オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

映画『ヤッターマン』

 地上波で放送された映画『ヤッターマン』を見る。
 三池 崇史監督、嵐の櫻井 翔主演による、実写版。

 「実写で作ってみた『ヤッターマン』」という、それ以上でもそれ以下でもない映画。
 無意味だったりダルいシーンが多いとか、ゲストの親子は削った方がスッキリしそうとか、まるで盛り上がらないとか、問題は多いけど、そこいらは元になっているアニメシリーズ自体がそんな作りだからなあ。
 説明は不足しており、展開も相当に唐突で、一本の独立した作品としては語り辛いが、「お馴染み『ヤッターマン』を実写で見たい・見せたい」観客と制作者側の思惑が一致して出来た映画だろうから、まあ。

 懐かしいアニメの主題歌などが流れるシーンでは、テンション上がってしまう。
盛り上がるヤッターキング出撃の場面に、その内部で回転しながら苦しむヤッターマン達、という、面白くもないギャグ?を入れてみた意味はよく分からないが。
 深田恭子によるドロンジョに違和感がなかったのは、意外。
声質も、所々オリジナル声優さんによる吹き替えかと思うぐらい似ていたり。
 CGは頑張った出来。

 他のヤッターマンメカも出して欲しかった、ゾロメカにはもっと役に立って欲しかった…でないとメカ戦そのものが盛り上がらないし、等々不満は多いけれど、テレビで見るには丁度良いぐらいの緩さと懐かしさがある映画。
スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<100%赤ちゃんを泣きやませる方法 | HOME | 映画『REC/レック2』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |