オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『結城友奈は勇者である』最終12話.「貴方に微笑む」

 特にフィクションでは、キャラクターが何か能力を発揮する際、「ただ叫ぶだけで凄いパワーが無尽蔵に湧いてくる」だと、ご都合主義に思われ、説得力を欠いてしまう。
「血筋や他者からの力の継承がある」「そうなっても良いと視聴者に思わせるだけの辛い特訓に主人公は耐えてきた」といった物語的理由付けが必要。
 昨今は、ストレートに「力を使う代償」を設定する作品も…『DARKER THAN BLACK』やドラマ『SPEC』など。
いや、力を放出しすぎるとお腹が空く、老化する、なんて設定は昔からか。

 このアニメでは、最強の満開モード発動に伴い、少女たちの体機能が一つ、失われてしまう。
 なかなかキツい設定で、失われる部位やその数によるけど、物語としては死んでしまった方がダメージ軽いぐらい、かも。
 大切な人の体や思い出が失われるなら、いっそみんな一緒に、ひと思いに、キレイなまま死んでしまおう、という東郷の考え方は、まだ若く・純粋で・失うことに慣れていない少女のそれとして、理解できる。
 世界の現状を思えば、大赦が憎まれ役となり、もっと説得や脅迫をしてでも感情の整理を付けて上げるべきなんだろうけど、この作品で大人達は優しくて理解があり少女らを追い詰めようとしない。
…大人の存在感がほとんど無い、とも言えるか。

 作品で描いていたのは、現代的「戦争」だったのだと思う。
 国のため、無辜の人々のため、ましてや正義のためには、命を(大事な体の欠損を)賭けて戦えない。
部活ぐらいまで身近な、手が届く範囲の友達のため(家族や部活外の友達、恋人などがほぼ居ないため)、ようやく戦うべき理由を見いだすことが出来る…という考え方か。
 舞台の途中で友奈が倒れ、部の全員が駆け寄ることで演劇としては台無しになった…と思うのに、観客から拍手を浴びてしまうこの「部活内だけで閉じた」描き方が何とも。

 感情を入れて見ていたこともあり、救いのあるエピローグは嬉しいが、突然には感じてしまう。
もっと広がる作品のようだし、まだ続編(次世代?)があるかも知れず、全てをここで説明することもない…ということ?
 「決して死なない戦い」なんてものを実現できるのは、戦いが八百長の場合のみ…と考えると、神樹が、世界の壊滅・バーテックスの存在まで含む全ての黒幕じゃなかろうか。
信仰を試すため、親に、何より大切な我が子を生け贄に出させようとし、街を焼き滅ぼしたり世界を水没までさせた「神」のように。

 女の子達はみんな可愛く、作画を頑張っており、バトルに華やかさと迫力があって、最後まで目の離せないアニメだった。
 面白かった。
スポンサーサイト
アニメ | コメント:2 | トラックバック:0 |

『selector spread WIXOSS』最終12話.「この選択は…」

 二期に入り、内容がダーク…というか悲惨すぎて、途中からは、真剣に見ていたと言い難い。
 考えていたよりずっと幸せなエンディング。
それ自体は文句を言う筋合いでもないけれど…
 不幸にする、精神を追い込む辺りは「楽しげ」とさえ思えるぐらいグイグイ描いていたが、救済にはあんまり力が入っていないような。
 るう子の祖母、WIXOSSが強かったり意味ありげなことを言ったりと、「実は…」を予感させる所があったと思うけど、特に何もなし。
全ての悲劇の根源は彼女にあった、という真相なら嬉しかったかというと、そうでもないが。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『SHIROBAKO』11.「原画売りの少女」

 一話分のアニメを作るに必要な原画の振り分けについて、「多分こうなんだろう」という想像はしていたけれど、事実(に近い?)プロセスが見られて、興味深かった。
 作品としての見せ場…にしても、面倒なシーンを描きたがるアニメーターさんとか、凄いなあ。
「珍しい病状の手術を行いたがる医者」みたいなものだろうか。
 とても間に合わない、と見えた作品内アニメも、大変ではありつつ、最終回進行へ。
何とか、どうにかなってしまうモノなんだなあ。
もしかして望んだクオリティーには達していないのかも知れないが、それでも穴を開けず放送できるようにするのがプロの矜持、というか仕事。

 ヒロインの同級生であるアニメーター女性が、作画について全くのダメを出され、落ち込む所、全然他人事じゃなくて胃がキリキリ。
 「趣味を仕事にするな」というのは、人生を構成するその大きな二つの要素が同一になってしまうと、それを否定された時、人生そのものを否定されたように感じてしまうから。
意に染まぬ仕事をしている場合、完全否定を受けても「知らないよ、だってこんなのオレのやりたい仕事じゃねーし」という自己正当化?が出来なくもないけれど。
 大好きなことを毎日でき、仕事の充実が人生の喜びと一致するのは、それでもシアワセだとは思う。
だから、酷く落ち込んでも「また頑張ろう」と思える場合があるのだし。

 作品内アニメの最終回について、イメージが固まらない監督と話し続ける(監督から話を引き出す)ことにより、無事着地点を見つけさせる脚本家氏が凄い。
漫画編集者さんとかにも是非欲しい才能じゃなかろうか。
 このアニメのエンディング。
少女とクマのぬいぐるみがただ座っている冒頭シーン、ちょっと長すぎて単調に思え、少しだけでも動きを付ければ良いのに…と思っていたけれど。
ああ、これ、「仕事」あるいは「人生」ってことなのね。
夢を見るだけで何もしていない・何も出来ない長い期間があり、ぎこちなく人の真似をすることから覚え、ようやく自分なりの動き方を掴んでいろいろなことが 出来るようになる、しかし、全てが上手くいく訳などない、というようなストーリーが人形によって表現されていると、ようやく気がついた。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『アカメが斬る!』最終24話.「アカメが斬る!」

 開始当初はファンタジー世界版「必殺仕事人」を予想していたが、重要に思われたシェーレが余りにも惨い最期を遂げたのを皮切りに、敵も味方も死ぬ死ぬ。
殺し合いのバトルが主題とは言え、登場人物がこんなに死んでしまう作品も珍しいような。
 何しろ、最終回一話前で、主人公…と思われたタツミさえ死亡するのだから、ビックリ。
当然「実は生きてました」か「便利な帝具能力で生き返らせる」ものだと思ったのに、死んだっきり。
意外、凄く意外。
 作品タイトルは「アカメが斬る」なのだし、本当は彼女が主人公だった…のかな。
どうも、強いことは恐ろしく強いんだけど他の強烈個性なキャラクター達と比べれば押しが弱く、彼女を中心とした話だという気はあんまりしないんだけど。

 見た目の異様さに反して家庭的なボルス、正義に異常なコダワリを持ちそのためには自身の体さえ手段と考えるセリュー(もう怖くて怖くて)、ツンデレの魅力溢れるマイン、魅力的なキャラが実に多い作品。
 しかし、一番引き付けられたのは、やはりエスデス。
冷徹さと優しさ、恐ろしさと可愛さ、凄まじいまでに両極端な内面を圧倒的な強さで包み込む、この造形は素晴らしいの一言。
タイトルを「エスデスが斬る(凍らせる?)」にしても良かったと思ってしまうぐらい、作品を代表するキャラクター。
 タツミの死をどう受け止めるのか…泣き出す・何事もなかったかのように切り替える、辺りかと思っていたけど、どちらでもありどちらでもない上手い描き方に、納得。

 幼さと愚かさを自覚した皇帝が、最期は可哀想だったかな。
名君に成長する可能性の片鱗が見えたこともあり、生かしておく選択も有り得たろう。
ただ…余りにも人が死んでいるため、そんな結末では納得されないか。
 原作は継続中?
新たな帝具使いを大量に設定して続編、ということも考えられなくはないけれど、終わりなんだろうな。
 面白かった。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『棺姫のチャイカ AVENGING BATTLE』最終10話.「機杖(ガンド)担う少女」

 最終戦は…消化不良という事もなく、ごく妥当に完結した物語ではあるが、食い足りない。
 チャイカが負った使命の真実、皇帝の企み、激闘と決着、全て駆け足で語られ、「話は分かった」というに留まる。
筋自体は悪くなかったため、余計に時間・描写の不足が惜しまれる。

 それでも、チャイカは可愛く、「愛」や「萌え」に傾かないトールとの関係も独特であり、異常性を抱えるアカリもそこが妹キャラとして魅力的だった。
他のチャイカ達、ジレット隊の面々、旅で出会った人々、皆個性的で印象深い…ジレットの生存と記憶の復活についても、もうちょっと葛藤が欲しかったかなあ、盛り上がりそうに思っていたので勿体なく感じる。
 作画は最後まで頑張っており、女の子達が可愛く描けていて嬉しい。
 続刊中らしい原作のため、こういう終わり方になってしまったのか、しかし続編が作り辛い(作れなくはないにせよ)エンディングであり、とにかく残念。
アニメ | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。