オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『プリンセス・プリンシパル』最終12話.「case24 Fall of the Wall」

 物語や人間関係としては一区切りを付けており、クライマックスにふさわしいストーリーだったけれど、面白味という意味ではこれまでの話数と変わらないか若干テンションが落ちて感じられ、ちょっと残念。
決して悪い内容ではないが……うーん、良く出来すぎている通常の内容と比べれば、という贅沢な文句。
 最終二話だけ脚本家が違うのは、影響しているのかどうか。

 小さくて可愛い女の子達が、まるで似合わない過酷な任務に挑む、どうしても絵空事というかバカバカしいぐらいの筋になりそうな所を、ポイントを押さえて浮つかせず、ハードなスパイ物の雰囲気さえ醸し出していた。
 アンジェの持っていた重力制御ボールも、油断すると「便利すぎるチート装置」になりそうだが、アイディアを乗せて描く事で実に巧く活用。
 細い手足・軽い体の少女達が、屈強な大人と体術でぶつかって圧倒するシーンに説得力を持たせるため、跳びはねたり回転した遠心力で一撃の重さを増す演出を加えており、細かいこだわりに感心。
クオリティーの高い作画があって初めて可能なことだなあ。
 何ら戦闘力を持たず、喉に「問題」すら抱えるベアトリスが、任務の際、それらを逆手に取り有用な人材へと変わってみせるのも、面白い。
 途中のエピソードで登場した借金取り。
広川太一郎?没年からしてこのアニメにセリフを入れられたとは思えず、未使用のセリフに合わせてキャラを作った?とかゴタゴタ考えてしまったけど、「もりいくすお」というイラストレーターの方の芸なのね、凄く上手いのに驚いた、そして懐かしく嬉しかった。

 ラストシーン、プリンセスの片足がない(ように見える)のは撃たれた方の足を切断したのか、単に考えすぎ(片足を曲げているだけ等)か。
 もっと活かすと思われた学園生活が余り本筋に絡まなかったのは、勿体ない。
 サブタイトルの「case」ナンバーに抜けが多々あり、そこを埋める第二部の企画も有り得る……?
スポンサーサイト
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |