fc2ブログ

『あにゃまる探偵 キルミンずぅ』03.「ノラネコに恋されて!?」

 三話まで来て、変身システムは誰が(カメになっている祖父?)何のために作り何故放置しておいたのか、系統だった説明はない。
 その代わり、元気な少女達の個性と、目先を変えてのコミカルなアクションで、一話ずつを丁寧に見せている。
 キルミンに関する基本設定が気になって、物語に集中できなくなるような作りではなく、極端に言えば最後まで明かされなかったとしても、「不思議な変身システム」と「それにより巻き起こされ、解決される事件」がしっかり描かれてさえいれば、子供達はさして不満を感じないだろう。

 冒頭に長いナレーションを入れ、ヤヤコシイ設定について「はい、説明終わりましたよ」扱いしようとする作品が多い中、すっきりサッパリして見やすい構成。
 放送は、一年間予定されているのか。
だったらなおの事、この緩やかな語り口は有効。

 「子供向け作品」に特化を考えているなら、OP・EDのタイ語歌詞が、ちょっと不思議。
画面に歌詞も対訳も表示されず、これじゃ子供はもちろん大人でも一緒に歌えないかと。
 子供はどうせマトモに歌詞を憶えず「ウニャウニャウニャー」と勝手な言葉で歌うのだし、明るく愉快な曲調には興味を持ってもらえるだろうから、特に問題ではない?

 キルミン変身が解けたら裸になっている、という設定は必要だったかなあ?
「裸の少女姿に戻り慌てて服を着る」シーンを省略する事で面倒さを回避しているけれど、それなら、変身解除後は服を着用した姿に戻る設定にして良かったような。
 『セーラームーン』も『プリキュア』も、こんな設定ないぞ。
お間抜けで不便なヒーロー(ヒロイン)という意味では『アメリカン・ヒーロー』に近くしているのかな、取扱説明書もないし。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク