FC2ブログ

オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『ストライクウィッチーズ』最終12話.「ストライクウィッチーズ」

 かなり詰め込んだ最終話。
せめて後一話ぐらいあれば…

 攻め込む戦いを目論む軍上層部や、ネウロイにより大事なものを奪われ・喪わされ、その行動の基本に「怒り」や「敵意」がある他のウィッチーズと違い、元々戦いを忌避する気持ちが強い芳佳の特殊さ。
物語の進展と共に、彼女を戦士として成長させる事で、その性格付けは薄れていくモノと思っていたが、最後までそこからブレず、「大事な物を守る戦い」としてクライマックスを構成する巧さに、感心。

 再度集結する仲間達、悪い上官に対し糾弾・失脚への見通しを立て、全員が出撃しての戦いへ。
戦艦を取り込んで浮上するウォーロックを敵にして、これまで関係性を描いてきたキャラクター達が、その成果として、納得できる連携戦法を見せる…ラストバトルに相応しい盛り上がり。
 「これでお仕舞い」を具体的に映像化する、芳佳・ストライカーユニット・ミサイル攻撃(?)。
ちょっと『Vガンダム』を思い出してしまったり。

 ネウロイの撤退?が よく分からないけれど…
 ウォーロックのコアは、軍により回収されたネウロイのはず。
ネウロイ本隊の目的が、『ナウシカ』王蟲のように「危機に瀕した仲間を連れ戻す」事にあったとすると、既に正常な思考能力を失わされたウォーロック・ネウロイが迎えた死により、人類世界での作戦行動が終了したから…とか。
 最後の最後で示される「芳佳父からの手紙」など、第二期の制作を前提としているのか、謎を残す終わり方。

 全体として。
 「美少女が編隊を組み、必要以上にパンツを見せながら生身で、デカい機銃を抱えて謎の敵と空中戦を繰り広げる」という、どうやっても商売先行・狙いすぎアニメにしかならないような題材でも、真面目に、頑張って作れば、侮れない作品が出来るのだ、という事を知らしめてくれたアニメ。
 オープニングを見て、多すぎる!と思ったレギュラーキャラクター達だけれど、それぞれ分割して一話ずつ丁寧に描かれるウチ、きちんと個性を持った女の子として把握できるようになっていった。
こういう作品の鑑と言って良い構成だろう。

 最後まで全く崩れず、高水準を維持した作画もポイント高い。
 最終話でも、田中宏紀による素晴らしい作画が見られ、眼福。
髪の毛のはためき方、細かく個性を持たせた動きの演技の付け方など、レベルが高いこのアニメの作画中であってさえ、「ここは、そうでしょ」と分かる突出した巧さ。
 今後の更なる活躍を楽しみに、お名前は覚えておいた方が良いんだろうな。

 作品への不満を言うなら、やっぱり「まだ足りない!」という事になる。
キャラへの彫り込みの丁寧さから、てっきり2クールのアニメだと思っていたぐらい。
 せっかく立てたヒロイン達のキャラクターなのに、コレで終わりじゃ勿体なさ過ぎる。
 同じスタッフ・同じ制作体勢で、是非、「この先」を見せて欲しい。
スポンサーサイト



アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |