fc2ブログ

『聖剣の刀鍛冶』04.「誓約-Promise-」

 何しろ作画が良いので、多少の疑問や不満は気にならない。
今回の炎表現など素晴らしい上手さであり、ただ感心。
 セシリー始め、女性キャラの可愛さも目に嬉しい。

 セシリーが騎士として目覚め始め、その心正しさ(弱さ?)故にアリアの間に信頼・友情が結ばれていく。
 配下の騎士を、死ぬとほぼ分かっている戦いに追いやり、自分は生き延びる歴戦の勇士・隊長に比べ、化物となり死人を出している相手であっても殺す事に躊躇いを憶えるセシリーだから、アリアは過酷な運命を背負う自分の所有者として認められた、という事か。
 魔剣の恐ろしさ、近くにあるだけで周囲に死者を出しかねない危険さ、それらを知り、自分には全てを守るだけの力がまだない事も自覚しながら、なおアリアの友であろうとするセシリー…を感じさせるには、描写がライト過ぎ。
この辺は、意識して「余り深刻化させない」事を選んでいる作品なのだろうとは思うが。

 アリアが手に入ってしまった以上、「刀鍛冶」としてのルークは、もうセシリーにとって必要ではないような。
それでもやっぱり、ルーク製の剣を欲しがるのだろうか。
 ルークは、その場で剣を打てる便利さと、剣士としての恐るべき戦闘力で、存在意義を見せていく事になる?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク