fc2ブログ

『ソードアート・オンライン』01.「剣の世界」

 原作未読。
 意識没入型・大規模ネットワークゲームの世界を舞台とした作品。
本来「ゲーム」として安全に・割り切って楽しめば良いはずなのに、何かを切っ掛けとして本当の生死を賭け、戦わなければならない場へと変容してしまう。
十年ほど前からメディア展開している『.hack』シリーズや、海外ドラマ含む多くの作品で見られる、非常にスタンダードな設定。
 現在ではゲームのハード性能が大きく上昇しており、昔は夢でしかなかった「実写とも見まがう広大で美麗な世界」「生活をも可能とするプレイヤー自由度の高さ」「ネットを通し世界中の人間とゲーム世界で関わることが出来る」これらは、既に実現。
 手持ち・ボタン押し型の伝統的コントローラーパッドを介さないゲームプレイ環境にしても、WiiコントローラーやXbox360のKinect、PS3のモーションコントローラなどにより、進化が見られる。
さすがに「脳に直接アクセス」は実現が難しそうだけど、より体感的にゲーム世界へと没入させるハード的な工夫は、今後も成されていくだろう。

 そういう時代に始まった、今作。
 ゲーム世界の基本的情報提示、そこで出来た友人との関わり、ログアウトできない緊急事態の勃発…辺りまでは、全くもう既知のストーリーパターンで、破綻はないが新鮮味もなく。
若い世代に向けた入門編的な作品なのかな、と思っていたが…
 危機的状況に主人公が即座に対応、「プレイヤー全員を助ける」理想的行動でなく、「自分が生き残るのに効率的な方法」を採ろうとするところから、俄然面白くなる。
いや、そこで第一話は終わってしまうんだけど。

 一度ゲーム世界を体験しているが故の優位、他プレイヤーは目的が同じであっても仲間・味方とは限らないという割り切り、与えられた目的クリアのための理性的な計画立案、これらが「ゲーム的に」大変面白い。
 限定条件下で生き残りを求められる、ソリッド・シチュエーション・スリラーを思わせる筋立て。
 ここから、仲間が出来てパーティを組み、レベルアップしつつ上の階層を目指していくことになるのだろうが…
漫然とぬるくせず、「命が掛かっている」危機感を漂わせた内容で、『DEATH NOTE』『カイジ』といった作品のようにギリギリ脳を絞った知能戦を見せてくれると嬉しい。
 どう転がっていくのか、様子見。

『DOG DAYS′』01.「勇者見参!」

 約一年の期間を置いて、第二期の開幕。
 一期は、かなり好きな内容だったので嬉しい。

 前期ラストで約束していた通り、主人公が異世界・フロニャルドへと帰還(再来訪?)するところから始まる。
一人ではなく、今度は現実世界の少女、レベッカと七海を伴って。
 ミルヒオーレ姫様、親衛隊隊長エクレール、ちびっ子リコッタ、忍者ユキカゼ…は真意が分からないから置いとくとしても、既に十分ハーレムというかヤヤコシく危うい関係が築かれているというのに、二人の美少女の参戦を自ら招くとは迂闊だぞシンク!
面倒な話になりそうだなあ(笑)。
 とはいっても、前期がそうだったように、彼と彼女らの「好き」はまだ「独占欲に欠ける、子供の『好き』」なので、大した問題にはならないのか。
年月の経過と共に、多少は成長した?

 誰も死なないスポーツ競技に似た戦争、国を超えお互いを思い合う王族、邪念が無く真っ直ぐな主人公、一生懸命な少女達…心地良い異世界を形作っていた要素は健在。
 もう一国を加え、三カ国それぞれにシンクと少女二人が分散することになるのかな。
七海は確かに強い戦闘力を持っているようだけど、レベッカは未知数。
体術ではなく、自らの内に潜む魔法・超能力類に目覚めるパターンだろうか。
知性に優れているなら天才的軍師となる手も。
 頭を撫でられ素直に嬉しさを表しシッポを振るミルヒオーレ、躊躇いなくシンクに飛びつくリコッタとユキカゼ、冷静に振る舞おうとするが堪えきれずシッポを揺らしてしまうエクレール、再会の最初から全開でみんな可愛い。
 シンドイ話はそこそこに、「ぬるい」と悪くも言えるけれど、「癒しと優しさに満ちた作品世界」をこそ、最後まで楽しませてくれると嬉しい。

『探検ドリランド』01.「ハンターになりたい!」

 携帯のゲームが原作で、未プレイ。
 ゲームの方はTVCMをガンガン流しており、ちょっと食傷気味な上、コンプガチャなど宜しくない話題もあり、良いイメージを持てないまま視聴。

 あれ、しっかり出来てる。
 正統派の子供向けファンタジー作品、といった体裁で、変わったことは特にやっていないけれど、分かり辛いところ・嫌なキャラや展開もなく、第一話として、ごくまっとうな出来。
 アクティブな姫様は、その行動故に迷惑を掛けてしまうが、その責任をしっかり取った頑張りが見られ、好印象。
 姫が巨大な敵相手に必死の攻撃でぶつかり、そのまま敵の体をコロコロと転げ落ちてしまうのがコミカルで可愛い。
予算があるのか画面はよく動いて、目に楽しい仕上がり。

 しかし、この健全さなら深夜枠で放送する意味が薄いような。
夕方か日曜朝の時間帯こそふさわしい。
 これは継続視聴の必要ないだろう、という予断を持っていたのに、見続けたい気分。

『じょしらく』01.「普段問答」「ふく違い」「叫び指南」

 原作未読。
 冒頭の落語シーンを見て、ああ、落研の女の子達が今はたどたどしいけれどいつか客席を沸かせるような噺を出来るようになりたい!と思いつつ仲間と共に精進したり青春したりする作品なのかな、と思えば大違い。

 そうか、原作(漫画作画は別の人)が『絶望先生』の久米田康治なのね。
それらしく、一つの取っ掛かりから、妄想というか言い掛かりというか…的に、わーっと話題を広げるパターン。
 といっても、「女の子達の可愛さを楽しんで頂くため、会話は差し障りのないものを」が名目上テーマらしいので、久米田先生の他作品ほどは脳をギリギリ絞らず、少しゆる~くして、その分、確かに見易くなっており、キャラ同士の他愛もない会話劇、と思える部分も。
 しかし、各話後半に入ると本気になるのか暴走が始まり、特に「海に向かって叫ぶ言葉」は大笑い。
もうちょっとダークに突っ込んで欲しい気持ちもありつつ、ここまでだって怒られてしまう可能性はあると考えれば、名目テーマに沿っては既に「やりすぎ」かな。

 最初からアニメ化の意義にキャラクター達が疑問を呈するヒネくれ方が、可笑しい。
それをギャグに昇華すべく、ほとんど無駄に細かく動かしてみせる余裕もイイなあ。
 油断無くネタを聞いていないと流れを見失ってしまう、というほどタイトな作りではないので(今のところは)、気楽に見られる。
 ズルズルと最後まで見続ける予感。

『カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~』01.「はじまりの物語」

 原作未読。
 見知らぬ異国…イタリアの街、言葉も分からずお使いで訪れた主人公は、巨大な「神」と出会う。
ちょっと馴染み辛い冒頭部だけど、「突然、刃物を突きつけてお使いの要件である石版を渡せと迫る美少女」が登場した途端、一気に分かりやすくなる。
取りあえず難しい事柄の理解は詳細を説明されるのだろう次回以降に回し、主人公と彼女の関係性を中心に見れば良い、ということが。

 半裸のサービスカットを披露し、泥酔した醜態まで晒すエリカが楽しい。
酔っぱらうのは単にコメディー要素かと思ったが、耐え難い任務の重責・意外な内面の脆さも同時に表現させているのが上手い。
 強大な力を持つ神々の戦いを頑張った作画で表しており、迫力あり。
しかし、油断し、余裕を見せすぎて主人公の一撃を喰らう少年姿の神は、ちょっと間が抜けている。
まあ、こういう神話上の神々は、人間の悪癖を極端にした形で体現していたりするモノだけど。

 これから面白くなりそう…かは、まだ判断できないが、ヒロインだろう戦う少女は魅力的に描けていると思う。
 しばらく様子見で。

『この中に1人、妹がいる!』01.「見知らぬ妹からの声」

 原作未読。
 以前、「父親の死によって膨大な遺産を相続した主人公の元に、『自分は幼い頃に離縁されたあなたの母親だ』と名乗る女性数人が現れ、誰が本当の母で、誰が遺産目当ての虚偽申告なのか分からない」というお話を考えたことがあるけれど、なるほど、そりゃ妹の方が一般向け。
 妹の存在を学校内に混ぜて分からなくし、在学中にそのうち誰かと結婚しなければならないという条件付けで、タイムリミットとサスペンス?要素を入れられる、なかなか上手いアイディア。

 最初に出会う心乃枝が、もうイキナリ積極的で、誘えば(誘いに応えれば)ドコまででも行けそうな危うさを披露。
ゴミ捨て場前や風呂での行動など、発情過多に思え、草食系男子は若干引いてしまいそう。
 妹だとしても違うとしても、心乃枝より僅かな接触時間しかないのにキスを迫る雅だって、相当なモノ。
 もう少し…夢シチュエイションに移るまでのタメがあった方が良いような気もするけど、「お客様の願望充足」をテーマに据える作品としては、出し惜しみせず妄想実現サービスを重ねるべきなのかな。

 トラックにはねられそうになった心乃枝を主人公が助けるシーン、当然突き飛ばしたのだろうが、肝心の瞬間が描かれておらず、駆け寄って突き飛ばしたにしては直後の主人公の挙動もおかしいし、うーん。
劇的であるべき、高い窓越しに交わす妹との初(久しぶり?)会話も、何気なく演出されていてドラマティックさが足らず、印象に弱い。
 ストーリー性は重視せず、少女達の可愛さと妄想的お色気サービスでのアピールのみを狙う、対象層が分かり易い、一話に反発を感じた人はもう二話目以降見る必要のない、潔いとも言えるアニメ。
 もうちょっと見て、盗めるモノなら優れたアイディアを盗みたい。

『もやしもん リターンズ』01.「もやしども起つ」

 原作未読。
 第一期は2007年の放送だったのか、結構時間が経ってしまっているので、大筋はともかく細かいことを忘れてしまった。
菌の見える男が主人公、ヒロインは結城、これは間違いないだろう。
 しかしホントに結城、「普通(中性的ではあったが)の男性が急に女装して可愛くなった」特異性を除いても、どうにも危なげな、気掛かりになるキャラクターで、大抵はしっかりしているこの作品の他女性キャラよりずっとヒロインっぽい。

 コミカルな雰囲気は楽しく、菌が可愛く、情報部分は勉強になる。
変わらず面白い内容。
 結城が菌に醸され、膨らんじゃったり一部取れちゃったりして本物の女の子になるとイイんじゃなかろうか。
いや、そうすると逆に危険な魅力が落ちてしまうのかな?
 今期も最後まで見続けたい。
余程変わった展開がない限り感想を書かないタイプの作品。

『恋と選挙とチョコレート』01.「廃部!」

 原作ゲーム未プレイ。
 朝方、眠っている主人公を美少女が起こしに来るところから始まる、由緒正しい萌え作品。
…なんだけど、冒頭で謎の少女がヤバげな取引を撮影、気付いた犯人の?車に跳ねられて血の海に沈む、といった不穏なシーンが入れられているのは異色。
 事件の真相に迫るサスペンスも柱にし、単に美少女ハーレムでは終わらせまいとする姿勢の表れか。

 といっても、本編は「お菓子ばかり食べている、美少女だらけ部活の存続をかけ、生徒会長選挙に挑むことになる主人公」なので、緊張感が持続する訳も無く、弛緩。
 女教師が部室内で飲んでいるビール状の液体、てっきり「実は炭酸入りオレンジジュースだよ~」ぐらいに温い真相があると思ったのに、見たまんまビール。
自堕落な女教師は漫画・アニメによく登場するけど、学校で朝から飲酒する剛の者はさすがに珍しい。

 主人公だけに見えるらしい、他男子生徒の「頭で回るタケコプター」や「覆面」は、今後の展開に影響してくるのだろうか。
 まだ女の子達の見分けは付かないものの、可愛いデザインに出来ていると思う。
 萌えとサスペンスのバランスは取れるのか……
視聴継続か終えるかは、三話目ぐらいまで見ての判断で。

『機動戦士ガンダムAGE』39.「新世界の扉」

 セカンドムーン周辺宙域でヴェイガンと海賊達の激戦が繰り広げられる中、長々と語るイゼルカントにより、彼が目指すものが明らかになった。
 「人類社会から戦いを根絶する」…それは立派なお題目だけど、そのために取った手段が、連邦コロニーのみならずヴェイガン居住地に対しても行ったらしい破壊活動による住民殺戮。
 ???そこからどういう理屈で戦いのない世界が出来るというの?
 奇跡的な確率で生き延びた人が居たとして、それは『ボトムズ』異能生存体…死なない兵士の素材に近いというだけで、戦いを無くすることとは関係ない。
ああ、「どんな武器でどれだけ攻撃しても、お互い決して死なない人間だけの世界」が出現したなら、労力の無駄にしかならない戦いなんてしていられないかも。
しかし、そういう人間は恐ろしく個体数が少なく、種の維持を困難にしそう。

 どんな危機に見舞われても生還するフリットは、この異能生存体っぽいのかな。
 ただ、彼もそうであるように、ヴェイガンの攻撃により愛する者・故郷を破壊された被害者は、憎しみを募らせ復讐を考える可能性が高い。
平和な世界を作りたい目的とは、正反対の反応を引き出しそう。
 限りなく続く戦いと無差別殺戮…膨大な戦死者による人類絶滅への危機感、それらによっては、現実でもそうであるように「短期間の平和」なら実現できるかも知れないが。

 そもそも、銀の杯条約により兵器が撤廃され(マフィアやMS鍛冶が何気なく所持していたけど)、根絶…は無理でも、大量の死者を出す戦いは、かなり長い間起こっていない設定じゃないの?
そこに波乱を起こして憎しみの種を播いて、何をしたいのか理解不能。

 イゼルカント自身が銀の杯条約の提唱者(この頃からコールドスリープを使用)→年月の経過と共に条約の穴をぬって違法武器所有が横行→火星移民計画を主 導、「失敗」「(本当は起きていない)地球側からの非情な切り捨て」を喧伝して移民者の怒りを煽る→ヴェイガンを興し、戦端を開き、強力な武器による戦い の恐ろしさを宇宙に知らしめる→双方が戦いに厭いた頃、停戦条件としてより厳格な「新・銀の杯条約」を締結、今度こそ宇宙から武器を撤廃
……とか?
 でもなあ、それならグズグズしてないで、戦力差の大きいウチに地球を占拠、人類社会のトップに自分が立って、独裁的に兵器撤廃を推し進めれば良いような。

 イゼルカントは劇中で「救いようのない狂人」として描かれているのか、制作者が精一杯考えた動機付けがこの程度なのか。
 言動も行動もオカシイだろうに(真意を糊塗したニセのお題目に照らしても変)、こんなアホに長い間従っているヴェイガンの民も、何だかなあ。
それは現実世界の某国も、そうか。
 この物語は、狂った独裁者を倒して終わりになる、あるいはザナルド辺りがクーデターを起こしてもっと単純に連邦全滅を企んだところで撃破か。
 イゼルカントといいフリットといい、「思い込みが激しくて他人の言うことを聞かないジジイって迷惑だよね」をテーマとしている?

 レギルスに、AGEが最初四肢を破壊されるのはともかく、ボディーを換装した後もう一度同様に(シーン使い回しかと思うほど)破壊されると、ギャグのようだ。
 海賊が逃亡の交渉に使った巨大岩塊は、もっと(演出的に)早く出すべきじゃなかったろうか。
セカンドムーン宙域で、急襲による動揺も収まったろう頃にヴェイガンが出してきた迎撃戦力を、海賊達だけでマトモに戦ってそこそこの時間持ち堪えてしまうと、やっぱり連邦なんか必要ない気分になってしまう。
 キオはこれからどうするのかなあ?
「ヴェイガンの悲惨な現状(付随して連邦の非道さ)」を広く語れば、連邦の結束に影響しそう。
「イゼルカントの狂った妄想」をヴェイガンの民に聞かせれば、体制の激変が起こるだろう。
 …でも「さしたる動きを見せない」というのが一番ありそう。

『うぽって!!』01.「にぎって たもって」

 原作未読。
 新番組…ではあるけれど、Wikipediaで見ると、ニコニコ生放送で既に公開された十話分をこれから順次テレビでも放送、ということらしい。
 現実とそう変わらない世界、唯一違うのは、少女達が通う学校でごく当たり前のように銃器の取り扱い方を教えていること。
 第一話では、そんな授業が成されている理由は不明。
他国やエイリアンなどと戦わなければならない必要から、とか、『咲-Saki-』での麻雀のように銃器に対するテクニックが広く競われている、なんて背景があるんだろうか。

 …などと思いながら見ていたが、えええ?登場する少女達自身が銃だってのはどういう意味?
「弱き者達を守り、悪を滅ぼす一挺の『銃』になれ」といった気分的なモノでなく、「実際の銃が少女の姿をとっている」らしいけども。
銃の形状・特徴が少女の下着に反映されていたりするし。
 モビルスーツの外装を着込んだ(一体化してる?)MS少女や、『びんちょうタン』『ヘタリア』みたいな擬人化キャラクターだということか。
 しかし、銃少女が銃を持って撃ってくるのは何なんだ?
自分自身が銃じゃないの?
 まあ、人間大MS少女がモビルスーツのコックピットに座っている絵は有り得る、そんな理解で良いのかな。
 銃だとは言いつつ少女達自身に弾丸を撃ち出す能力があるのかは分からない訳だし。
 年月を経た銃の付喪神化、銃の妖精、銃を原材料として魔法的に作られたホムンクルス、あるいは心を病んだ男性教師が学校を模した病院で見ている幻覚…こ れもWikipediaによれば銃の外見が少女になっている理屈は原作でも描写がないらしいので、好きなように受け取れば良いか。

 作画は頑張っていて、女の子達が可愛い。
 男性教師の顔に黒いグラデーションが掛けられており、「これは第三者キャラではなく、あなた自身です」とするゲーム風。
 第一話は設定インパクトと微エロ、軽いコメディー調で楽しく見られたけど、この後は…?
どう面白くなる作品なのか、興味を持ちつつ視聴継続。
プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク