オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『キディ・ガーランド』01.「ラッキーアイテム」

『キディ・ガーランド』

 2002年の作品『キディ・グレイド』の続編。
 前作、そして『うた∽かた』『機神大戦ギガンティック・フォーミュラ』に続く、監督・後藤圭二、脚本・きむらひでふみコンビの新作。
キャラクターデザイン・門之園恵美など、他のスタッフも多く重なっているようだが。
 前作は全話見たけれど、ヒロイン二人が違う体に移り変わるという思い切ったイベントを組んでいた事以外、ぼんやり。
ラストは、ええと、「そして更に彼女達の活躍は続く」といった終わり方だっけ。

 今期第一話で、前作ヒロイン二人が、かつてこんな事件があったという扱いでチラリと姿を見せる。
この事件の真相はいずれ語られ、前ヒロイン達も本格的に再登場するんだろう。
 記憶と体を失ったエクレールとリュミエールが、今作のヒロイン二人になっている…のかと思ったんだけど、性格がちょっと違うし、そういうサービス?は視聴者が喜ばないか。

 一話では、世界観の説明より、シリーズへの期待感を煽るより、まずヒロインの一人・アスクールのキャラ立てを優先。
 それはそれで間違っていないと思うけれど、残念なのはそのキャラクター性が「ドジで天然、しかしイザという時は凄い力を発揮する」というアリガチなもので、目新しさはまだしも、固有の魅力に欠ける。
 ブルマを脱ぐか脱がないかに関する下りは、もっと刈り込めたはず。
間抜け過ぎるテロリスト、無駄に長く飛ぶドラゴン、そのボディーにしがみついて見せるアスクールのアクションが冴えない……
全体に間延びしてしまっている印象。
 シリーズ構成の都合なのか、「アスクールって実は凄い」をまだ余り強調せず、ドジで天然なままに留めてあるため、一エピソードとしてのカタルシスも弱い。

 上手く対比し、ドラゴン上でのアクションに的確な指示を出していく形にでもすれば、相棒少女のキャラも多少立てられたかと。
ヒロインの固有魅力の薄さだって、二人の掛け合いによっては埋められた…可能性もあるのに。

 仕込み櫛をニードル・ガンに使ってみたり、テロリストの鎧だけが合体して巨大ドラゴンになるなど、小道具の設定は変わらず面白い。
 一部不安定だったが、作画は良く、女の子達を可愛く描き出している。
 特にシリーズ後半、良くない…いや「個人的好みに合わない」展開を迎える事が多い後藤・きむら作品。
先行きに不安を感じつつも、視聴継続。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『空中ブランコ』01.「空中ブランコ」 | HOME | 『FAIRY TAIL』01.「妖精の尻尾(ようせいのしっぽ)」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |