オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『仮面ライダーW』18.「さらばNよ / 友は風と共に」

 敵組織(家族)の一員でありながら、完全に染まりきらない異物としてあり、愛する街のためなら(大人への被害は何とも思ってないみたいだけど)反抗することも辞さない霧彦が、キャラとして面白い。
 床屋で翔太郎と並んで、間の抜けた会話を繰り広げるシーンは、単にギャグかと思っていたが、マスコットキャラクターを介した絡みなど割合しっかり意味を持たせてあり、感心。
 このまま、敵にも味方にもなりうる微妙な立ち位置をキープさせ続け、彫り込んでいけば楽しくなりそうだったのに……

 ああ、もう退場なのか。
生死不明なら再登場もあったろうが、こうハッキリ「死」を描いてしまっては厳しい。
 ただ、珍しくガイアメモリが破壊されず、回収されたことから、その内部に使用者である霧彦の強烈な意識が書き込まれてあった、として、新たな体を得ての復活、という展開は無くもない…?
スポンサーサイト

特撮 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<無敵の新生児 | HOME | 『聖痕のクェイサー』02.「仮面の友情」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |