オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『空中ブランコ』01.「空中ブランコ」

『空中ブランコ』

 原作未読。
 『化猫』『モノノ怪』で、鮮烈な映像を見せてくれた監督・中村 健治の新作。

 とにかく、映像表現に大きな期待が掛かっている作品だったと思う。
それに応えるべく、今回もキテレツな画面が連続。
 『モノノ怪』などは、「テレビアニメ」という範疇から出ることなく新しい・奇異な事をやって見せてくれたが、今作では、加工した実写映像を多く用い、手描き・実写で交互に同一キャラクターを表現してみせるなど、また違った手法に挑戦している。

 ただ…それが良い効果を上げているかというと、個人的には疑問。
 実写と混合した画面作りなら、『マインドゲーム』等、既に高い技術で実現している作品があり、特に新しいとは思わず。
 「違和感」を表現したいのかも知れないが、実写・アニメのキャラクターには、結構な間隙を感じてしまう。
 何より、『モノノ怪』では、過度に演出された画面を使って「分かりやすい話」を語っていたのに、今回はメインの話自体も少々分かり辛く、面白さを受け取り辛い。
 話が分かり難いと、挟まれるギャグも笑って良いのかどうか躊躇われ、画面を充分に楽しむ所まで行けず…総合的に「余り宜しくない」と判断されてしまう恐れが。

 まだ第一話であり「これから」なのだし、そうは言っても画面表現に惹かれる部分があるため、視聴は継続。
 うーん、面白くなると良いなあ。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『涼宮ハルヒの憂鬱』最終28話.「サムデイ イン ザ レイン」 | HOME | 『キディ・ガーランド』01.「ラッキーアイテム」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |