fc2ブログ

『キディ・ガーランド』最終24話.「いつまでも一緒!」

 終わりよければ全て良し…なんだけど、余りにもドタバタした急転直下の終わり方。
 物語自体はさして詰まっていた訳じゃないが、キャラの片付け方に不満。

 Gソサエティ・シャドウワーカーの扱い方がヒドい。
 トーチとシェイドは、まだしも僅かにドラマがあり、最後に力を残していったことで意味もある…のかな?
 良い側に転向してきたのはともかく、必要に迫られた訳でなく死に至る残留を選び、それを特に気にされもしないリュビスは可哀想。
 悪役(ガクトエルへの狂信的愛)を通し改心しないのは良いが、凍結されたまま何となく片付けられてしまうサフィルの不遇ぶりに、ちょっと笑ってしまった。
 サフィル以外、エンディングで生存を示されたんだけど、理由付けなど無く、「とにかく殺して(そのように見せて)盛り上げよう」「生還させて視聴後感を良くしよう」という都合ばかり。
それならそれで、せめてもう少し上手くやってくれれば文句言わないのに…

 彼ら彼女らに割く時間を犠牲にしても、アスクール・ガクトエルの結末を優先したかったのか…とは思うが。
 それがまた疑問で、両者の心情を上手く(このクライマックス向けて周到に)描いてこなかったため、ガクトエルの告白は説得力に欠け、アスクールのリアクションにも、その後 危機的状況を救う奇跡的な展開にも、乗れない。

 エクレールらが通常任務に復帰。
これも積み重ねやフォローが弱く、長期に渡り苦難に耐えてきたよう思えず、軽い。
「軽さ」は、この作品のテーマと言えるテイスト、なのかも知れないが。
 そういえば、ク・フィーユの記憶が失われていく現象はどうなったんだっけ?
一度リセットしたようなもので、治ったのかな。

 お笑い馬鹿アニメか、シリアスなドラマ、どちらかを徹底して描いた方が価値はあったと思う。
 シリーズを通し、何を描きたいのか、どこを一番面白い部分として見て欲しいのか、絞り込みが甘く、良くなりそうな要素は多かったにもかかわらず、印象の弱い作品になってしまったのが残念。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク