オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『そらのおとしもの』12.「逃るること叶わぬクサリ」

 イカロスもそうだけど、ニンフの心に空けた穴(傷)の作り方が、上手い。
この穴の形と大きさと深さと成立理由が、納得・同情できて、好意に値するものであるほど、「萌え」度合いが高くなる。
 この作品の主人公は、やっぱり困った男の子だし、普通に女の子達から好かれる要素には欠けていると思うが、穴を埋めるに不足のない存在ではあろう。
馬鹿でスケベなところも、それが故に彼女達の「異質さ」を気にしなくなっているとしたなら、美点にもなるのかな。

 今回はニンフがやたらに可愛く、ツンデレが崩れる(だいぶ前から崩れていたけど)魅力全開。
 以前、学校で飼育していた鳥を放してしまったのは、それっきりのネタだと思っていたため、再登場と、「自分を自由にしてくれた相手へ寄り添う気持ち」の象徴とする巧さに、感心。
 ニンフが、マスターの所に爆弾を持って戻る、という考え方をするのに驚く。
彼女がマスターへの怒り・憎しみ、といった感情を顕わにしたことは無かった…ように思うけど、感情を持つエンジェロイドが あれだけ酷い目にあって平静でいられるはずもなく、実に納得。
 それでも、「殺す」というより、「私と一緒に死んで」ぐらいの考え方をしているのが、悲しい。

 どういう終わり方を迎えるのか…原作連載は続いているのだろうから、取りあえず一段落ぐらいか…次回を楽しみに待ちたい。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<単行本「ママの子宮(なか)にいらっしゃい」 | HOME | 遅れ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |