FC2ブログ

オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『境界の彼方』03.「ムーンライトパープル」

 前回は、秋人のネコ耳母が全部持って行ったような感じ。
「頭のネジゆるそうな巨乳のお母さんって素敵やねぇ~」いや本当、同人誌のネタにされそう。

 今回は、未来の過去(ややこしいな)が語られ、彼女の抱える事情が垣間見えた。
 バトルとコミカルな描写を混ぜながら、少しずつ話を進めてくれるので、分かりやすい。
 しかし…ここまでのところ、京都アニメーションの驚くべき高品質な演出と作画で丁寧にアニメ化されているため「特別な作品」足り得ているけれど、中身は、割合と良くあるライトノベルそのもののような。
発想が飛んでいる『ハルヒ』、パターンを裏側から見た『中二病でも』と比べても、普通に伝奇アクションをやっているように思える。
 それが悪いという訳ではなく、特に難しいところが無いし、気軽に見られて楽しくもあるのだけど。

 凄い力を持ちながら、いつもお金に困っている未来が可愛い。
血液の剣を操るのはともかく、何気なくトラックに飛び移ったり、体術も相当なもの。
どこかで鍛えたのか、「血筋」で出来るのか、剣を形作るのと同じ要領で体内の血液流を操って常人ならざる挙動を可能にしているのか。
 真面目な顔で妙なことを言う部長・美月、毒舌気味の彩華、ほわっとした愛…女の子達がみんな可愛くて嬉しい。
スポンサーサイト



アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |

『京騒戯画』02.「やってきたのは妹」

 前回は分かりやすく、ゼロ話の不可解さをかなり埋めてくれた。
あー、それなら二話目まで見れば分からなかった所の大部分が理解できるようにしてあるのでは、と油断したけれど、また不明点が増えたような。
 何だか分からないシーンがあると、もうそこで集中力が途切れてしまうのは、ジジイになったからか元からか。
 ゼロ話を意味不明にしかとれなかった視聴者に対してフォローが成されたように、今回の話を飛び飛びにしか覚えていない人にも、これから親切な説明があると良いなあ。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |