オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『アトム ザ・ビギニング』01.「鉄腕起動」

 原作漫画は、確か公式サイトで一話目を公開していた時、読んだ覚え。
作者さん、ああ、『RIDEBACK』の方なのか、あれはロボットというかパワードスーツっぽかったけれど面白かったな。
 コンセプトワークスにゆうきまさみ、監修には手塚眞、総監督・本広克行、監督・佐藤竜雄というなかなかに豪華な布陣で、天馬・お茶の水両博士の若かりし頃を描く。
『マジンガーZ』で若い兜十蔵とドクター・ヘルの友情や裏切りを描いたり、『サイボーグ009』ギルモア博士によるサイボーグ開発の夢と絶望を語る、ようなものか。
『銀河鉄道999』で鉄郎と出会う前のメーテル……は、アニメでやってたな。

 ロボット技術自体は相当に進化しているが、命令に従うのみでなく自ら判断して行動するほどの能力はまだ持ち得ていない(必要と思われていない)時代、だろうか。
 A106が的確な危機認識とスーパーアクションを見せたことについて、主人公二人は喜んでいたけど、もっと驚いたり慌てたりして良いような。
無事、研究室に帰ったのかどうかも確認してない訳で。
そういった技術的情報と、周囲のリアクションは、次回以降?
 男二人が、仲良しを通り越してベタベタした関係に見えてしまうのは、自分の心が汚れているからだろう。
 取りあえず、三話ぐらい見ての判断で。
スポンサーサイト
アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |

『トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察』01.「事件発生!ゴーレスキュー !!」

 トミカのハイパーシリーズを題材とするアニメ。
知人宅の男の子がトミカ(架空車でなく実車)を大好きで、マクドのハッピーセットにオマケで付く時には、マクドハンバーガーその物はそんなに食べたい訳じゃないけど2セットほど買い込み、限定のミニカーをお土産に渡すと大層喜んでくれる。
 アニメ。
 勇者警察っぽい内容かと思ったが、犯罪者に乗っ取られた人型重機を取り押さえる様子は『パトレイバー』、後半の事故対応だと『サンダーバード』…巨大メカ版『特警ウインスペクター』等レスキューポリス風。
いや、Wikipediaで見ると、以前に『トミカヒーロー レスキューフォース』という実写作品があるようだから、こちらの系列?

 最初の事件、犯罪者が操縦席から落ちそうになってドタバタしている間に確保していれば、無駄な被害を出さずに済んだような。
始末書モノの不手際、せめて苦情・注意など受けそうなところを、感謝すらされて終わってしまう「子供向け」リアリティー。
対象としているのは子供の視聴者だろうし、ロボットに乗り込む主人公もまた少年、だからそれで良いのか。
 キャラ作画、メカの3DCGなど、まずまず上質な出来。
 知人の息子さんは喜んで見てるだろうか……ジジイが一人で鑑賞するような番組じゃないと思え、ここまでに。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『ひなこのーと』02.「ここからはじまる」

 原作四コマ未読。
 キャラの一人・くいなが『らきすた』こなたと非常に良く似ており、しかもOPEDに踊りが入ることもあって、懐かしい気分。
 内容は、設定色々詰め込み過ぎな気が。
女の子達が同居する下宿荘、そこは古本屋を営んでおり、奥には喫茶店、大家は演劇少女。
本屋バイトの子はページをむしって食べ、喫茶店の子はメイド服着用年上チビなしっかり者、田舎から出てきたヒロインは人が苦手で話しかけられるとカカシになってしまう。
 しかし、これらをゴチャゴチャさせず、コミカルに描ききってしまう語り口は大したモノで。

 作画レベルが高く、登場する女の子達は、リアクションの崩し顔も含め、とにかく可愛い。
 対人関係を苦手とするひな子が、演劇を通し、次第に他者と上手く繋がりを持てるようになっていく過程を描く物語……なんだろうけど、実際は細かいこと言わず可愛さを楽しむ癒やし系アニメ。
 ぼーーっと見続けたい。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |