オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『ストライクウィッチーズ2』06.「空より高く」

 組み体操ばりにウィッチ達を組んで作り上げた多段式ロケット、この笑ってしまうような馬鹿馬鹿しいビジュアルを、大真面目に、必然性と説得力を持たせ、「おお!」と声が出るぐらい盛り上げて見せてくれる、これこそ『ストライクウィッチーズ』、と思わされるエピソード。

 超高々度にコアを持つネウロイに対し、頭と能力の限りを尽くして対抗するウィッチーズ。
ちょっと『エヴァンゲリオン』を思わせる、アイディアの掛かったストーリー。
 エイラとサーニャの関係にスポットを当てた内容でもある。
 未来予知、というエイラが持つ能力の大きな利点と、敵からの攻撃を防ぐ必要がないまま過ごしてきたため、誰かを「守る」のが不得手になってしまった欠点が示される。
これを、単独で哨戒任務に就くことが多いため強力な攻撃力を備えるサーニャの特性と組み合わせ、一本の物語に仕上げる構成力に感心。
 クライマックスで、エイラが不慣れなシールドを維持する必死さや、意外なところで役に立つ未来予知能力が見られれば完璧だったが、その辺はもう望み過ぎか。

 地味に、ジンジャーティーを飲んだウィッチーズがそれぞれ異なるリアクションを取るシーンは良かった。
当たり前のようだけど、これが基本、これが出来ないで多人数のキャラを描き分けられるハズなど無く…出来てないアニメは多い。
 能力の限界をブッちぎってサーニャを追うエイラと、その気持ちを引き上げる芳佳。
無茶苦茶ながら「こうでなければ!」であり、力任せに感動的。
 エイラの故郷を思わせる葉を土産に持ち帰るサーニャが、ラストシーンの伏線(感情の繋がり)になっている巧さ。
攻撃を受けて破損し不要になった最下部を機械的に切り離すネウロイと、全員協力して遙か上空を目指すウィッチーズが好対照。
 最後、つい「君はどこに落ちたい?」と言わせたくなったんじゃないかと思うけど(流れからして無理がないし、自分なら、そう)、そんな愚を犯さなかった自制心も素晴らしい。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<『999』特番 | HOME | 「ファイアボール」>>

この記事のコメント

フリーガー発射の反動で落ちそうになるサーニャを助けられたのが、予知によるものなのでは。
深読みすると、エイラが離脱しようとするときにそれを予知できたんで芳佳と代わったとか。
2010-08-14 Sat 16:53 | URL | UI #cRy4jAvc[ 編集]
すみません、見直したらフリーガー発射じゃなくネウロイの爆発ですね。
2010-08-14 Sat 21:01 | URL | UI #-[ 編集]
 ああ、なるほど、そういう捉え方も。
 エイラの予知能力は、どこまで先が見えるんでしょう?
数秒・数分が限界かと勝手に思っていましたが…いや、愛が絡めば奇跡も起こせるのかな。
2010-08-23 Mon 05:52 | URL | 飛龍 乱 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |