オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『プリンセスラバー!』最終12話.「プリンセスラバー!」

 こういう作品では仕方のない事だけれど、主人公である男の子のキャラクターが薄く、葛藤も成長もマトモに描いていないのに、「当然 憎むべき相手への許容」を言い出させるのには無理がありすぎる。
 じゃあ仇敵を殺していれば良かったのかというと、勿論そんな訳はなく、コチラの方が爽やかな終わり方には違いないと思うが、どうにも「主人公の意志で掴み取った決断」には感じられず、「こう終わらせたかった制作者の都合」ばかり。

 やたら姫様に好意的だった悪党の手下二人組は、疑問がありつつも割合好きなんだけど、悪のボスが……逆恨みに到る動機の弱さ、行動の間抜けさ等々により魅力も面白味も皆無で、最終的な解決を この程度に留めるなら、登場させなくても良かったような。
 両親殺害犯を目前にしても、まるで悩まず許してしまう主人公からは、「金持ち喧嘩せず」「今の俺はモテモテだし、そんな小さな事は どーでもイイ」ぐらいの気持ちしか受け取れず、だったらこんな重い設定を背負わすべきではなかったろう。
 力業でも何でも、クライマックスをもっと盛り上げられてさえいれば、「まあいいや」に出来たかも知れないが。

 作画はずっと高水準を保ち、女の子達が可愛く、肉感的に描けていた。
アクションを頑張っていたのが印象的…ただ、列車上でマトモに撃たれても「かすり傷だった」とされる主人公、彼の手によってようやく支えられていたのに彼が車外に落ちた後 説明もなく列車に戻っている姫様、列車から落ちる度 過程を略してバイクに救われているキャラクター達(これは繰り返しによるギャグか)、など、演出が軽く、真面目に見る程でない気分にさせてしまったのは残念。
 ヒロイン達には それぞれ「男前」な見せ場が用意されており、魅力も それなりに感じられた。
全員、彫り込みが浅いまま終わってしまったのは勿体なく、やはりサスペンス展開(?)に時間を取っている場合ではなかったかと。

 もっと思い切って「萌え」フォーマットを崩す所までも踏み込むか、途中にあった温泉話の馬鹿馬鹿しさをキープして明るく楽しく終わらせるか、どちらかに路線を定めてしまった方が良かったかな。
 何も考えず眺めている分には別に悪くないアニメだったけれど、見る人の心にもっと何かを残せた素材であり制作状況にあったと思うと、もう一歩、が欲しかった所。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『宙のまにまに』最終12話.「星空ループ」 | HOME | 『獣の奏者 エリン』36.「卒舎ノ試し」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |