fc2ブログ

『とある科学の超電磁砲<レールガン>』最終24話.「Dear My Friends」

 最終エピソードの悪役だった、憎々しさが上がりすぎ逆に愉快なキャラになってしまっているテレスティーナが、好きだなあ。
自分の計画を得意げにペラペラ喋り、いつまでも主人公側を甘く見て、とどめを刺せる時に刺さず、結局ボロカスにやられる……悪役の典型と言える造形が、楽しい。

 この作品は、「超能力」を前提に全て構築されている。
 超能力を持つ生徒を集め、作り上げた学園では、当然ながら能力の高低がそこでの地位を決めてしまい(学園側としては別に高レベル能力者だからと優遇していないようだが)、持たざる者は持つ者を羨み・憎み、力を手に入れるためなら何でもしてしまう。
ここいらの設定固めがしっかり出来ており、そこから、持たない者代表である佐天の苦悩が分かり易く描かれることで、起きてくる「所詮は絵空事」の事件に説得力が発生。
 この能力ピラミッドで頂点に立つ1人である美琴だけれど、それに驕ることなく、しかし「普通の人になりたい」といった苦悩を抱くこともなく、バイクを持っているから乗っている、幼い頃から習っていたので空手で戦えば強い、というぐらいの能力認識。
 彼女や黒子達の強さは、怯まず諦めず突き進む「心の強さ」であって、超能力はそれに付随するもの。
最後の戦いでカギを握ったのは、特別な力を持たないからこそ自由な行動が出来た佐天だったし。

 キャラクターが皆元気で、魅力があり、楽しかった。
 ヒロイン・美琴は割合スタンダードに(当麻と相対する時以外)描かれているが、彼女に異様な執着を見せる黒子の行動・言動は、いつまでも見ていたくなるぐらい楽しく、互いに足りないところを補いつつ成長していく初春・佐天は可愛く嬉しく元気の出る二人組。
 固法の個人エピソードは、胸に染みるものがあり、「委員長」っぽい彼女の意外な一面を見せてくれ、魅力を強化してあって好き。
 すぐ脱いでしまう、目的のためには手段を選ばず常識も気にしない(その割には基本的に人が好い)木山も印象深い。
シリーズの大部分は、「彼女の抱える苦しみが解消されていく過程」を描いている、と言える。
 高飛車お馬鹿系キャラ・婚后 光子も非常に好みなんだけど、登場シーン自体は少なく、食い足りない。

 『魔術…』のアニメ版は途中で視聴脱落してしまったため、両方見ていれば更に魅力を増したキャラや状況があったかも知れない、と思え、いずれきちんと見直したい気分に。
 高いレベルをキープし続けた演出・作画が素晴らしい。
無茶な超能力にリアリティーが生じているのは、この頑張りがあったから。
 原作はまだ継続中?既刊分でもアニメに使われていない部分があるのかな?
せっかく馴染んだキャラクター達なのだし、第二期もあると嬉しい。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク