fc2ブログ

『天元突破グレンラガン』最終27話.「天の光はすべて星」

 元々「熱血と根性が全てを決める」バトル模様だったが、精神力だけがモノを言う世界を戦場としたことで、もう やりたい放題。
 銀河(?)を手裏剣にして投げつけるアンチスパイラルには、笑ってしまう。
惑星を武器に使った『トップをねらえ!』より、スケールがデカいぞ。

 バトル模様は、何でもアリ過ぎで、どんな無茶な事でも言ったモノ勝ち、デカいハッタリをかました方の…というかほとんど「声が大きい方の勝ち」といった様相。
 分解された自分自身をビッグバン・エネルギーと同化させて超銀河(この時点では「天元突破」だった、と掲示板でご指摘を頂きました)グレンラガンに吸収させ、超絶パワーの源になるロージェノムなんて、「策士」などという次元を越えて、「いやいや、思い付いたからって何でも出来る訳じゃないだろう」と。

 デタラメとしか言い様がない戦いだったが、それを、血管がブチ切れそうな程 上げた高い演出テンションで見せきってしまう、この闇雲な突進力には感心しつつ、巻き込まれて、理屈を越えた次元で感動させられてしまう。
こんなにも血圧を上げさせてくれたロボットアニメは、そうは無い。

 主人公らは勿論だけど、アンチスパイラルも相当に熱血だったような。
 「好きの反対は、嫌いじゃなくて『無関心』」というように、螺旋の力に対抗するには、それより凄い力をぶつけるんじゃなく、「無気力、無関心、諦念」で満ちたベタ凪の海に他者全てを引きずり込む事では。
 螺旋族を否定するため、あらゆる努力を惜しまず、進化を続け、決して挫けない強い力で相手を打ち倒そうとする…って、ベクトルがちょっと違うだけで、彼らも結局 螺旋の民であり続けているような。

 怒濤の勝利に引き続き、間を置かずに目出度い結婚式、その最中に訪れるニアとの別れ。
目が回る忙しさの中、少々の寂しさを残しつつも物語はキレイに終わったかな…と思えば。
 ううう~~ん、後日談で、なんであんなゴツイ顔になっちゃったかなあロシウ。
シモンはまだしも、荒野をさすらったりして環境に鍛えられ、厳しい年輪が刻まれた、とか考えられるけど、ロシウまで青年時の痕跡すら留めないような顔にならなくても。
 これか!これが本当の螺旋の呪いか!
螺旋の力を用いる者は、いずれゴッツいオッサン顔になってしまう。
アンチスパイラルは、それをこそ恐れ、自ら進化と加齢を止める事で ようやく「オッサン顔の呪い」を免れていたのだ。
 …などと考えてしまうぐらい、別人の顔。

 やりたい放題やって、見事 壁を突き抜け、期待していたよりもずっと遠くまで行って見せてくれた、気持ちが良い、面白い、血を沸き立たせてくれるロボットアニメだった。
 同じように「熱い馬鹿話のド迫力」方向で、これより優れた作品を作る事は、泣きたくなるぐらい難しいだろうな。
 スタッフの皆様、良い作品を、ありがとうございました。
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 天元突破グレンラガン 第27話 「天の光はすべて星」

天元突破グレンラガン 4捕らわれのニア。だが、男は現われた、そう約束通り・・・。そして始まる!まだ見ぬ明日のための最後の戦いが!!

レビュー・評価:天元突破グレンラガン/第27話「天の光は全て星」

品質評価 0 / 萌え評価 0 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 0 / シリアス評価 0 / お色気評価 0 / 総合評価 0レビュー数 1 件 これは自分の運命を知らなかった一人の男の人生の物語。今、男は自分の運命を知り、愛する女と、友と、まだ見ぬ明日のための最期の戦いが今、始まる!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク