オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『Angel Beats!』最終13話.「Graduation」

 最終回だったので、遅れて感想。
 結構な人数を揃えており、それぞれにある程度はキャラクターを付けてあった戦線の仲間達を、「邪魔」とばかり一掃してしまう思い切りが凄い、というか酷い。
 まあ、全員の現世での思い残しを一々聞いて、何だか満足させて消す、という、これまで何度も繰り返してきたパターンをメンバー全員分、次から次へ見せられても困ると言えば困るんだけど、こんな片付け方するなら、戦線総数を最初からもっと減して構わなかったんじゃなかろうか。

 卒業式で終わらせるのは手堅い作り。
戦線メンバー、せめてこのシーンまでは残してやって良かったような。
 スッキリ消えて終わり…にすれば良いようなモノなのに、「要するに主人公が好きな女と二人きりになりたくて、他の奴等は邪魔だから消えてもらった?」と感じさせる展開にする意味がよく分からない。
 唐突に音無との繋がりを語り出す かなでに面食らう。
「感動」に結びつけたい意図なのか…無理とか矛盾を感じさせるばかりでとても不可能だと思うんだけど。
 一人になった世界で、後から来る者達を導く役割を孤独に果たし続ける音無、という終わり方かと思えば、やっぱり「かなでと二人になりたい」だけだったようで、サッサと転生し(心臓移植話からして、死・生までに時間のズレが生じている可能性もあり、実は相当経過しているのかも知れないが)かなでを追いかけ回す勝手さに、笑ってしまう。

 この作品は、第一話で見て思った通り、誰かが見た夢の話をずっと聞かされるような内容であり、「視聴者が理解できたかできなかったか、面白いと思ったか思わなかったか」について、制作者は少なくとも第一義に考えていないと感じられる。
 見終わっても不明な部分が多々あるけど、制作者自身も明確な設定を持って作品に臨んだかどうか分からず。
 テーマ…「やってみたい事」や「映像にしてみたい気分」は持っており、それが、しっかりした設定やストーリーの制約に縛られない分、逆に面白く表現できている部分もあった。
理屈を抜いたため、見る側の感性とシンクロする箇所を持つが故の楽しさ、というか。

 死後の世界とか、そこでは死んでも死なないとか、天使とか神とかNPCとか、不可思議な設定を持ち込みながら、自分には「(馬鹿な)学生時代」の雰囲気・気分は非常にリアルに表せていると思え、そこは面白かった。
 端からは意味が分からない理屈で自分達の愚考に筋を通した気になっていたり、仲間以外の生徒や教師を「所詮NPC」と見下す傲慢さに溢れていたり、誰かを不倶戴天の敵に感じていたが話してみたら自分達とちっとも変わらない仲良くさえ出来る相手だったり、永遠だと思っていた友人との時間がある瞬間に断ち切られることに呆然としたり、学校を世界だと感じ何かと戦っているつもりで負けを認めない限り負ける事など無いと裏付けのない自信に溢れていた「時代」「時間」の気分を、とても懐かしく思い出せた。
 「神」に甘やかしてもらっているこのモラトリアムを抜けたら、世界はそんなに優しくないよ、とも思いつつ。

 だから、特に「これで何となく感動的に終わった気にならない?」と問われているような、アリモノ素材を寄せ集めた形の最終回に、ガッカリ。
 もっとやりたい放題やって、やりっ放しで終わってくれた方が、これよりは楽しかったかなあ。
 意外と ありふれたつまらない形に落ち着くのが「卒業」、と言われればそうかも知れないけど。

 「良く出来たアニメ」とは言えず、絶賛は出来ないが、嫌いになれない作品。
 自己犠牲の悪ふざけを繰り返しながら目的地へ突き進む、天使を陥れるため戦線の仲間をイスごと天井に打ち上げる、「思い残す事が無くなったら消える」設定をギャグにする、なんて所が特に好きだった。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『迷い猫オーバーラン!』最終13話.「迷い猫、まとまった」 | HOME | 赤い湿疹>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |