FC2ブログ

オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

電子レンジ、ご臨終

 電子レンジがプチンというような音をたてて、ご臨終。
十年以上も酷使してきたからなあ…結構ガタが来ていたこともあり、通販で買い換えを決める。
 しかし、到着までに時間を要し、特に〆切の最中は食料関係を電子レンジに依存する割合が多いため、現状、まるで使えなくなってしまうと困る困る。
 買って冷蔵庫に突っ込んであるコンビニ弁当なんか、どうしたものだか。
冬なのでさすがに冷たいまま食べる気にはなれず、フライパンで火を通すとか、ご飯は炊飯器に入れておくとか考えるが、どれも多少なりと時間が掛かってしまうので悲惨な仕事の最中は歓迎できなくて、つい「そうだ、娘の哺乳瓶を簡易煮沸消毒する容器にバラして入れ、電子レンジに突っ込めば手間なく暖まるぞ」とか思い始めていることに気が付き、だからレンジは使えないんだって!と自分で呆れてしまう。
 この便利な機械が使えない日常、というのを想定していなかったからなあ、オタオタするばかり。

 娘、つかまり立ちが かなり上手くなり、立ち上がってはこれまで手が届かなかった高いところにあるアレコレを引っ張って落としまくるので、部屋がムチャクチャ。
 仕事中、机の下から小さな手が にゅ~~と伸びてきては、リモコンやミリペンやマウスを掴んでまた下へと消えていく。
 それも更に進化を遂げており、前まで下ろしてきたモノはただポイと床に投げ出していたけれど、最近はしばらく じ~~っと見て、考えるような顔をしてから、決然と横に置いたゴミ箱に突っ込む場合が。
判断基準は分からないけれど、「それは勘弁して」という物品をゴミ箱に、比較的どうでもいいものは床に放り出してある確率が高い。
 これを「悪魔の、もとい天使の事業仕分け」と命名。
 賢い……んだかどうなんだか。
親を困らせる才能があるのは、確か。
スポンサーサイト



日記・雑談 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |