オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

指導

 今朝方、疲れ切ったので仮眠を取ろうと娘の横に倒れる。
 目を閉じていると、娘がもそもそと動く気配。
枕元に置いてある、プラスチックでできた、ごく小さなタンバリンにビーズを詰めたようなオモチャを手にとって振っている気配。
振るのに勢いが付いてきて、風を切るような音が耳に届く。
 …危険は感じるんだけど、何しろ疲れているもので、まさかまさかウチの優しいお嬢玉が親に対してそこまでヒドい事はしないだろうと考えてて目を閉じたままいると……

 顔面殴打。
手にガッチリ握り込んだオモチャを あたかもメリケンサックのように使い、更に二度三度と殴打!殴打!
 疲れてるとか言ってる場合じゃなく、飛び起きる。

 さすがにこんな事されたら、相手がドコの誰であろうとブチ切れて怒り散らしたろうと思うが、ポカーンとした後、何の悪意もない笑顔を見せてくる娘にだけは怒れない。
怒ったって、意味が分からずギャン泣きで返してくるだけだし。
 「お陰で目が覚めました、ありがとうございました」と言いつつ、仕事に戻るのみ。
 抵抗も出来ない、か弱い親への暴行は、ホントに控えてくれないだろうか。
まあ、精神注入棒で指導を受けたと思えば……思えないけど。
スポンサーサイト

日記・雑談 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『けいおん!!』10.「先生!」 | HOME | 『HEROMAN』10.「アプローチ」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |