fc2ブログ

『新・三銃士』08.「満月の森」

『新・三銃士』

 月~金曜まで毎日放送されているため、もう8話目。
 久々のNHK本格人形劇。
『三国志』とか『プリンプリン物語』『新八犬伝』なんかを楽しみに見ていたのを、思い出す。
 放送の間が空いた事による技術的衰退を心配したけれど、人形の演技・演出・セットの作り込みなど、逆にレベルが上がって感じられる。

 制作予算の潤沢さからか、かなり大きなセットを組んであったりして、驚かされる事が度々。
 現在では、最初から簡素なCGで作った方が安く上げられる…のかも知れないが、セットに差し込む夕日の明るさや、完全には統制できない人形の動きによる味、「確かにそこにある物を撮している」事から生じる空気感など、人形劇ならではの優位性が感じられる画面になっており、イイなあ、と思わせてくれる。
 本来、表情のない人形の顔から、喜び・悲しみ・困惑など、確かな感情が伝わる演出になっているのも素晴らしい。

 物語は、基本的には真面目にやりつつ、三谷 幸喜の脚色に寄るのか「変なギャグ」がチョイチョイ挟まれており、笑う。
第一話で父親が死ぬ所なんて、笑わせちゃイケナイ所だろうに( ^_^ )。
 腕が立ち、油断のない三銃士は格好良い。
 まだまだ未熟なダルタニアンの成長も楽しみ。

 最後まで見続けるつもり。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク