オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『ウィッチクラフトワークス』04.「多華宮君といじわるな妹」

 万能無敵、無表情で敵対する者に容赦なく、しかし多華宮にはベタ甘い綾火のキャラクターが凄く良くて、それだけでも楽しく見られてしまう。
 戦いはほぼ綾火が担当し、多華宮は、そのけなげさ可愛らしさ正しさでもって守護者が戦うべき理由を提示し続ける。

 たんぽぽを始めとするメデューサの部下五人衆、最初に登場したせいもあって、個別の描写による大きな存在感主張や多華宮に惹かれていく感情変化、「べ… 別にアンタを助けた訳じゃないんだからね!」的デレなんかも期待したんだけど、敵ポジションの魔女が続々現れ、多華宮に対し特別なポジションにある霞まで 主張を強くしたことで、影が薄めに。
彼女らが歌って踊って拷問を受けるエンディングが好きなせいもあり、もうちょっと頑張って欲しい所。
 その、霞。
兄に対する異常な執着。
嫉妬?の余り、兄に対して危害を加えるそぶりさえ見せるほど。
「狂」が感じられて、好きだなあ。

 しかし、「妹が魔女でした」という事に対する多華宮のリアクションの薄さは何事か。
多発する異常事態に、さしたる混乱も疑問も見せないのは驚き……一々驚いていたら身がもたないぐらい異常だらけな世界ではあるが。
 作画は崩れず高い水準を保ち、一瞬で決着が付くモノを含み魔法バトルに見応えがある。
 面白い。
スポンサーサイト
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『スペースダンディ』04.「死んでも死にきれない時もあるじゃんよ」

 手間も暇も優秀なスタッフも予算も投入して見せる、悪ふざけ(笑)。
 一話目で、「こんな続き方して次回はどうなるんだろう」とか考えてたのが恥ずかしいぐらい、一話完結というか投げっぱなし、「細かいことは気にするな!」とばかり突っ走るアニメ。

 ゾンビ話、なかなか楽しかった。
ほとんどこのジャンルのフォーマットをなぞってるんだけど、対象が宇宙人なだけで、怖さ皆無になるなあ。
 主人公・ダンディまでゾンビになってしまうのが独自色。
 ちょっと、『ビバップ』で艦内に出現した謎の生物?に襲われる話と似てるが、最後に責任を取らない(オチを付けない)のはこの作品らしい。

 ダンディって、どっこもダンディじゃないよね。
服装も行動も「スペースヤンキー」ぐらいが相応しい。
 銃の腕はマイナス方向に天才的で、戦って強い訳でもなく、頭が回らないどころか常に最悪の方向にばかり行動してしまう、ダンディの役立たずっぷりが凄い。
このダメ才能、活かせる時は来るんだろうか。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『未確認で進行形』03.「ラブコメの波動を感じる」

 原作漫画未読。
 三話目まで視聴。
 恐ろしいくらいストレスなしでスイスイ見られるコメディー。

 優秀でありながら妹(可愛い子)好きが行き過ぎて異常言動・行動を連発する紅緒。
 その紅緒に振り回され酷い目に遭わされていつも怒ったり怯えたりしている真白。
 この二人のやりとりがとにかく楽しくて、本来の物語主人公であろう小紅、ラブコメ展開相手になるはずの白夜は影が薄いこと薄いこと。
「男のような喋り方をする小紅」というのはキャラ立て要素だろうと思いつつ、二人に押されてセリフ数そのものが少ないためか、たまの男言葉に??と違和感を持ってしまう。
 いや、感情表現がド下手(でも一生懸命)な白夜と、女の子っぽい小紅の、まだ全然慣れないやり取りは微笑ましいんだけど。
 作り手自身も、紅緒を暴走させ、真白をイジメる方が楽しくなっている模様。
エンディングでは、どう見ても真白がヒロインだもんね。

 とにかく可愛らしいアニメで、安定した作画・繰り出すギャグにより、お気楽に見られる。
 最後まで見続けてしまいそう。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『いなり、こんこん、恋いろは。』01.「いなり、初恋、初変化。」02.「試練、ひめごと、天照。」

 原作漫画未読。
 タイトルから前期『ぎんぎつね』みたいな内容かと思い、確かに似た部分はあるけど…どちらかと言えば『かみちゅ』系統の話。
いや、神の力を得たとはいえ変身能力だけな訳で、魔法少女物バリエーションかなあ。

 いなりの恋敵(かと思われた)朱美など、ストーリーに波乱を起こすべく腹黒に描きそうな所を、とても良い子に設定してあり、見やすい。
それは、厳格そうな天照大御神にしてもそうで、内面はお祭り好き・人の良いオバチャン。
 今のところ一癖ありそうなのは、いなりの兄と友人・京子といった「味方側」か。
この二人だって、内面を描くエピソードを経れば印象が大きく変わりそう。
 巨乳で美人、ゲームなど非現実のキャラクターに恋心を抱く腐女子的女神・宇迦之御魂神が可愛い。

 癒やし系、負担なく見続けられそうな内容。
アニメ | コメント:2 | トラックバック:0 |

『Wake Up, Girls!』03.「一番優しく」

 作画は回復せず、決めとなるべき表情すらしっかり描けていない。

 グループを「グルメリポート」と「熱湯天気予報」に分けたのは、分散させて個性を発揮させようとする狙いか。
 しかし、熱湯が突然アニマル着ぐるみ天気予報になる、という適当な展開…水着の披露と熱湯リアクションがあれば素人同然のアイドルでもまだ画面はもつだろうが、喋りもサッパリ面白くない(面白いと感じさせる演出をされていない)棒立ちの着ぐるみで、しかも「好評」らしいのが意味不明。
 グルメにしても、実波の大食いを活かしてドカ盛りレポートに切り替え…とかその程度の工夫もなく、「うんめーにゃー」だけで評判が良い、って、随分とアイドルを甘く見ているような。
AKBでも、もう少し頑張ると思うよ。
 「可愛いアイドルが出てさえいれば人気は出る」という世界観・アニメ制作スタッフの姿勢に思えて、余り宜しくない。
ホステスまがいの接客をさせられるような場では、いくら歌を頑張ろうと相手に届かない…という辺りとか、リアル寄りの物語かと思ったんだけど。

 今回メインは、おばあちゃん相手の実波話。
 いくつか考えられるパターンの内、一番ベタに思える「おばあちゃんが倒れてステージの危機」を真面目にやっている。
悪くはないんだけど、本当にパターンに乗せただけなので、うーん。
 女社長を悪役に、病院行きを止められて辛い実波の心情を描き、それに対するメンバーのリアクション(行かせてやりたい・大事なステージが終わってからでも)を見せるとか。
 ステージ前に到着したから大丈夫でした、じゃハラハラもないので、開幕に間に合わず、実波不在で崩れかけた歌を、ギリギリ到着した彼女が加わる事で盛り上げるとか、多少は工夫を。
それどころか、作画がもたないのかステージはブツ切れ、客席を映す方が多いという力の抜けよう。

 結局、女社長は良い人なの?
面白い裏事情も責任の追及もなく、これなら、金もって逃げたなんて事件にせず、盲腸ででも入院して無能なマネージャー一人ではアイドル活動を維持できず…ぐらいに留めておいた方が良かったような。
 まるで活躍せず文句だけ言っている男性マネージャー要らない、彼が金もって逃げた方が良かったんじゃ。
 うーん、まあ五話までは見て。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『ハマトラ』03.「持つ者、持たざる者」

 メディアミックス作品。
 異能力探偵物。
 こういうスタイルそのものは割とありふれており、各話のネタが勝負となって、テレビアニメで展開するのは厳しい…と思いつつ見たが、一話から単なるパターンに乗らないヒネった内容で、感心。
二話目のラストなんて、他作品ではなかなか見られないもの。

 作画が良く、能力バトルを頑張って見せていて、キャラも個性的。
 褒められてしかるべきレベルの出来だと思うし、面白さは認めつつ、なぜか何となく肌に合わない。
主人公達のキャラに馴染めないのかなあ、傾向として女性向けだと感じているのかも。
アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |

『ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル』01.「レディ・ジャスティス」02.「ハード・ケース」

 アニメオリジナル企画。
 梅津泰臣が原作・監督…よく働いてるなあ。

 監督の前作『ガリレイドンナ』は、作画の頑張りやキャラの可愛さがありながらも肌に合わず、途中脱落。
 しかし今作は、冒頭の列車アクションからガッチリ掴まれてしまう。
 魔法が存在する世界、魔法を使えない者も居る、戦い方によっては普通の人間でも魔法使いに勝てる、魔法使いを裁くのは通常の裁判でなく魔法廷、「即時死刑」が適用される異様に厳しい法廷である(魔法の脅威度が高すぎるため相対的に罰も重くなるのか、「魔法使い長期拘束の難しさから死刑ケースが多い」のか)…辺りの基本情報が、一気に提示される。
 かなりしっかりと世界観を構築してあるらしく、不明点はあっても、「ハア?」と作品を不出来に思わせられる部分がないのに感心。

 「弁護士」と「魔法バトル」…「巨大メカ(じゃないけど)アクション」まで一作に詰め込む、かなり欲張った構成。
「バトル」をメインに、魔術何でも屋が力ずくで事件を解決する、という内容のモノはありふれているため、「弁護」に絞って、ヒロインは戦わず(それは警察等に任せ)依頼人無罪を勝ち取るべく知的方面で戦う、としても良かったような。
 いや、一話二話は上手く各要素を混ぜ込んで一つの話にしてあったけれど。

 作画は、梅津カラー濃いめにして好調。
 目標を持つらしいヒロイン、アクが強い事務所の面々、凄腕の女警部(江来利クインというのか…彼女がヒロインかと思った)、腹に一物の裁判所上層部…面白く転がせそうなキャラ編成。
 次回以降、事件や弁護のバリエーションをどのぐらい用意できるか、その辺がまず第一関門だろう。
アニメ | コメント:2 | トラックバック:0 |

『世界征服~謀略のズヴィズダー~』01.「人類皆征服」02.「食卓から墓場まで」

 アニメオリジナル企画。
 岡村天斎監督。

 一、二話は岡村監督自身が手がけているせいか、とにかく畳みかける演出のテンポと作画が気持ち良く、世界観やストーリーの不明点など忘れさせてしまう。
 つるぺたの女性キャラを艶めかしく描くのが凄いなあ。
巨乳キャラなら誰でもそれなりに描けるモノだけど、ぺったんこな胸を魅力的に見せるのは、そりゃあ難しくて自分なども苦手。
これだけの作画力を持っていれば…いや、余計な話。
 幼女ボスを始め、征服組織の構成員は、基本的に強引で他者の話を聞かないヤツばかり。
 正義?側を含み、美少女多めは良いところ。
ロボ子は、うーん、顔がないため「美少女」と呼んで良いのかどうか分からないけど、思い切ったデザインは一部に受けそう(そのうちフェイス・オープンしたりして)。

 お気楽馬鹿話?いずれ何かしら「語りたいこと」が現れてくるシリーズ?視聴継続して確かめたい。
アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |

『ニセコイ』01.「ヤクソク」02.「ソウグウ」

 原作漫画は連載で既読。
 「少年ジャンプ」では、一時期、ラブコメ作品が何作か始まり、どれも良かったと思うんだけど生き残ったのは唯一、これだけ。
 多人数ヒロイン構成を上手く成立させ、ストレスを感じさせる面倒な部分を皆無にし、可愛いストーリーに透明感のある絵柄が合致して魅力を上げた…のか。
自分も好きな漫画。
 アニメ化では、「イメージが違う」、良くても「原作を読んでいるからアニメまで見る必要はない」という結論になるだろうな、と、予断入りまくりで鑑賞。

 作画は上々。
原作の絵柄を上手く再現しつつ、余り見た事のない表情まで描き出している。
 ストーリーは…もう記憶に薄い部分があるんだけど、ほぼ原作に忠実だと思う。
「主人公少年と、パンをくわえた少女がぶつかる出会い」という、「少女漫画のテンプレート」ギャグとしてさえ消化され尽くした感のあるお約束を、実行。
でも、これが実に上手くはまっていて、やはり笑いものになるぐらい使われるパターンには、それだけの理由があると感じさせる。

 演出。
現実を映すのではなく、強くイメージ化されたようなカットが多く見受けられる。
新房昭之作品のような…と思えば、総監督なのね。
監督も『さよなら絶望先生』『まりあ†ほりっく』らに参加されていた方。
 学校の教室が、自分などの固い頭では逆さに振っても出てこないレイアウトで描かれており、こんなのアリかー、と思いつつ感覚的に気持ち良い。
 この原作でこんな飛んだ演出を見せられるとは…でも、ハマっていると思う。

 確かに現実の風景を登場させつつ、ファンタジーに寄せてしまう、演出の面白さだけで、見続けられそう。
 あ、自分は小野寺ヒイキ。
その親友で、恐ろしさを持ちつつ面倒見の良い宮本も、好きだなあ。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『鬼灯の冷徹』01.「地獄大一番」「地獄不思議発見」

 原作漫画未読。
 異常な舞台設定だと思うのに、分かりやすいキャラ編成と、断固としてブレない主人公の性格付けにより、ストーリーがスッと入ってくる。

 コミカルな描写も軽快。
爆笑!という程ではないけれど、チョイチョイ笑わされてしまう。
 桃太郎が退治した鬼と、地獄で働く鬼とは全く違う、というネタとか、淡々と描かれる分、妙に可笑しい。
 雰囲気を伝える作画が好調、ちょっと気持ち悪い金魚草に拘るのも楽しく、気軽~に見られそうなアニメ。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。