FC2ブログ

オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『Panty & Stocking with Garterbelt』最終13話.「ビッチガールズ」「ビッチガールズ2ビッチ」

 やりたい放題のこのアニメも、最終回。
 基本、一話(十五分)完結が原則なのに、前回からストーリーを引いてきて、今回三十分まるまる一つの話…いや、シリーズすらまたごうとしている形式。

 デイモン姉妹の上位にいる強敵・コルセットの恐るべき計画、ストッキングが天界に帰り片翼をもがれる天使勢、ダメ少年だったブリーフの意外な素顔、これまでの「悪行」を無かったことにするかのようなパンティーの膜再生、愛により結ばれるパンティーとブリーフ……
シリアス寄りの展開が連続し、もう一押しで真面目な感動まで演出できそうだった。
 が、最後まで制作姿勢をブレさせる事なく、茶化して引っ繰り返して「今までの話は何だったんだ~」な馬鹿話へと転調。
 天使側の最終兵器が、パンティー・ストッキング・ガーターベルトを身に纏った巨大女性の実写下半身だ、という悪ふざけが何とも。
意味を取るなら、天界とは自分達が生きる現実人間界のことであり、エロ・グロ・ナンセンスな行動を取る天使達を罰せず容認しているのは、最後まで視聴し続けた自分達「神」なのか。

 いかにも第二期に続く、といったクリフハンガーな終わり方をしているが、まあシャレなんだろう。
 もしかして大儲けのコンテンツに化けた場合には制作決定!も有り得るけど、「売る」って事はあんまり考えていないアニメのような。
 視聴者のご機嫌を損ねないようパターンから外れない「萌え」中心の作品を作っている…ような印象さえある現状のアニメ界で、こんな無茶苦茶なモノを作るアホな(誉め言葉も兼ねて)制作者が居るのは、いっそ清々しかった。
スポンサーサイト



アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |