オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

映画『ヘルボーイ』『ヘルボーイ ゴールデン・アーミー』

 衛星で放送された映画『ヘルボーイ』『ヘルボーイ ゴールデン・アーミー』を連続で見る。
 両作とも、『ミミック』『ブレイド2』等で独特の映像を見せてくれたギレルモ・デル・トロ監督。

 一作目は、以前にも見たことがあるんだけど、その時に感想を書いたんだったかどうだったか。
 映像もキャラクターも面白いとは思いつつ、半魚人・エイブなんて凄く印象的なデザインなのに、突然出て来て余り活躍せず、不満だった覚えが。
 屋上で、ヘルボーイと子供がポチポチ喋るところは、映画としてはまるで無駄な場面なんだけど好き。
 今、見返すと、この世界の中心となるヘルボーイのキャラクターを立て、彼にまつわる世界設定を理解してもらうのが目的だったのかと思え、そう考えると悪くない内容。

 作品としては、設定の紹介が終わり、登場キャラクターをより彫り込む形で展開する『ゴールデン・アーミー』の方が面白い。
独特の世界観を、更に容赦なく見せつけていて。
 一応はヒーロー・アクション物の体裁だけど…
ヘルボーイの命を奪わんとして体に刺さったままの剣の切っ先が、最終バトルのカギになるのかと思えば、突然にも突然に解決されてしまったり。
自分より遙かに強い敵に対し、どう戦いを展開するのか期待すれば、特に理由無く二回戦ではヘルボーイが強くなっていたり。
最重要アイテムを、よく分からない感情の動きによりエイブがアッサリ渡してしまったり。
 酷いのは、一作目で語り部となっていた新人捜査官を、「南極へ飛ばされた」の一言で片付けてしまうところ。
俳優さんの都合か…まあ確かに要らないキャラではあるが。

 しかし、今回は、頑張ってドラマを見せるエイブが楽しかった。
ヘルボーイと二人、ベロベロに酔っぱらって恋の歌をデュエットするシーンは、無駄っぽいんだけど好き。
 上半身を起こして入り口になる岩巨人とか、下半身を無くした光物好きのゴブリン、無敵のゴールデン・アーミー軍団に、エラく強いエクトプラズム上司といった新規キャラクターが魅力的。
可憐なエルフ王女も、エイブが好きになって不思議無い美しさ。

 「正義」「悪」といった二元論では割り切れない、複雑な世界の有り様を描いており、一種族を絶滅させて救った人間から罵倒の言葉を投げつけられるなど、最後にヘルボーイらが取る選択もヤムナシかなあ、と思わせられる。
ここに繋げるには、ただの人間であった一作目の新人捜査官はチームに居ない方が、スッキリするだろう。
 『3』まで作られる?
今度は、ヘルボーイがダークサイド(ラストで明かされるリズの事情も、アナキンと被る)に堕ちるのかどうか、辺りがメインテーマになるのかな。
スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<遅れ | HOME | 予定日>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |