてドキドキする、そのドキドキのようなモノが止まらなくなって死んでしまう病気、って、何?
魔法遣いに特有らしいから、現実には無い病気なんだろうが、それにしても子供にするような説明。
 雷に驚いて動悸が止まらなくなる娘が、前回はイキナリお泊まりで問題なく朝帰りしたのか。
次第に悪化している、という事ではあるんだろうけど、シリーズ最初の方でトレーラーが目の前に落ちてきた時は、驚かなかったのかなあ。

 架空の病気を作るなら、作品の特色である魔法を絡めて、
「ソラは、病に苦しむ人を放っておく事が出来ず、無認可で次々魔法治療を行っていた」
「病気の治療は、(下に書いた『ダブルアーツ』の設定みたいに)魔法士の体に、患者を蝕んでいた病魔のマイナス因子を引き受ける事でしか、出来ない」
「大きな病気を全快させる度、魔法士は死に近づいていく」
とか、そういう理由付けでも。
 この辺をあんまり理詰め(?)にするのは好みじゃないかも知れないけど、「何でもできちゃう魔法遣いでさえ治療不可能な、不思議病気だ」みたいに語られても、「流行りの難病物として、死を挟んで泣かせに持っていきたい」意図ばかり強く感じてしまって。
 実際、とにかく恋人が死ぬ物語が人気を集めてしまう傾向はあり、そういう路線狙いなのか。

 物語としては、「結局ソラは死んでしまい、豪太や他の魔法遣い達が『大切なこと』を学ぶ」あるいは「魔法遣い達による違法魔法が起こした奇跡によりソラ全快、やっぱり何かを学ぶ」、どちらかになるんだろうな。
 上手く魔法を絡めて、作品を閉じて欲しい。
今回の内容なんか、魔法が無くても…無い方が自然に、成り立つストーリーだったから。
 ストリートミュージシャンがチラと見ただけのイメージから、ソラの幻を作り上げ、その行く先を突き止める、面白いと言うよりはストーリー進行に便利な、何でもアリの魔法を描くと、「どうやっても救えない命」という設定に重みが無くなってしまう。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK | HOME | NEXT