FC2ブログ

オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『あかねさす少女』01.「4時44分の儀式」

 アニメオリジナル企画。
 女子高生五人が揃って、真面目な顔で根拠もアホみたいな儀式を行っている、冒頭から違和感。
全員が中二病とかならともかく……ヒロインがバカやるのについ付き合ってしまう、昔からの仲良し五人組って感じなのか。
 学校でのふざけた日常、そんなに美味しくなさそうな見た目の卵味噌漬けを賄賂として受け取る教師とか、うーん。
このキャラクターデザインや、画面の雰囲気には合わないギャグの作りじゃないかなあ。
 異世界転移が唐突なのは流行だから良いとしても、それを目にした少女らの反応・謎の武闘少女によるバトル・彼女を連れての現実帰還について、全部薄く、何となく眺めるだけで気持ちが入れられない。
 ヒロインと異世界少女の同一関係、更なる謎少女の登場と、次回以降に期待を繋ぐ作りなのだろうが、個人的に視聴継続の意思は弱め。
スポンサーサイト
アニメ | コメント:2 | トラックバック:0 |

『DOUBLE DECKER!ダグ&キリル』01.「二つの太陽にほえろ!」

 サンライズ制作のオリジナルアニメ。
 キャラクターデザインも世界の雰囲気も、同社の『TIGER & BUNNY』に準拠。
そのはずで、キャラ原案は同じく桂正和先生が手がけているし、「バディシリーズ」ということで両作は括られるらしく(繋がっている世界の話だとも)当然か。

 最初、間の抜けた若手警官と、同署の優秀な男前刑事がコンビを組むモノと。
男前の方は物語の主軸から外れるのかな、まあ、妻子残して殉職せず済み幸い。
 若手刑事・キリルの、おバカさんなキャラが立っていて可笑しい。
凄腕刑事なのだろうダグにはボケた所があるし、アダナに拘るボスは調子が外れており、キリルが1話から情けない全裸姿を晒すこともあって、シリアスな事件を基調としつつコミカルな仕上がり。
 作画含むクオリティーは、『TIGER & BUNNY』ファンからも文句は出ないだろうレベル。
 見続けて損無しと思われる。
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。