FC2ブログ

オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

映画『ダークナイト』

 映画『ダークナイト』を見る。
 監督・クリストファー・ノーラン、主演・クリスチャン・ベールを始め、主なスタッフ・出演者は前作『バットマン ビギンズ』とほぼ同じ。
 アメリカで驚異的な興行収入を上げており、正面から否定する感想を見た覚えがないので、かなり期待して、ハードルを上げての鑑賞。

 見る前は、『スパイダーマン2』のようなモノを想像していた。
バットマンが街を守る象徴となり、人々の心を一つにしていくような。
 しかし、実際はその真逆。
バットマンの存在が、「悪と適当に共存している」街の体勢を崩し、激しい対立を生む。
それが、悪を憎むバットマンと正反対の…しかし同族の匂いを放つジョーカーを呼び込んでしまう。
 市民に理解されるスパイダーマンに対し、大事なものを失い、人々から憎しみさえ受け、負の感情を黒いスーツへと一身に受け止めていくバットマンの切なさ。

 バットマンとジョーカーが、実は紙一重だという事を、「二面性」を表すキャラクターを通して見せていく構成が、見事。
 恐怖の対象であったコウモリに、自らが変わり、街を守る「恐怖」になっていく前作のストーリーも素晴らしく上手かったけど、今作もまた、色々読み取るのに不足しない深さと、『バットマン』という作品に対する強い愛情が溢れている。

 ジャック・ニコルソン版に比べ、ヒース・レジャーによる今作のジョーカーは、救いようのない狂気を帯びており、「世に害をなす悪党」というよりは「最悪のテロリスト」と感じられて、怖い。
 次々繰り出されるジョーカーの策略(手を変え品を変え、よく考えてある)が、人々を追い詰め、平時は秘めてある悪意を、そしてある者からは善意を引き出す。
 自分の命をも平然と賭けて、「殺さなければ殺される」状況を作り上げ、他者を弄ぶ彼の有り様は、ちょっと『SAW』ジグソウにも似て思える。
ジョーカーの場合、人間の醜さを顕わにしたいのであって、助かる道を用意していない事も多いのが、人を試しているジグソウとの違いか。
 キャラクターの根幹を成す毒々しいユーモアは健在で…笑うよりは狂いっぷりにゾッとさせられるばかりだけど…道化は演じてくれる。
施設爆破の際、反応の悪い起爆スイッチを何度も押して、いざ大爆発が始まると体をビクッとさせ慌てて車に逃げ込む動作は、ちょっと可笑しく、可愛かったかなあ。

 執事・アルフレッド役のマイケル・ケインが、飄々としながら渋く要所を締めていて、好き。
生粋の執事なのかと思えば、若い頃は戦場で剣呑な仕事も遂行してたのね。ケインの役者歴にも重ねて?
 彼と、フォックス役のモーガン・フリーマンが、無理難題に「そんなこと出来ません」と決して言わない遂行能力の高さでバットマンを支えており、頼もしい。

 ジョーカーにより混乱に陥れられる街には、もう何だか言い飽きたし聞き飽きたろうけど、「9.11以降」を感じさせる緊張感がみなぎる。
 アクションの演出には迫力があり、前半でバットマンが見せるビルからの脱出アイディアには、無茶だと思いつつも感心させられてしまった。

 最後まで見ると、タイトルが、ヒーローの「バットマン」ではなく、「ダークナイト」である意味が染み通ってくる、重く、苦しく、痛く、悪を成す個人を倒し、しかし誰の心も救う事は出来ず、全てを背負って一人走り去っていく闇の騎士の背中に「漢」を感じずにはいられない、傑作。
スポンサーサイト



映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |