fc2ブログ

『ウルトラマンZ』03.「生中継!怪獣輸送大作戦」

 ウルトラマンサーガの、ええと、もう何本目のシリーズか分からない最新作。
 前作『タイガ』には、タロウの息子だったり、一人の人間に三人のウルトラマンが同居するという、特異な設定を全く効果的に使えていない不満があった。
 今作は、ゼロの弟子であるZが主人公。
ゼロ自身は開幕早々に異次元へとブッ飛ばされてしまい、『レオ』のように師弟関係で鍛えられる話ではないが、時折ゼロを思い出すので無意味でもなく。

 第一話のストーリーは、防衛隊に所属する主人公と、怪獣を追って飛来したZが融合する、驚くぐらい基本に忠実なウルトラマンパターン。
 まだまだ人格的に完成されていない主人公とZのやり取りを、コミカルに描くのが今作の基本かな。
Zの妙な日本語(この地球にはこれまでウルトラマンが訪れていないのか、Zが日本語の授業を真面目に受けていなかったのか)、一生懸命だけれどもダメダメな主人公、余り深刻にならない防衛隊・ストレイジの雰囲気もあって、気楽に見られる。
 防衛隊がしっかり描かれるのは『X』以来か。
施設のセット、隊員服、車両や戦闘機を用意しなければならず、全体に特撮シーンが増えてしまうことによる、予算の都合で登場させづらい?
今作も、司令室やセブンガー格納庫にどうしても限界が……いや、よく頑張ってる。

 ストレイジ隊員が隊長含めても4人というのは、ちょっと寂しいような。
でもまあ、科学特捜隊だって5人か。
 戦闘機でなく巨大ロボットを対怪獣兵器として設定し、多数の整備班員が描かれるのは珍しいところ。
整備班長は『パトレイバー』ライク。

 特撮の予算が潤沢な訳などなかろうに、見せ方含め凄い。
毎回、ただただ感心。
 ちょっと不満なのは、新しいウルトラマンが全て、歴代ウルトラ戦士の力を借りているところ。
『仮面ライダー』『戦隊』共に、過去ヒーローを引っ張り出す作品もあったけれど、ほとんどは自力で勝負しているぞ。
 商業上の都合は分かりつつ、『ティガ』『ダイナ』『ガイア』みたいなシリーズも見てみたい。
 今期も最後まで視聴継続。

『バキ 大擂台賽編』01.「開幕!大擂台賽」

 息の長い原作漫画、そのまたしてものアニメ化。
これもNetflixで配信済み、それを地上波週割り放送に換えたもの。
 原作、大擂台賽は最初の方、読んでいたような……あまり覚えてないけど。
 どこから始めて、どのぐらい読んでも見ても関係なく楽しめる、冒頭ナレーションであるように「地上最強を目指す」男達がひたすら戦って、戦って、戦い抜くお話。
馬鹿馬鹿しいといえば実に馬鹿馬鹿しい内容、しかし男はこういうのが好きなので仕方ない。

 重要なのは、新登場キャラクターをいかにも強そうに描くこと。
長年続いているだけあって、ほとんどハッタリのパターンは出尽くしていると思え、反則ワザ連発だった「最凶死刑囚編」を上回ることができるのかどうか。
 ツッコミ入れたりしながら、最後まで見続けたい。

『GOD OF HIGH SCHOOL ゴッド・オブ・ハイスクール』01.「set up/stand up」

 最初、違和感なく日本あるいはアメリカ辺りが舞台だと思っていたが、キャラの名前と文字表記で、韓国だと判明。
原作漫画とアニメの監督は韓国の方みたいだけど、他スタッフはほぼ日本、制作もMAPPAだし。
 延々続くバイク引ったくり犯とのチェイス、武闘会開始直後の乱戦と、ほとんどアクションで構成された第一話。
寒いギャグやちょっと見づらい部分もありつつ、この作画的カロリーの高さは凄い。
ドツキ合いを繰り返して誰が一番強いか決める内容なのだろうから、動きを頑張っているのは今後への期待要素。
 キャラの鼻が、時折ではなくずっと、ハッキリ赤く処理されているのは、鼻筋の光沢を強調するためなんだろうけど、ちょっと違和感……すぐ慣れるかな。

 冒頭、島を押し潰した巨大な大統領候補の手?については、今後説明があるのだろうか。
彼がラスボスになる?
 半島統一を賭けて韓国VS北朝鮮の武道大会を開き、北側は最終的に、あらゆる打撃を無効化し相手にそのまま跳ね返す無敵・金正恩、更に全てを裏から操る女帝・金与正らが直接乗り出してくる、とかだと面白いんだけど。
ビラをまくよりずっと関係を悪化しそうか。
 面白くなることを期待して視聴継続。
作画が息切れしないとイイなあ。

『巨人族の花嫁』01.「花嫁の召喚」

 原作漫画未読。
5分枠アニメ。
 バスケのシーンから始まるため、てっきり「彼らは実は身長10メートルぐらいある巨人、女性出生率が異常に低く、ヨメ不足・種族存続の危機に見舞われているため、まるでサイズの違う異種族の花嫁をもらうが……」といったストーリーかと。
 異種族婚は当たっていたけれど、バスケプレーヤーの男性こそ「花嫁」。
 彼が、巨人族(ケタ違いの大きさではなく、『北斗の拳』ザコ敵なら並レベル)に召喚され、否応なく結婚相手にされてしまうまでが一話。

 「種族すら違うのに、性別など些細なこと」と器が大きい????ところを見せる巨人。
精神的結びつきとしての結婚ではなく、具体的な子作りが目的みたいなのに、そこはおおらかで良いのかどうか。
 子宮を持たない男性相手でも、細胞単位でDNA結合、増殖させて作中では実際子供を設けられる?
確か『パタリロ』ではバンコランとマライヒ(男同士)の子供ができていたと思うから、愛があればフィクション世界じゃ可能なのか。
 いや、ホントの妊娠・出産までは描かず、美形男性2人、イチャイチャとエッチなことする様子を見せるのが作品の主題?
 作画はまずまず(バスケシーンに気合いが入っていた)。
 「花嫁」男性が男の娘ほどとは言わずもうちょっと女性っぽかったら見続けられたかも知れないが、意識して「男」に描かれており、自分の守備範囲から外れるため、ここまで。

『八月のシンデレラナイン Re:fine』01.「プレイボール」

 「Re:fine」と付いていたので第二部か、キャラを一新したリスタートかと……「初回放送をブラッシュアップしたコレクターズエディション(Blu-ray収録版)でお届けいたします」ということなのね、既視感があったのも当然。
 崩れていた作画が直されてるのかな?
元を覚えていないため、これでもまだ、悪くないぐらいの絵だとしか。
いや、手が入ってるのはもっと極端にクオリティーが低下した回のみ?

『魔王学院の不適合者』01.「魔王学院の不適合者」

 原作ライトノベル未読。
 転生物ではあるが、現実世界から移行ではなく、異世界内で完結しているパターン。
 タイトルから、学院的には不適合者・劣等生?扱いされるが、実際は俺ツエーで無双する内容を予想。
まあ、大体その通り。
 最初から、主人公は転生した魔王だと、全く隠さないのが潔い。
「気が弱くて魔力も低い新入生、実は……」とか、「どう見ても転生体の男、しかし本当は彼と関わった少女こそが……」といった裏切りを入れたくなりそうだけど。
 そういう小手先の引っ張りは、制作者、それ以上に読者・視聴者が期待していないのか。

 ザコ敵をいたぶっていたぶって主人公の圧倒的強さをこれでもかと重ねていく、ひたすら気持ちの良い第一話。
敵を殺す、そしてすぐ生き返らせる、という所まで突き抜けてしまえるのは、「魔王」という何でもアリ設定だからこそ。
 しかし「主人公はまだ生まれて一ヶ月」について、頭が飛んでそうな両親はともかく、ヒロインまで僅かの驚きもなく聞くのはちょっと。
ヒロインは感情を余り表さないキャラっぽいが、驚異的能力や行動を示す主人公の横に置くには不向きなような。
常に淡々と、超然としているため、彼女こそ魔王かと思ったぐらい。

 スゲーを実感させるに十分な演出的ハッタリと作画。
 主人公が強すぎて苦戦など有り得そうにないが……最近はそういうの要らないか。
どうしても必要なら、「魔王を倒した勇者の転生体」「魔法体系をより進化させて強くなった現魔王とその軍団」なんかを設定できるし。
 正義側ではない主人公に、冷酷無情で外道な戦い方のアイディアが求められそう。
今のところ、意外にお人好しな様子。
 気楽に視聴継続。

『Lapis Re:LiGHTs』01.「Legendary academy」

 メディアミックスプロジェクト。
 第一話は、魔法学校に転入してきたヒロインを通し、レギュラーになるのだろうキャラクターと基本設定を、ざっくり紹介した。
 友好的でない子も僅かに居るが、ほとんど人の良さそうな可愛い子ばかりの学園で、ストレス無し。
 呑気な内容を楽しませるのに必須の作画は、スタートを切るに相応しいクオリティーで、目に楽しい。
 魔女としての成長物語に、アイドル物の要素をミックスして進行する話、なのかな。

 ちょっと気になったのは、冒頭、馬車に乗り合わせた人間模様、それから町の人との交流が少し描かれる所。
また後で物語に絡んでくるのかと思ったが、少なくとも第一話ではそれっきり。
学園の門をくぐるシーンから始めて良かったような。
 ただ、馬車内、あざとく甘える彼女、恋は盲目の彼氏、イチャイチャを不機嫌に見る男、ニコニコしている老婆など、端的にキャラの個性を描く手腕には感心。
その馬車が襲撃を受け、ヒロインが活躍して撃退する(あるいは何もできない)という流れで、魔法学校の必要性を浮かび上がらせる流れも有り得たろうが……そんな剣呑な世界じゃない、って意図?
 視聴継続。

『ド級編隊エグゼロス』01.「光満ちるこのセカイで」

 原作漫画未読。
字面だけ見ると「弩級戦艦」的タイトルのようだけど、「ド級ヘンタイ」ってことなのね。
 変身ヒーロー物だとは思わなかったな……いや、一話目では戦闘コスチュームなど纏わず全裸になるだけなので、パワーアップ名目の脱衣バトル物と言うべきか。
 エロ・性欲エネルギーの強い者が、戦いにおいても強い設定。
目新しくはないけれど、シリーズの中核に、ここまでハッキリ照れずに据えた作品は珍しい。

 エロサービス描写含む作画は、第一話として水準以上。
バトルに危機感やカタルシスはないが、導入部だし十分か。
 作品としての狙いが明確で、見やすい。
 「面白い!」って内容になるかどうかは、様子見。

『アラド:逆転の輪』00.「魔界」

 10年以上前、『アラド戦記』ってアニメ、あったなあ、関係ないんだろうが……と思ったけど、同じ韓国製ゲームが原作。
といっても、印象的だったエンディング曲「果てしない世界」以外、ほぼ記憶にない。
 なので、これが続編なのか、全く新しく仕切り直したモノなのかも分からず。
 ここから新たに始めよう、という企画だとすると、戦いの始点や途中経過を「あらすじ」以下ぐらいにしか扱っておらず、見ていて頭に入らないし、理解したい気持ちにもならない。
 特別に設けた「ゼロ話」なので、そこいらは今後、本編で補完していく予定かな……しかし、こんな不慣れな同人漫画未満の導入を見せられては、視聴意欲を減退させるばかりのような。

 作画は、パワー不足を感じつつも並。
 中国国内の配信では「計7話までの公開で総再生数も既に4.6億回突破」だそうな。
 映画なんか相当に出来の良いものがあるのに、アニメとなると中国韓国作品は首を捻る内容になるの、何故?
この作品、スタッフのほとんどが日本人なのだから、国に関係なく宜しくないアニメは一定数(大半?)発生してしまう、ということか。

『HERO MASK』01.

 Netflixオリジナルアニメ。
2018年末から配信中……ということは既に全話納品・配信済みなのだろうから、クオリティーの低下はなさそう。
 結構な制作費を出す代わり、作品の質も問うというNetflix作品は、それだけでブランド。
 ただ、地上波放送してくれたモノで、出来映えに疑問符が付くアニメもあって、全幅の信頼とはいかないけれど。

 キャラ絵などを全く出さない、CG画像だけのOPは、なかなか硬派な仕上がり。
 ハードなドラマを期待したい所だが……
相棒すら居ない主人公1人だけの現場、しかし通話する本部には余るほど人員、祭りの人混みの中で敵複数を相手に銃撃、危うく民間人に死者を出すカーチェイス、そんなでもさして怒らない上司。
まあその、ジェイソン・ステイサムやセガール辺りが主演する、リアリティーとは無縁の刑事物だと考えて良いのかな。
 シリーズの主軸になるのだろう事件については、ホンの発端を見せただけでよく分からない。
 殺された女性と他キャラクター達は深く関わっているらしいが、ほとんどセリフのみの説明で、制作者が意図しているほどに喪失を実感できず。
そのため怒りも恐怖も湧かないし、どういうこと?これからどうなるの?という興味も弱い。
 次回まで見て判断。
プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク