fc2ブログ

『HEROMAN』09.「アライブ」

 ジョーイの高速移動能力は、突然目覚めたように捉えていたけれども、思い出してみると落下するリナを助けたり、チョイチョイと伏線を引いてあったのか。
その度、「ジョーイ、お前のその力は何だ?」とか「僕は一体どうしてしまったんだろう」といった分かり易い問題提起を「しない」作風のため、印象に残り辛いが。
 もっとも、ヒーローマンなんて超常の存在を認め、悪い夢としか思えない宇宙人の侵略に晒されている現状では、ジョーイの体能力が急上昇したことぐらい、殊更 問題視するほどでもないかな。

 ジョーイが攻撃され、憤怒モードを発動させてしまうヒーローマン。
リミッター(理性・良心?)であるジョーイが意識を失うことで、本来の凶暴さを全開にした…とも考えたけど、そんなヒネた話じゃないだろう、手塚治虫『魔神ガロン』じゃなし。
 怒っても、取りあえず敵味方関係なく攻撃を加える、という訳ではないようで、確実に戦闘力が増していることからも、強敵と戦う時には発動を検討して良いモードかと。
今後、ハッキリとデメリットが示されるなら別だが……恐ろしい形相で暴れ回る様子はとても「ヒーロー」マンとは言えない、ってのは十分問題か。

 ジョーイ・ヒーローマンが逆転を遂げる戦法は、シールド内に体を固定して絶対無敵状態になったジョーイを、武器としてヒーローマンが振り回したり投げるのかと思ったけれど、さすがにそんな乱暴ではなく、割合妥当な戦いぶり。
 スクラッグ、意外なほどアッサリ諦めて自爆を図る。
対エイリアンの戦いは、これで一段落か。
謎の手がスクラッグの痕跡を拾い上げていたし、動きを止めた大怪球もまだ地上に鎮座しており、彼らが第一派攻撃隊だとしたなら、再侵攻も有り得るだろうが。
 予告では、人間が「敵」になりそうな兆候が見え、逆恨みドクターミナミも何をするか分からない事から、この後のシリーズはジョーイらが主としてどういう勢力と戦っていくのか、まだ分からないなあ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク