FC2ブログ

オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『ミス・モノクローム -The Animation-』01.「FALL」

 録画してあったデータで見たため、てっきり三十分番組だと思っており、イキナリ終わるのに驚いてしまった。
 アンドロイド?で、アイドルと自己申告しつつ、しかしそれらしい仕事は無く、人間の女の子を拾って住まわせているミス・モノクローム。
ちょっと詰め込みすぎているような…設定は順次紹介していった方が分かりやすいのに…という事も承知なのだろう、「時間が無いから些事は飛ばすしかない!」事情を逆手にとるように、人間少女は恩を仇で返して金を持ち逃げし、モノクロームはマネージャー?によりアイドルと関わりのないバイトを強いられるアレヨアレヨの目まぐるしい展開で、何だか笑ってしまう。

 もう目が離せない!なんて事もないけど(五分アニメの第一話でそんなツカミ方、無理)、少し先を見てみたい気持ちにはさせられた。
 忘れなければ視聴を続けたい。
スポンサーサイト



アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『恋愛ラボ』最終13話.「その手を重ねて」

 基本的には、女の子たちが集まってウダウダと過ごし、友情を深め合っていくパターンの物語。
 「誤解により莉子が恋愛の達人扱いされる」というのは、ギャグとして最後まで引いていくものと思っていたので、キツイ逡巡を経て勇気を持ち告白するシリアスなクライマックスに繋げたのが、意外。
いや、笑わせながらも、女の子たちは常に真面目だったし、所々にドラマティックさを挟んではいたのだが。
 といっても、「これで友情が壊れるのでは」と思って見た視聴者はほとんど居ないと思われ、予想通り更に友情を深化させるイベントとなった訳だけど。
 子供のようにわあわあ泣き合う莉子・マキには、ちょっとホロリ。
いい友達だなあ。

 どの女性キャラもそうだが、特にマキは、「カレシ欲しいー!」と一言口にすれば男達が群がるだろう容姿と能力を備えており、恋愛研究なんか要らないのになあ…
ただまあ、劇中でも示されたように男性を前にしたら意識しすぎて奇行に走ってしまうのと、純粋培養お嬢様であり繊細な内面に釣り合う男性を「周囲が」厳しい目で見極めるだろうことが、大きな障害になろうか。
 付き合いやすいのは、メガネのサヨのような。
ベタベタせず(しなさ過ぎ?)サッパリしてくれそうで、楽に思える。
しかし、男を甘やかしてくれる要素が薄すぎるのは、疲れた時にはちょっと問題。
 エノ…ツンデレなキャラとしてもっと個性を発揮できるはずだったろうが、周囲のアクと作品雰囲気のためか、ちょっと影が薄かったのは残念。

 高い水準の作画で、女の子達はずっと可愛く描き続けられており、それだけでも価値がある。
 マキの妄想暴走など、ギャグとして笑わせられてしまうところ多々。
 莉子に告白したという男子の、忘れられたその顛末が語られなかったのは心残り。
メガネのキツい男子も内面は悪くないようで、彼らがいずれ莉子・マキと恋愛関係になる…のかな。
 この高いレベルをキープできるのであれば(難しいことだと思う)、第二シーズンも希望したいところ。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |