オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

中村駅

 ソフトバンクの白い犬CM、列車乗り換えの風景で中村市(現・四万十市)の駅が出ていて、驚く。
うわー、懐かしい。
 しかも、ここから高知へ行こうとして方向を間違えた、という事は、終点・宿毛(すくも)市へ行っちゃった?
 続編で宿毛の風景も出してくれると良いなあ…田んぼの中に無理して立てた水車とか、細い水路にビックリするぐらい太った鯉が泳いでるとか、それぐらいしか名物(名物か?)はないけど。

 中村駅で乗り換えを間違う、というのは普通ありえない話。
他県から中村まで来る場合、岡山から瀬戸大橋を渡り四国へ入る列車に乗り換えるか、高知龍馬空港に着いて高知駅へ移動し列車に乗る、大抵はどちらかだろう。
 空港経由の場合、CMでの目標だと思われる桂浜・龍馬像は空港から ちょっと行った所にあり、わざわざ高知駅から列車に乗り込むのは無理が。
 岡山乗り換えも、途中でイヤでも高知駅を通ってしまうため、「熟睡していて乗り過ごしました」といった設定がなければ、不自然。

 愛媛県の松山空港を利用し、窪川で乗り換えて高知を目指すなら、方向を間違えてくろしお鉄道に乗り、中村へ行ってしまう可能性もあるかなあ……何のためにそんなヤヤコシイ旅程を組んだのかは分からないけど(空港近くの道後温泉に寄りたかった?)。
 あと、細かく言うと、CM最後の方で車窓外に出てくる赤い鉄橋は四万十川に架かる橋だと思うが、それの見える方向から考えると、「宿毛から中村に向かっている…方向としては高知へ向かっている」事になり、「逆ですよ」ではないような。

 いや、そんなウダウダ言うような話じゃなく、懐かしい風景やら方言(幡多弁)が聞けただけで、嬉しい。
スポンサーサイト

日記・雑談 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『とある科学の超電磁砲<レールガン>』12.「AIMバースト」 | HOME | 『キディ・ガーランド』10.「生きていた、2人」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |