オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

映画『崖の上のポニョ』再見

 地上波で放送された映画『崖の上のポニョ』を、劇場鑑賞以来で見直す。
 作画はやっぱり凄いなあ。
 あと、イメージの奔流と、それを画面にする動きの素晴らしさがあって、とにかく…理屈は通じないのに飽きさせないよう作っているのが凄い。

 この映画で、公開当時よく言われたことは、「分からない」だったと思う。
実際、自分も劇場で見終わってそう感じた。
 でも、こうして見れば…
要するに「ハッピーエンドで終わる『人魚姫』」であり、「子供らしくワガママでパワフルな(童話とは真反対の)人魚姫と、宗介の、幼いにも幼すぎる恋」を描いた物語。

 分からないのは、細かい部分の合理的説明とか、各シーンの演出意図。
大きく言えば、「なんでこの映画を作ったの?何を伝えたいの?」が分からない。
 それらは、映画を見る上では結構高度な疑問であり、そこいらの映画であれば「別に分からなくても良い」所ではないかと。

 子供に向けて作るという前提の、童話のような内容だから、もっとスッキリさせてくれれば良いのに、子供を対象にしていない…難しく解釈する事を強いるような場面があって、それが単純に面白がることを困難にしてしまう。
子供ばかりでなく大人にも大ヒット「しなければならない」ジブリブランドの使命故か、要らないものを削り落とすことが出来なくなった宮崎監督の年齢か。
 『未来少年コナン』から『トトロ』ぐらいの監督であれば、「船の墓場で危機に陥った父親を、ポニョの力を借りて助けに向かう宗介」とかそういった分かり易いクライマックスを設けたんじゃなかろうか。
スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ハートキャッチプリキュア!』01.「私、変わります!変わって見せます!!」 | HOME | 『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』05.「山踏ミ・世界ノ果テ」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |