fc2ブログ

映画『リーピング』

 地上波で放送された映画『リーピング』を見る。
 『エルム街の悪夢5(見たと思うけど憶えてない)』『プレデター2(好き)』『ロスト・イン・スペース(駄作だけど好き)』のスティーブン・ホプキンス監督。

 予告で見た「少女の回りを大量の虫が飛んでいる映像」が鮮烈で、てっきり蟲使い少女ホラーかと思っていた。
聖書の出エジプト記に描かれた十の災いを元ネタとして、超常現象に翻弄される街と、その調査に赴いた女性を描く内容なのね。
 ヒロインが心に負った傷を、単なる小道具扱いせずストーリーの中核に据えて、謎の少女へのアプローチに生かしていくのが上手い。
 血の色に染まる川、空から降るカエル、一瞬で腐ってしまう食物…映像の撮り方はドコを切り取っても鮮やかで印象的。
 予告で見られた虫のシーンも、まず家屋内のカメラにより、窓に次々張り付き真っ黒に染めていく何かの影、という所から見せて不安と期待を煽る演出が巧妙。
 CGが露骨なラストの超常現象には感心しない部分もあるけど、まあこれぐらい派手な方がサービスとしては有効なんだろう。

 危機感や恐怖を醸し出す演出は控え目で、怖くない。
グロ描写が抑えられており、本来「気持ち悪い」はずのシーンもサラリと見られるのは、美点に数えるべきか。
 ちょっとイヤな後味を残すエンディングがホラー映画っぽい。
 続編があるとしたら、『オーメン』みたいになるのかな…いや、『キャリー』?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

31日の記事がまだなのでこちらに書かせていただきますが、お嬢様のご誕生まことにおめでとうございます。
お仕事と家庭の両立の大変さは自分には推し量るしかありませんが、同業者として、しっかり家庭を築いてらっしゃるお姿に尊敬するばかりです。
寒さも厳しくなってまいりましたが、先生もお体をいっそうご自愛ください。
乱筆にて失礼いたしました。

同業者さん

 お祝いのお言葉、ありがとうございます。
 同業者…どなたでしょう?いえ、それはまあナイショで。

 しっかり家庭を築けている…と言って頂けるモノかどうか疑問ですし、子育てとなると全く未知数で不安に震えてはおりますが、どうにかやっております。
 同業者さんも、ぼくぐらいの事なら簡単に出来ますよ。
コメントから感じられる人柄と知性で分かります。
 不況の折でもあり大変ですけれど、お互い、頑張って行きましょう。
プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク