オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『咲-Saki-』最終25話.「全国」

 最終回は、この作品最大の魅力である美少女達の饗宴にスポットを当て、温泉話に。
「バスタオルを巻いたまま風呂に入る」というテレ東お馴染みの無粋な規制に則らず、全裸だが湯気で隠れている、としたのは、嬉しい、まで行かないけど、見栄えがマシ。
 人気キャラクター総登場の楽しい雰囲気が醸し出され、咲と和の淡い恋(?)も無事次の段階へ入ったようで、ほのぼの。

 何度か書いたと思うけど、作品化する際にはダークなイメージにした方が簡単だと思える麻雀を、ここまで明るく楽しく可愛らしく作って見せた発想の転換は、素晴らしいの一語に尽きる。
 全体を通して作画が崩れず、「ギリギリ」を上手く見せる演出により、色っぽさが強く感じられる作品だった。
 麻雀が余り詳しく分からない自分のような人間でも面白く見られるよう、ストーリー・キャラクター・ハッとさせる演出等に気が配られており、レベル高い。

 最後の最後は、「これからこんな戦いが待っています」というイメージなのか。
 もう大体、麻雀に適したキャラのバリエーションは出尽くした…と思うんだけど、まだある?
いや、「存在感が余りにも薄くてステルス状態になってしまう少女」なんて、ギャグ漫画以外ではフツー使わない設定まで上手く使いこなしていたし、何が飛び出してくるかは分からない。
 咲と姉の戦いも興味はあるけど、更に既出少女達の魅力が彫り込まれる事と、すっ飛んだ新キャラ設定が一番楽しみだから、是非 第二期も放送して欲しい所。
原作を追い越してしまったようなので、エピソードが溜まるまでは難しいのかな。
アニメ独自の展開でも、クオリティーが下がらない限りは構わない、とも思うけれど。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画『宇宙大怪獣ギララ』 | HOME | 『戦場のヴァルキュリア』最終26話.「決戦」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |