オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『ストライクウィッチーズ2』01.「再び空へ」

 パンツ美少女空戦アニメ、第二期の開幕。
 一期から少々の間が空いたため、ちょっと冷静になった目で見てみると、ホントに「美少女達が日常生活から無闇にパンツを晒し、生足に空戦ユニットを履きこんで自由に飛び回り、生きた戦闘機として敵と交戦する」という内容で、無茶苦茶というか何じゃこりゃーというか。
 MS少女とか『びんちょうタン』といった、無機物にまで、主に「少女」という生命と肉体を付与する考え方、それを良しと受け入れる読者・視聴者の許容量が可能としたものか。
擬人化と言うより、擬機化、だけど。
 動物女性化、ぐらいまでならともかく、ここまで飛んだ発想…ビジュアル?は海外に無かろうなあ。
 八百万の神やら付喪神という考え方がベースにある民族ならでは、だろうか。
いや、日本でだって、ごくフツーの人にこのアニメを見せたら、ポカーンとしてしまうとは思うが。

 一期で物語には終わりの兆候が見え始めていたが、人類との橋渡しになりそうな人型ネウロイが自軍勢からの?攻撃を受けて消滅する、という、希望を打ち消すショッキングなシーンから幕は上がる。
 芳佳の卒業式で日常をチラッと見せ、謎の手紙を切っ掛けに、友人達の危機を知りつつ、しかし坂本により再度軍事に関係することを厳しく禁じられる芳佳、として「戦う・飛び立つ」事への希求を物語に発生させ、少女が戦闘機になって参戦する無茶さ加減を「開放」とさえ感じさせ、抵抗を薄くする作り方が上手い。
自分達が作っているモノをよく分かっていて、よく考えてある。
 国外での戦況は不明確にしておく方が次回への期待は高まると思うけど、割合呑気そうなルッキーニ達の姿を見せてしまう緩さが、この作品らしいかな。

 一期が好きだった人には少なくとも同程度に楽しめそうな、「何コレ?気持ち悪い。こういうの見て喜んでるからオタクは…」とか思っていた人は今期も見る必要がない内容。
 大変だろうと思うけど…前期は作画面でも感動させてくれたため、そういう部分にも期待。
 最後まで視聴したい。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『屍鬼』01.「第遺血話」 | HOME | 『オオカミさんと七人の仲間たち』01.「おおかみさんと御伽銀行の仲間たち」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |