fc2ブログ

『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』01.「デスマーチからはじまる天変地異」

 原作は、「小説家になろう」サイトから書籍化されたライトノベルらしい、未読。
 いかにも異世界転生モノのタイトルなので、冒頭、電車に乗り遅れそうになるシーン、ここで線路に落ちて死亡し転生を果たすのではないか、と身構えてしまう。
その後も、残業続きの体調不良で死亡するのではないか、上司とのいさかいで刺されるのではないか、親切心から声をかけた幼女の親に誤解されすったもんだで死ぬイベントが組まれているのではないか、と疑心暗鬼に。
 結果的には、仕事終わりのフロア寝を契機とする。
……あれで死亡してしまったのかな?
それとも、夢の世界と異世界が繋がっており、どこかのタイミングで目が覚め、現実に戻るというパターンなのか。

 とにもかくにも、ようやくここから異世界物語の開幕。
 ここまでの、ゲーム業界内幕部分も結構面白く、このまま業界物として進めてくれても、それはそれで興味深く見られたろうか。
『NEW GAME!』になってしまいそうだけど。
 異世界の描きかたは、そこがはっきりと「ゲームの設定に基づく空間」であることを感じさせる。
これまでもセーブポイントのある『Re:ゼロ』や、習得スキルゲージが表示される『この素晴らしい~』のような描写はあったけれど、ここまでゲームを強く感じさせる画面や物語の描きかたは珍しいような。
 スキルアップや、獲得した称号を示すウィンドウは、文字が小さいし消えるのが早すぎてよく確認できない、という辺り、洋ゲーっぽくて可笑しい。

 転移(転生?)早々に遭遇したレベルの高い敵の群れを、初心者救済用として用意されていた隕石魔法で全滅させ、異常な量、得られた経験値やアイテム・スキルポイントなどにより、カンストするまでのキャラ強化が可能に。
『ドラクエ』で、最初の村を出たばかりなのに、はぐれメタルの群れに遭遇、たまたま全部倒してしまった……ぐらいの急激なレベル上昇。
 単純に、神様からチート能力を授けてもらったというインチキ「でない」ところが面白い。
初心者プレイヤーなら持つはずないのだろう強大な魔法は、主人公による提案で実装されたものであり、そこから言うと、自分自身がチート能力を与えてくれる神の役割も果たしている、と言えるのかな。

 スキルの割り振りで異種言語が理解できたり、同じ魔法でもポイントの追加付与によりまるで威力が変わってきたり、という、ゲーム的なシステムのわかりやすさが愉快。
 主人公は、その世界の住人では知ることが不可能なはずの様々な情報を得られるのだろうから、チート的に魔力や体力を強化せずとも、岩壁のこの部分がバグにより?崩れやすいとか、ここに畑を作ると作物がよく成長しそう、病気の人間に効く薬草はこれとこれである、というような、ゲームプレイヤー的には特にインチキでもないぐらいの情報を入手し、頭を絞って駆使することにより、異世界での地位を高め、強敵を撃破する……って物語でも、すごく好みだったかな。
そういえば『月姫』主人公の能力って、生き物や世界のあらゆるものを3DCGによる造形物と捉え、オブジェクト生成の際に繋ぎ合わせたラインからの分解を容易にする、という、今考えると実にゲーム的なパワーだったのかもしれない(あんまり知らないのにファンが多い作品を語ると怒られそう)。

 悲惨な会社での仕事にもさして文句を言わず、迷子の少女を助けるのにためらいがない主人公は、感情移入に値する正しい人間。
 彼がこの先、異世界でどのような活躍を見せてくれるのか。
油断すると超絶のチート能力を誇るばかりで、『異世界はスマートフォンと~』のようにもなってしまいそうだけど。
 ちょっと、先が楽しみ。

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』01.「「愛してる」と自動手記人形」

 原作はライトノベルなのか……未読。
 今期、京都アニメーション枠。
期待に違わぬ丁寧な演出と高品質な作画。
3DCGによる、船の碇を上げるシーンなど、ハッとさせる美しい画面作り。
過酷な行軍、砂埃と汗と油でヨレたヴァイオレットの髪表現にも、感心。
 それだけの技術と情熱を費やして、恐ろしく地味なストーリーが語られる。

 ヴァイオレットの書きかけた手紙が、風に舞って遙かに飛んで行くところ、『フォレスト・ガンプ』を思い出してしまう。
あの映画は、生まれつき他者の気持ちを理解したり自分を表現するのに不自由な男が、「彼らしさ」故に周囲の人々の心を動かしていく内容だった。
 戦うこととギルベルト以外、何も知らず何も思わず生きてきたのだろうヴァイオレットが、人生や命の価値を感じ取り「人間」らしくなっていく物語になる……のかな。
「ギルベルトの死にまつわる真相、自身と周囲に迫る危機を前に、驚異の戦闘力を取り戻し敢然と立ち向かうヴァイオレット」というお話にもまだ出来るけど、まあ違うんだろう。
 胸に染みる良い作品になることを期待しつつ、でもあんまりシンドくならないと嬉しいかな。

『メルヘン・メドヘン』01.「物語症候群」

 いかにもライトノベルの原作がありそうな内容だが、オリジナル企画。
ただし、ラノベ作家の松智洋によるシナリオ原案だそうな。
 『迷い猫オーバーラン!』『パパのいうことを聞きなさい!』の松智洋って、2016年に亡くなってたのか……アニメだけの知識しか無いけれど、哀悼の意を表します。

 アニメ本編。
 「主人公が美少女と出会い、彼女が属する異能者を集めた学園へと転入する(するんだろう)」黄金のラノベ開幕パターン。
お約束である「ラッキーでエッチなシチュエイション」を「主人公である少女の裸でこなしている」ところが、まあ異質なぐらい。
 ヒロインは、読書好きで大人しい性格。
しかし、リアクションは陽気であり、他者との交流を拒む訳でもなく、逃げ足は武闘派少女をブッちぎるほど早い……友だちが一人も居ない女の子としては、若干違和感のある設定。
 次回を楽しみにさせる、引きが弱いかなあ。
美少女が沢山出てきそう、という所を楽しみにすべきなんだろうか。
 作画は悪くないけれど、第一話としてはもう一頑張り「おお!」と思わせてくれるところが欲しかった。
 今期も大量に始まった新作の中では余り目立たない、強く視聴意欲を喚起してくれないスタート。

『オーバーロードⅡ』01.「絶望の幕開け」

 二年半の期間を経て、第二期の開幕。
前作をきちんと覚えているかどうか自信は無いけど、アルベドを始めとする強烈なキャラクター達は記憶に残っているから、まあまあ問題ないかな。
 画面作りは前作と同水準。
 視聴の継続に問題なく、今期も最後まで見続けたい。

『gdメン』01.「ゲーム世界に転生 !?」

 10分枠、3DCGで描く、グダグダなギャグアニメ。
 気付かなかったけど、『gdgd妖精s』に連なる作品……というか、監督含むスタッフが一部同じなのね。
『gdgd妖精s』一期シリーズ構成を手がけた、『てさぐれ!部活もの』『キュートランスフォーマー』の石ダテコー太郎は不参加、残念。
 作り方としては、お馴染み「脱力ギャグパート」と「ムチャ振り声優アドリブ」での構成。
主役三人は男性ばかり。
女性声優の苦闘する声の方が好みだったかなあ、個人的に。
 連続して見ることで、キャラクターの……というより声優さんの個性が際だって、面白くなるのが通常。
つい忘れてしまいそうだけど、可能な限りチェックしていきたい。

『まめねこ』01.「あずきとだいず」

 原作漫画未読。
 5分枠、ネコの可愛さ勝負のアニメ。
それがまんまと可愛く、名付けに関する会話ネタなんかで、ちょっと笑わされてしまう。
 短編アニメだから、絶対忘れないように!という気構えまではしないけど、見られる時は見たいなあと思わせる、ほわっと愉快な作品。

『りゅうおうのおしごと!』01.「押しかけ弟子」

 原作ライトノベル未読。
 タイトルから、流行の「転生したら異世界の龍族王になっており、生け贄に捧げられた美少女や、同族の龍美女を従え、世界の平和を守ったりモテモテで困ってみたり」というような話かと。
あー、将棋の竜王なのね。
 『3月のライオン』があり、現実にも藤井四段や、ひふみんってお爺ちゃんが人気だったりして、タイムリー。
終わっちゃったけど「少年ジャンプ」『ものの歩』も、好きだったなあ。

 厳しい対局模様から始まり、プレッシャーの強さを描き、真面目な将棋物かと思わせて……美幼女が押しかけ弟子を志願して現れ、先輩(年下)美少女棋士に斬首されかかるという、嬉しい?萌えシチュエイション。
ライトノベルだもんね、そりゃ、こうでなくちゃ。
 幼女・あいは可愛らしく描けており、主人公への一途な想いと、意外な料理の手腕など、魅力あり。
記憶力・思考力に優れ、一つしか戦法を知らないのに主人公から本気を引き出す将棋への適性能力を発揮。
彼女の成長ストーリーであり、主人公が立ち直って強くなる様子も描かれる、のかな。
 高クオリティー、上品な作画。
 視聴継続。

『バジリスク ~桜花忍法帖~』01.「桜花咲きにけり」

 原作小説未読……あれ?原作は山田風太郎(漫画・せがわまさき)じゃなかったっけ、と思えば、別作者による続編というか二次創作なのね。
 山田正紀の作品はいくつか読んだことがあり、大変に面白いモノもあった。
少々消化不良だった『機神兵団』(OVAも残念)だって、イメージは凄く好きだったし。
 アニメの内容。
 前作を「忍術合戦して大体みんな死んだ」ぐらいにしか覚えておらず、そのためか入りづらい導入。
パワー不足な作画のため、余計にストーリーへの興味が喚起されなくて、三十分、何となく眺めていただけ。
 これからまた、凄い奴らのチーム戦が始まると思われるけれど……継続視聴の意欲は弱め。

『からかい上手の高木さん』01.「消しゴム/日直/変顔/百円」

 原作漫画は、掲載誌で途中まで既読。
 読み切りや短編ならともかく、このネタで長期連載になるとは思わなかった。
それは決して「つまらないから」ではなく、限定された関係内でストーリーを作り続けることは難しすぎると考えたから。
原作者先生、そこら辺は素晴らしく上手くて、アイディアをつぎ込み、毎回読ませる内容なのに感心しっ放し。
 『ふだつきのキョーコちゃん』が、原作者作品としてはよりアニメに向いていたような(既に完結してるけど)。

 アニメ。
 絵も声優さんの選定もイメージから外れることなく、軽い知能戦であり、端から見ると「好きな者同士のいちゃいちゃ」にも思えるイタズラ合戦を、楽しく見せている。
 ヒロイン・高木が可愛く作劇できているのは、素晴らしい。
ココに魅力が足りないと、作品自体を見続ける動機を失ってしまいそうだから。
 放送時間、十五分か十分ぐらいだと気持ち良く、「もうちょっと見たい」フラストレーションを軽く感じさせて終われそう。
いや、ほのぼの日常物の派生パターンとしては、イジワルしつつも主人公大好きな高木に萌えていれば良い癒やし系とも言える内容で、ゆったり時間を掛けて見せるのが良いのかな。
 構えず、視聴継続。

『三ツ星カラーズ』01.「カラーズ」

 原作漫画未読。
 『苺ましまろ』を思い起こさせる内容……別にそっくりだという訳ではないが、雰囲気的に。
 小学生少女達の、ウダウダ~とした日常をコミカルに描く。
 異常に高いという程ではないが安定した作画と、上野の街中をリアルに描き出す背景が印象的。
 チョイチョイ可笑しいところはあったけれど、心を鷲掴みにされた、とまでいかず。
しかし波長の合う人にはたまらない、ハマってしまう作品だろう。
 キャラや空気に馴染み、面白く感じる度合いが上がっていくことを期待して、もう少し視聴継続。
プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク