オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『キディ・ガーランド』19.「パートナー」

 ク・フィーユが、攫われた上に洗脳(記憶捏造)され、アスクールらと敵対。
シリアスで重い展開になりそうだけど…割合、軽い。
 アスクールに関する記憶はまだ ぼんやり残っており、二人の間で繰り広げられるバトルもユーモラスな色合いが強く、悲劇性はさほどでもない。
 なので、シリーズを引っ張っていく仕掛けとしては ちょっと弱いんだけど、シンドイ話を見るストレスに耐えられなくなってしまった年寄りとしては、気楽でありがたくもある。
 作品全体として お遊びを多めに入れてあるし、何があろうと大して悩まない(悩まなすぎる部分も…)アスクールをヒロインに据えていることで、過度にイヤ要素を増やさず、楽に見られるアニメとしたい意図があるのだろう。

 その代わり…かどうか、シリアス部分が弱くなっていて、簡単に解体?されてしまうGTOとか、エラく強大な権力を振るうようになっているGソサエティ、腐敗著しくGソサエティ側能力者達を追い込む非道さばかり目立つ連合(これはガクトエルの計略?)など、特に大きな組織の動きに説明や説得力が足りず、分からなくはないが「なるほど」とは思い辛い。
 ク・フィーユが陣営移動したのに伴い、内面が描かれるようになったGソサエティ側能力者のキャラクターには面白味が感じられ、設定やドラマよりキャラの魅力を優先に考えていると思われるこの作品としては、「乗ってきた」と言って良い状態だろうけども。

 アスクールの元気・前向き・無垢な所が、終局で大きく意味を持ってくる構成…だと思う。
 ただ現状、彼女は葛藤が弱い分キャラとして薄く、上手く周囲から彼女の価値を盛り立ててあげる内容にも成り得ていない(アスクールをク・フィーユの立場に居させるべきじゃなかったかなあ…)ため、ここから厚みを加えていく努力が必要かと。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<娘の顔 | HOME | 増刷>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |