FC2ブログ

オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『無彩限のファントム・ワールド』10.「小さいルルの大きな夢」

 ティンカー・ベル的に小さなファントム少女ルル。
まるで恋愛対象にならない彼女が、大きくなったことで周囲の反応をまるっきり変えてしまう。
 「ペット動物」「姉・妹等肉親」「同性の友人」が姿形を変えて、主人公の恋愛(好意)対象範疇に入ってくるパターンのお話。

 普通、外見変化と共にもうちょっと女の子らしくなったり、見え辛かった魅力を前面に押し立てアピールするものなんだけど、おバカさんな内面はそのままキープ。
 立ち位置が変わったルルの視点から、晴彦の意外な面を発見する……ほどでもなく、ために「ギャップから淡い恋が生まれて消える」といった要素も薄い。
 まだシリーズは続く訳で、余り相互の好意的感情を通じさせてしまうと、晴彦・ルルの関係をギクシャクさせてしまう恐れがあるのか。
 その辺、「理性的抑制」の働きはこの作品を見ているとよく感じる。
プラス面もある作り方だけど、暴走・やり過ぎ・「まさかそう来るとは思わなかった」の少なさは、作品全体の印象を物足りないものにしてしまいそう。
スポンサーサイト
アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |
| HOME |