オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』

 ヨメの状態が落ち着いていて、まだ少し大丈夫そう……という事で、急ぎ映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』を見てくる。

 良くも悪くも、これまでのウルトラシリーズとは毛色の違う作り。
 良い点は、とにかくテンポが速くダレ場が少ない。
バトルに次ぐバトル、危機また危機を連続させていて、子供でも飽きる間がないだろう。
パワフルでスピーディーなアクションは迫力に満ちており、揶揄する意味での「怪獣プロレス」を越えた格闘戦に進化していて、光線技の見せ方にも「新世代」を感じられる。

 悪い点は…
『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』をベース(の一つ)にしており、大まかな説明はあるが、未見の人間(特に年寄りは、「番外編」っぽいこの作品を見ているだろうか)に ちょっと入り辛くなっているような。
ウルトラ姿が多いため、変身前の人間ドラマと変身後の超人的戦い、という図式が薄くなっており、旧来の「ウルトラマンを見ている」気持ちを弱くする。
バトルをスピーディーにするため、見上げるアングルやスロー映像を用いた巨大感を醸す演出がほとんど無く、等身大ヒーローの戦いに思えてしまう。
 まあ、これらは「悪い」と言い切れる要素でなく、見方によっては「良い」所にさえ なろうが。
ノスタルジー頼りから抜け、新しい何かを見せて一歩踏み出そうという情熱の現れ、とも思えるので。

 ウルトラマンベリアルの凶悪な強さが、素晴らしい。
複数のウルトラ戦士による猛攻を物ともしないパワーは、圧倒的な悪の魅力に溢れており、ベリアルが一番好き!という子供が居ても不思議無い。
 強すぎるため扱いは難しくなりそうだけど、是非またドコかで再登場して欲しいキャラ。

 ウルトラマンゼロも、強さのランクが分かり易く、『北斗の拳』あるいは『ドラゴンボール』的に、満を持して登場するのは格好良いが…
オールドファンとしては、新キャラの超大活躍に、ちとフクザツな気分。
 力を求める乱暴者でありながら、優しい、その性格付けはこれまでのウルトラマンに無かったものだし、ダブルアイスラッガーを飛ばした後でも頭部が物足りなくならないデザインは、非常に格好良いけれど。
 ゼロもまた、パワーが強すぎるため、今後の扱いが難しそう。
もしシリーズにするなら、変身時間が一分間程度しかないとか、メンタル面が酷く弱いとか、あるいは しれっと「初登場御祝儀相場が終わったので、他の兄弟と強さを揃えます」とでもしなければ。

 老練さを伺わせるマンとセブン…ハヤタとダンの活躍が嬉しい。
 初めて?説得力のある画面にされた光の国の美しさ。
 レイとZAPメンバーの、信頼と友情が心地良い。
 キングの声を演じた小泉純一郎は、ワイドショーで見た時よりも声にエフェクトがかけられているようで、危惧されたほど不自然さが無く、まずまず。
 光の国で暮らす多数のウルトラ族、襲い来る無数の怪獣軍団…見たかったけれど現実には なかなか目にする事が出来なかったシーンが、多々。
 詰め込みすぎとは感じるし、もっともっと、を言えば果ては無いが、劇場で見るべき価値のある、新しい、面白い『ウルトラ』映画だと思う。
スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画『仮面ライダー×仮面ライダー W(ダブル)&ディケイド MOVIE大戦2010』 | HOME | 『ささめきこと』10.「ハプニング・イン・サマー」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |