オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『大正野球娘。』最終12話.「土と埃にまみれます」

 男子野球部との、死闘。
 ヒロインらが もの凄く強くなっていた、というような都合の良い事はなく、しかし まるで男子部の相手にならなかった過去からは確実な進歩を見せ、一進一退、まだ男子に油断があった…とはいえ、互角の勝負を見せる。
 少女らがヒットを打てる事について、男子部からされた事を逆に仕返し、ピッチャーのクセを読み取るとか投球パターンを割り出すとか、「なるほどそれなら」があると、更に良かったかな。
野球では当然のやり方、とは言え、ちょっと「ズルい」とも思えるそんな方法を、彼女達に採らせたくなかったのか。

 スライディングを受けて、男子との体重差故 弾かれたか、ケガを避けるため自分からそうしたのか、ポンと前方に飛んでみせるキャッチャー・小梅の動作が軽快。
 息の合った中継によるバックホーム、二人の少女が連携して見せるキャッチから送球までの流れるような動き、要請に応え魔球を放る投手と初めてキャッチに成功する小梅…結ばれてきた信頼、チームワークの成果。
彼女達の成長も嬉しいが、ここいらは演出が的確でテンポ良く、見ていて気分を高揚させてくれた。

 抑えた、甘すぎない勝敗の行方が、この作品らしい。
 …本当の本当は、これぐらいの練習で、少女達が、厚い積み重ねと体格差を持つ男子部とこれほど良い勝負が出来るかは……だけど、そこはドラマとしての心地良い嘘だし、そういう嘲った男共の気持ちをひっくり返すのが作品テーマでもあろう。

 安易な「萌え」狙いではなく、女子が超人野球を繰り広げる「馬鹿話」でもなく、すごく地味な内容を、堅実で、だからこそ要求される高い技術を備えたスタッフにより、作画の崩れもなく、見事面白く見せる事に成功したアニメ。
深夜枠より、子供も見られる夕方に、NHKで放送するのに相応しい作品だったか。
 地味さ故、DVDバカ売れとか、キャラ人気爆発、という事態にはなりそうもないが、せっかく馴染んできた少女達をもっと眺めていたく思え、続編が企画されると嬉しいなあ。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『涼宮ハルヒの憂鬱』24.「涼宮ハルヒの溜息 V」25.「朝比奈ミクルの冒険 Episode00」26.「ライブアライブ」 | HOME | 『恋時雨』02.>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |