オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

映画『2012』

 映画『2012』を見る。
 監督、ローランド・エメリッヒといえば、『インデペンデンス・デイ』で爆風がビルの向こうから車をバンバン跳ね飛ばしつつ近づいてくる映像を撮り、『GODZILLA』ではビルの谷間をゴジラが車をバンバン跳ね飛ばしつつ迫る映像、『デイ・アフター・トゥモロー』だと押し寄せる大量の水が車を(以下略)。
 『紀元前1万年』は箸にも棒にもかからない弱った映画だったが、それは「車をバンバン跳ね飛ばして迫る何か」の お約束イメージが入らなかったから、監督が乗り切れなかったのではないだろうか(違う)。
マンモス暴走があったので、本来なら ここがそうなるハズだったのかも知れないけど、大して派手にならず終わってしまったからなあ……

 この『2012』では、予告編から、「車をバンバン跳ね飛ばしつつ迫る巨大地震・地割れ」が見られたため、期待しつつの鑑賞。
 うーん、まあ『デイ・アフター・トゥモロー』よりは面白かったかと思う。
大層なストーリーは無く、テーマパークのアトラクション・ライドに乗って見るのが相応しいような体感破壊映像を連続し、イベントムービーとして楽しく出来ているから。
 映画前半部のハイライトを ほとんど予告編で見せてしまっており、本来 驚き呆れ笑わされるべきカタストロフの凄味が、「テレビで何度か見た」ものとして感動薄くなってしまったのは残念。
CGの迫力は凄いけれど、映像の見せ方自体には工夫が弱く、同じような地震と津波と危機一髪で離陸する飛行機のイメージが繰り返され、後半に行くと感覚が麻痺してしまうため、前半でどれだけ観客の気持ちを掴めるか、が命であったろうに。

 ストーリーの中心は、壊れかけた家族の再生、という非常にアリガチなもの。
 売れない小説家だがヤバげな大富豪の運転手もやっていて超絶のドライビング・テクニックを誇る主人公の設定は、だいぶ無茶。
「未曾有の危機」を現実の物として体感してもらわないと、困る映画じゃなかろうか。
主人公により、アクション映画ヒーロー並みのカー・スタントを見せられて、事態を「リアル」に感じ取れる観客も少ないような。
 家族の再生を、真面目に描く作品じゃないんだけど、それにしても後半での片付け方は酷すぎ。
色々と面倒臭くなるなら、別に「壊れかけた家族」状態から始めなくても良いんじゃなかろうか。

 等々、不満は数多くあるけれど、最初から物語を期待すべきでない事は分かっていたはずであり、望む方が間違いかも。
 花火大会を見に行って、「花火の種類に工夫がない」とか「途中で飽きた」とは言わない、そういうつもりで割り切り、CG技術の進化を楽しむ映画。
 劇場で、大破壊を大画面と大音響で堪能しなければ、ほとんど価値が無かろうな。
スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『あにゃまる探偵 キルミンずぅ』09.「屋根裏の白い恐怖 !?」 | HOME | 『キディ・ガーランド』07.「憧れの2人」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |